PPC広告で電話注文からのコンバージョンを取る方法

こんにちは。

本日は店舗ビジネスや物販を行っている人、またはこれから始めようと
思っている方に知っておいて欲しいテクニックの一つをご紹介します。

アドワーズ、ヤフーリスティング共に、成約したキーワードが
分かるコンバージョントラッキングという機能がありますが、
上手く利用できていますか?

そもそもコンバージョントラッキングって?

このコンバージョントラッキングの機能ですが、
申し込みや注文完了した際に見せる注文確認画面
(お申し込みありがとうございました。ご注文確認メールを
お送りしました。という文言の出てくるページ)

に専用のタグを入れる事で、どのキーワードから来たお客さんなのか?

という事が分かるPPC広告では必須の機能になります。

ですが、サービスを掲載しているサイトで注文までを
完結できれば良いのですが、物販の申し込みや予約を必要とする
店舗ビジネスを展開している場合、

サイトへ訪問→電話注文or電話予約

という選択史も出てくるので、肝心のゴールページに
いかずにどのキーワードから来たお客さんなのかがわからない
という問題点が起こりますよね。

よく店舗ビジネスをされている方などに聞くと
コンバージョンが取れないからざっくりと把握している。という
返答が多いのですが、それでは無駄な広告費を見て見ぬふり
しているようなものですよね。

こういった場合にはどのようにすればいいのか?

答えは簡単です。

電話からの注文のコンバージョンを取るには?

例えば、キャンペーンや初回のみの割引券などが
ある場合は、割引券の印刷用ページにコンバージョンタグを
入れておいたり、

電話のご注文や予約があった際に規約ページや、
注文確認ページなどを用意しておいて特定のリンク(注文意思がない
人がクリックしない工夫は必要ですが、)をクリックしてもらえば
いいのです。

このようにコンバージョンタグというものは、すべてゴールページに
貼らなければいけないという規約はないので、何個でもどんな場所にでも
貼り付けることが出来ます。

サイトを電話からの注文もコンバージョンを測れるように変更するのは
面倒ですが、それ以上にもっとも成約の高い電話からの注文がどのキーワード
からきているのかを把握していないことの方がはるかに致命的ですよね。

PPC広告のタグ(コンバージョンタグ、リマーケティングタグ、ABテストタグ)
など、考えようによってはいくらでも応用が出来るので、いろいろな効果検証に
どう使えるか?考えてみてください。

それではまた次回!

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧