ディスプレイ広告とは?リスティング広告との違いやメリットを解説

この記事では、ディスプレイ広告についての基本的な説明から、成果が出るディスプレイ広告の配信方法までを解説します。

ディスプレイ広告とは

掲載される場所と方法

「ディスプレイ広告って何?」と聞かれたら、あなたは何と答えますか。

私も最初「バナーで掲載される広告でしょ?」と答えた記憶があります。確かにバナー広告もディスプレイ広告の一種ですが、正確に言うとWebサイトやアプリ上の広告枠に表示される広告です。

なのでディスプレイ広告には、バナーだけでなく動画広告やテキスト広告も含まれます。

ディスプレイ広告を使うことで、バナーやテキストをクリックしたユーザーを、設定したWebサイトに移動させることができます。

実際の掲載場所はGoogle、Yahoo!などの広告媒体によって変わります。

掲載面の例としてはGoogleでは、GmailやYouTube、Yahoo!ではYahoo!ニュース、ヤフオク等関連するサービス、提携しているサイトなどがあります。

課金方式

料金はクリック単価制が主流です。
しかし、それ以外にも1000インプレッション単位で課金されるインプレッション単価制の場合もあります。

クリックごとに課金される、クリック課金クリック課金とはクリック課金は、Web広告の課金方法としては一番主流の課金方法です。GoogleやYahoo!でキーワードを検索すると...

ディスプレイ広告とリスティング広告の違い

アプローチできるユーザー層が違う

リスティング広告は、あらかじめ設定したキーワードをユーザーが検索した時に広告が表示されます。
つまり、すでにキーワード意識して検索行動までとっている顕在層に向けた広告の配信手法です。

対してディスプレイ広告は、リスティング広告と違い潜在層に向けた配信の手法です。

つまり、

リスティング広告=「今すぐ客」「緊急度の高い人」
ディスプレイ広告=「見込み客」「悩みはあるが今すぐではない人」

と、広告によってアプローチできるターゲット層が違います。

出稿できる広告の形式が違う

リスティング広告は基本的にテキストでの広告配信です。

しかし、ディスプレイ広告ならテキスト広告以外に画像や動画の形式で広告を配信することも可能です。

表示される場所が違う

リスティング広告は検索画面に掲載されますが、ディスプレイ広告はユーザーが閲覧しているサイトの広告枠に表示されます。

ディスプレイ広告のターゲティングについて

ディスプレイ広告を使う場合、ターゲティング機能を活用する事が重要です。
ディプレイ広告ではGoogle広告のGDN、Yahoo!プロモーション広告のYDNが主流ですが、それぞれターゲティングの方法が違いますので、下記にまとめてみました。

GDNのターゲティング

コンテンツターゲティング

商品やサービスにあったキーワード(コンテンツキーワード)や、自動車やファッションなどの情報カテゴリー(トピック)を選択し、広告にあった内容のサイトに広告を配信します。

コンテンツターゲティングはキーワード単位での細かい設定が可能です。
検索で獲得できているキーワードや、明確なユーザーのイメージがある場合には有効な手法です。

オーディエンスターゲティング

特定のグループにアプローチする手法です。
オーディエンスターゲティングでは、アフィニティカテゴリという機能を使い特定の分野に興味、関心を持つユーザーに絞り込むことが可能です。

もう少し幅の広いユーザーに配信をしたい場合には、カスタムアフィニティカテゴリを使い、キーワード入力、URLを指定して幅広く絞り込むこともできます。

また一度自社サイトに訪れたユーザーに広告を表示させる、リマーケティングの設定もできます。

アフィニティカテゴリってそもそも何?そもそもアフィニティは相性や親近感を表す言葉です。GDNのアフィニティカテゴリとは、Google側がカテゴライズした興味関心リスト...

 

プレースメントターゲティング

広告の配信先を手動で選択する手法です。

広告配信をしていく中で成果の出やすい配信先が特定できた場合には、プレースメントターゲティングを設定する事で費用対効果を改善し、成果が上がる可能性が高いです。

YDNのターゲティング

性別、地域、年齢のターゲティング

性別や年齢、地域でターゲティングを設定し広告の配信先を絞り込みます。

実店舗があり来店を促したい場合は、配信先を来店する可能性が高い地域に絞り込む必要があります。

また女性向けの化粧品等なら、性別を女性に絞り込むことで購入する可能性の低い男性への配信を制限することができます。

インタレストマッチ

ユーザーの興味、関心に連動して広告を表示できます。
閲覧履歴、検索履歴などの行動履歴をもとに広告配信を行います。

デバイスでのターゲティング

パソコンやスマートフォン、タブレットなどのデバイスごとにターゲティングできます。

サーチターゲティング

検索時のキーワードをもとにターゲティングする事ができます。

サーチキーワードリストにターゲティングしたいキーワードを入力する事で、登録したキーワードを過去に検索した履歴のあるユーザーにディスプレイ広告を配信することができます。

過去に検索したキーワードをもとにターゲティングしているので成果に繋がりやすいユーザーに配信できる手法です。

リターゲティング

GDNでは同じ機能をリマーケティング広告と言い、一度自社サイトに訪れたユーザーにディスプレイ広告を配信します。

一度自社サイトに訪れているユーザーですので、より成果に繋がりやすいターゲティング手法です。

プレースメントターゲティング

GDNと同じ手法です。上記のようにGDN、YDNでターゲットユーザーを絞り込み配信をすることでより成果に繋がりやすくなります。

ただ初回の配信からより綿密なターゲティングを設定すると、全く配信がされないこともあります。
その為、ディスプレイ広告では最初ある程度幅広く配信を行い、徐々にターゲティングを絞っていく方が成果につながることが多いです。

検索広告では取れていないキーワードもディスプレイなら成果に繋がるなんて事はよくあります。
様々な配信手法を理解し、成果につながるターゲティング手法を見つけましょう。

みなさんこんにちは!鍋大好きPPC広告コンサルタントの高橋です。今シーズンは例年になくハイペースで鍋を食べていて、もう10回は食べています。今はスーパーでも色々な...

ディスプレイ広告を始めるならまずはこれ!

ディスプレイ広告のターゲティング手法を説明してきましたが、手法が多すぎて何から始めるのがいいのか?とお悩みの方もいるかもしれません。

そんな時はリマーケティング(YDNではリターゲティング)から始めましょう。

理由としては、リマーケティング広告は一度自社サイトを訪れていて何らかの理由でコンバージョンに至らなかったユーザーにディスプレイ広告配信する方法なので、興味、関心があるユーザーに広告が配信できるからです。

欲しいものがあった際に比較検討するためにいくつかのサイトをご覧になったことありませんか?
その時にやっぱり一番最初に見た商品が欲しい!と思った時にはどのサイトだったかわからない・・・ディスプレイ広告なら、そんなユーザーを追いかけることで購入に繋げられるのです。

そもそも類似ユーザーって何?類似ユーザーとは、一度自社サイトを訪問したことのあるユーザーと共通点をもったユーザーをターゲティングすることができる配信方法とな...

まとめ

ディスプレイ広告を上手く活用することで、検索連動型広告では獲得できなかった層へアプローチができ、今までと違った顧客獲得のチャンスを広げることができます。

また最近ではgoogle、Yahoo!ともにAIの精度が高くなってきており、以前に比べてターゲティングの精度が格段に上がっています。

これから始める方はもちろん、今よりもっと成果を出したいと感じている運用者の方はぜひチャレンジしてみてください。

リスティング広告の成果を最大限に発揮するには確かにリスティング広告が一気に広まる前と比較すると、年々CPC・CPAは上がり、成果を獲得しづらくなってきているのは事...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧