興味関心連動型広告インタレストマッチ広告とは?

こんにちは。

本日は、アドワーズではなくYahoo!リスティングの
お話です。

昨年の夏ぐらいにYahoo!リスティングのオーバチュアが
コンテンツマッチ広告を終了し、新しくインタレストマッチ
広告をリリースしました。

アドワーズにはもともと検索連動型広告と自動プレースメント広告
(コンテンツマッチ広告)の二つがあり、この自動プレースメント広告
というものが安価で大量のアクセスを集められると注目を集めました。

アドワーズの自動プレースメント広告は、関連性の高いサイトの
コンテンツの一部として配信されます。

つまりダイエットに関する広告であれば、ダイエットに関する
コンテンツの多いブログやダイエットに関する記事の書かれた
提携サイト内に表示されます。

ダイエットに興味のある検索ユーザー

ダイエットの方法が記されているサイト

ここに表示させることが出来る

と言うことです。

この通り検索ユーザーが閲覧するサイトのコンテンツ内容に
連動して広告を表示させられる事から、コンテンツ連動型広告
とも呼ばれています。

では、同じように安価で大量のアクセスを集められるとYahooの
謳っているインタレストマッチ広告は何が違うのかと言うと、

インタレストマッチ広告は興味関心連動型広告と言われており、
サイト内のコンテンツに関係なく、検索ユーザーの閲覧していた
過去の履歴や、検索窓に打ち込んだキーワードを総合的に見て

その検索ユーザーが何に興味を持っている人なのか?を絞り込み
その興味、関心に連動した広告を様々なサイトの一部に表示させる
という広告です。

(見た目や広告の表記形式はアドワーズとほぼ一緒。)

つまり、普段からダイエットに関してネットで調べて
いる人や、ダイエットのサイトを見ている人が、現在
閲覧しているサイト(ジャンルはなんでもよい)にダイエット
の広告が表示されるということです。

普段からダイエットについて調べている検索ユーザー

閲覧しているサイト(ダイエットのサイトとは限らない)

ここにダイエットの広告を表示

ということですね。

簡単にアドワーズとの違いを説明すると

アドワーズコンテンツマッチ広告
⇒ユーザーが現在見ているサイトの内容に連動して広告を表示させる。

Yahoo!リスティングインタレストマッチ広告
⇒ユーザーの興味関心に連動して閲覧中のサイトに過去の履歴や検索
キーワードから興味関心の高いジャンルの広告を表示させる

と言う事です。

ちなみにインタレストマッチはリリースされてから
まだ日が浅い為、よく審査方法や仕様が変更されたりしてますので、
実際に安定して使えるのはもうちょっと先になりそうです。

ですが、人は1回のセールスでは物を買わず、何回かのセールスに
よって物を買うと言われていますから、

常に興味関心の高いユーザーに広告を正確に毎日配信出来るように
設定出来れば、強力な集客ツールになりますよね。

今後のマーケティングツールの一つとして
ぜひ検討してみてください。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧