設定前にキーワードのクリック単価を調査する方法

こんにちは。

あなたは、お見積り計算ツールをご存じですか?

実は、PPC広告の代行やコンサルティングをやっていると普段から様々なジャンルの広告を管理しているので、

昨日ダイエットのアカウントを設定したと思ったら、今日は英語や投資のアカウント。。。

のようにジャンル問わず様々なキーワードに触れる事になります。

またPPC広告初心者の方などは

「このキーワードってクリック単価いくらだろう??」

なんて疑問を常に思いながらアカウントの設定に臨まれているのではないでしょうか?

そんな悩みを解決するのがこのお見積り計算ツールです。

PPC広告は実際に設定してみないと分からない点が多々あります。
だからといってとりあえず設定してみよう!
と戦略なしに見切り発車してしまうと後で、改善の作業が面倒になります。

また改善するスキル、知識がないと無駄な広告費を生みそれが原因でアカウントのパフォーマンスを著しく下げる結果になってしまうのです。

お見積り計算ツールの使い方は簡単です。以下の画面から選択すると専用のページに移動します。

お見積り計算ツール

上記のように
上限クリック単価を設定する事で、獲得出来る1日のクリック数や平均掲載順位というものが分かります。

では、本当にこのツールの通り掲載順位やクリック数、単価になるのか?というともちろんそうではありません。

クリック率や品質スコアによって、結果は変わってきます。

「じゃー使えないじゃないか!!」

なんて声が聞こえてきそうですが、これはざっくりとした入札単価を調べる為だけではなく、広告戦略を決めるのに使います。

お見積り計算ツールはあくまで過去のデータなどから導き出されているわけですから、品質スコアの影響で上下したとしても50円で算出されていたものが500円でクリックされるというような大幅なズレはありません。

要するに大体のクリック単価と予想出来るクリック数を調べる事によってどう広告戦略を打てばいいのか?が分かり易くなるのです。

あなたも、PPC広告を運用しているのであれば、わかると思いますが、常に他の仕事の中で時間を作ってPPC広告の管理をされている方がほとんどです。

そんな十分に管理出来る時間がない人ほど、とりあえず始めてみよう!と見切り発車して失敗してしまいます。

「これダメだったから、今度こうやってみよう。」

「これもダメだったから、今度は・・・・」

「結局、この商品が売れないんだな・・・辞めよう」

上記のように無駄な時間と労力を費やす結果になりやすくなります。

可能な限り予測し、収益や費用対効果の算出をし、初期設定の時点で可能な限り細かく設定しておく。

これがPPC広告を成功させるポイントです。

特に商品数が増えてきたり、仕事が忙しい中では、

“今のままでもコンバージョンが入るかもしれない”

という甘い誘惑に負けて、PPC広告の管理を放置
しがちです。

それがパフォーマンスの低下に結びついている事は間違いありません。

だからこそ、出来るだけ後で調整が必要ないように、お見積り計算ツールなどを利用して、可能な限り細かく設定しておくことが重要なのです。

(もちろん、改善は必要になりますが、その量を可能な限り少なくするためという意味です)

もし、まだ使った事がなければぜひ、一度使ってみてくださいね。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧