PPC広告を使って海外に広告配信する方法

こんにちは。

本日はAdwords広告を使って海外に広告配信する方法に
ついてお知らせします。

GoogleAdwordsは世界的に利用されているリスティング広告の一つで、
様々な広告主が各国で利用しています。

以外と多くの方が知りませんが、GoogleAdwordsでは、広告配信の国や地域、また言語をすべて
IPアドレスやGoogle インターフェースの言語設定などを認識しており、この仕組みがアドワーズが
世界で利用されている理由の一つでもあります。

基本的に日本で、アカウントを取得すると
IPアドレスが日本、ブラウザの言語設定が日本語に
設定されているので、デフォルトの状態で、

広告配信地域⇒日本
言語設定⇒日本

に設定されています。

日本人向けの商品や、サービスなどを展開している場合は
それで全く問題ないのですが、ネット広告を使って海外に輸出
するビジネスなどをやっている人は、

この設定では、ビジネスが成り立たないですよね。

実際、日本の企業が海外在住の日本人などに
ネット広告に配信している企業は存在します。

上記は海外のネットを使っている際に表示された
PPC広告です。

広告配信地域を海外に指定して
言語を日本語に設定しているわけですね。

もちろん英語のインターフェースで日本語検索している人もいるので、
言語は日本語だけにしているかどうかは不明ですが。

上記のように海外向けの広告を配信する場合は
以下から地域、言語の設定を行います。

上記編集リンクをクリックすると以下の画面が
表示されます。

こういった機能を見ると本当にAdwordsは良くできているなぁ~
と関心させられます。

日本からも海外に簡単に広告配信出来るので、輸出業などを
やっている人や、海外にいる人に広告を配信したい商品などを
持っている人は配信してみると良いですよ。

言語と国の設定次第では、ライバルが少なくなり良い結果が得られる例もあるようです。
(もちろん、すべてのジャンルに当てはまる話ではありません。)

それではまた次回!

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧