PPC広告初心者がまず行うべき3つの施策

PPC広告初心者がまず行うべき3つの施策とは何か?基本的な事ですが大事な事なので初心者の方は是非ご覧ください

こんにちは。
本日はPPC広告初心者の方に目を向けて
PPC広告の初心者の方がまず行うべき施策について
お話します。
PPC広告の運営を初めて、まずなにから手をつければいいのか?
キーワードの選定?
管理画面の設定?
アクセス解析の導入?
ライバル企業の調査?
ランディングページの改善?
まぁやる事はたくさんあるわけです。
これらすべてを一度にやるには、一般の担当者の方には
かなり重荷ですよね。また始めたばかりの費用対効果が見えてない時などは
特に時間がかけられないので、中途半端な設定になりやすいものです。
そんな事から以下にPPC広告初心者がPPC広告で成果を出す為に
優先的に行ってほしい施策を3つまとめました。


① LTV(ライフタイムバリュー)の算出
⇒これは1人の顧客が生涯でどれだけの利益をもたらしてくれるか?
を算出する事を指します。実はこの考え方がPPC広告では非常に重要で、
1件成約を獲得するのにかけられる費用でかなり成功確率が変わってきます。
500円の広告費で1件成約を獲得するのと、
1500円の広告費で1件成約を獲得するのであれば、後者の方が
圧倒的に簡単ですよね。
このLTVの算出、またLTVを高くする施策を行いましょう。
(関連商品の販売、類似商品の販売、継続課金など)
② 売れるランディングページへの改善
実はPPC広告で成果の出ない方ほとんどが、キーワードの設定
よりもPPC広告に設定してあるサイトの成約率が悪い事がほとんどです。
質の高いアクセスを売れないサイトにいくら送りこんでも
成約数は伸びませんよね。
売れないサイトにアクセスを送っていると、
本来売れるはずのキーワードを売れないキーワードと判断して
しまったり、ダメなサイトがもたらす悪影響は測り知れません。

同じアクセスでもサイトを変えるだけで大きく
パフォーマンスが改善します。
③ ライバル出稿キーワードの調査
単価調整や広告文などの設定の前にキーワードの選定が
非常に重要です。売れないキーワードからいくらアクセスを
集めても売れないように
キーワードを設定し、売れるキーワードを見つけて
行く必要があります。
そこで重要になってくるのが、キーワードの選定。
初心者の方は、とりあえず思いついたキーワードを
設定してしまいがちですが、見当はずれな場合も
少なくありません。
まずは小さく始めるにしろ、大きく展開するにしろ、
同じようなサービスを扱うライバル企業がどういった
キーワードに広告を出しているか徹底的に調査しましょう。
広告を出している=費用対効果が合っている
と判断する事が出来ます。
(ここらへんは一概には言えないので、基本概念として
受け止めてください。次回詳しく説明します)
この3つはアカウント運営初期の段階では大きく成否を
握っているので、ぜひ対策をしてくださいね。
それでは
次回をお楽しみに!
P.S
先日お伝えしましたが、あまり深くは本記事では語りませんが、
2010年度はアドワーズの変革期でもありました。
新しい機能の導入、そして審査基準やペナルティの変更。
普通のリスティング広告担当者や情報量の少ない
一般の方にはツールの変更を把握するだけで手いっぱい
だと思います。
そんな中、GoogleAdwrodsの現状と今後の施策に
ついて二人のAdwords認定プロフェッショナルが
語りました。
興味があれば、無料でダウンロードしてみてください。
https://p.tl/DWRi

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧