無料解析ツール「GoogleAnalytics」を導入しよう!

こんにちは。

本日は無料解析ツール「Google Analytics」の導入について
お伝えします。

PPC広告を始めたばかりの人は、PPC広告とアクセス解析は
別物と考えている人が少なくないですが、実はこのアクセス解析ツールは
広告費を十分に取れないPPC広告初心者の方にこそ有効なツール
でもあります。

PPC広告では、コンバージョンによって売れるキーワード
売れないキーワードというものを判断していくのですが、それには
ある程度のアクセス=広告費が必要になります。

もちろん、すでに過去に経験したジャンルと類似しているような
サービスであれば、あまり問題にならないのですが、
ネット通販を始めて行うジャンルなどでは、広告掲載するキーワードも
的外れな場合が多く、

実は売れるキーワードを見つけるまでに、PPC広告の開始当初が
一番無駄に広告費を使います。

十分な広告予算を取っていれば、良いのですが、限られた広告費の
中でテストしなければならない時などはこのアクセス解析ツールが
必須になります。

以前、コンバージョンが取れない時の対処法でもお伝えしましたが、
アクセス解析ツールを使うと下記のようにキーワード毎の善し悪しが
見えてきます。

サイト巡回型のページではなく、ランディングページのような一つの商品を
販売するのに特化しているようなサイトを誘導先に使っている場合は、
平均滞在時間、直帰率をおもに見る事でキーワードの善し悪しを判断出来ます。

■平均滞在時間
⇒キーワード毎のサイトの滞在時間、サイトを閲覧している時間または、サイトを開いている時間。

■直帰率
⇒ページに来てそのまま離れて行ってしまった人。どこか別のサイトから訪れて、「1ページ目で」サイトから去った率。

このようにコンバージョンデータを見る前から、ある程度
キーワードの善し悪しを判断する事が出来ます。
(もちろんアクセス数があまりにも少ない場合は判断出来ませんが。)

十分な広告費が取れない時こそ、アクセス解析ツールを
併用してみてくださいね。

グーグルアナリティクスのアカウントを作成します。

アクセスボタンをクリックすると、
ログイン画面に切り替わるので、アドワーズのログインIDでログインします。
すると下図のような画面に移ります。

またアドワーズの管理画面からアナリティクスからアクセスすることも可能です。

上図のようにアドワーズの管理画面からは【レポート】⇒【Google Analytics】のタブをクリックすることで、
アナリティクスのアカウントとリンクすることが出来ます。

それでは実際のアナリティクスの設定に入っていきます。
まずトップ画面から【プロファイルを追加】をクリックします。
すると下の画面に切り替わります。

ここでは、アナリティクスで解析するホームページのURLを入力していきます。
新しく設定する場合は【新しいドメインのプロファイル】にチェックを入れ、
解析するホームページのトップページのURLを入力し、費用データを適用にチェックを入れておきます。

完了をクリックすると左の画面に切り替わります。

赤枠で囲ったアナリティクスのトラッキングコードを解析するすべてのページに
ソースに埋め込むと、それぞれのデータを解析することが出来るようになります。
まだ導入していない方はぜひ、導入してみてください。

それではまた次回をお楽しみに!

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧