■PPCの疑問 リスティング広告の種類とは?

こんにちは

今回はリスティング広告の種類について
お話したいと思います。

「リスティング広告」といえば
「YAHOO!リスティング広告」
「Googleアドワーズ」
の2つがすぐに出てきますが、
2つしか存在しない訳ではありません。

他にもいくつか存在します。
ここでは簡単に紹介したいと思います。

まずは2大検索エンジンからですが、
■YAHOO!リスティング広告

Yahoo! JAPANをはじめとした
人気ポータルサイトの検索結果に上位表示されます。
国内No.1のページビューを誇り、
国内の検索エンジン6割近くを占めます。
●掲載サイト: Yahoo! JAPAN、Live Search、
日経ネット、フレッシュアイ、
エキサイト、オールアバウトなど

■アドワーズ

Googleをはじめとした人気検索エンジンの検索結果に上位表示されます。
利用者数は世界NO.1、国内ではYahoo!に続き第2位。
国内の検索エンジンの3割近くを占めます。

●掲載サイト: Google、goo、@nifty、
BIGLOBE、AU one、Thchnorati、ライブドア、
LUNASCAPE、Hatend、Aladdinなど

その他のPPC広告です。
■Jアドリスティング

livedoorを中心に幅広く掲載。
オーバーチュアの1位表示とアドワーズの
1位表示のクリック単価のうち
どちらか高いクリック単価の半額で入札可能な為、
人気キーワードも比較的安価に入札可能です。
●掲載サイト: livedoor、fresh EYE、TBSなど

■レモーラリスティング

exciteとgooを中心に展開。
固定料金制をベースに、クライアントの判断で料金変更(露出度の調節)できます。
最低クリック単価は5円。
●掲載サイト: excite、goo、OCN、ODN、So-netなど

■JWord(Jワード)

ブラウザのアドレスバーにキーワードを入力すると、
あなたのサイトに直接ジャンプします。
(JWordプラグインがインストールされている必要があります)。
また、いくつかの大手ポータルサイトでは検索結果にも表示されます。
●掲載サイト:excite. BIGLOBE. @niftyなど

■kauli(カウリ)

他の媒体とは少し配信方法が異なります。
サイトに適した広告を自動配信し、
ユーザが広告クリックした際に広告料金が発生する
コンセプトマッチ広告です。
最低入札単価12円

など
大まかには、これくらいのリスティング広告が存在します。

そこで簡単な疑問が出てくるかと思われますが、
「YAHOO」と「アドワーズ」
なぜこの2つしか利用されないのか?

答えは簡単ですが、
リスティング広告は、「検索」に依存しています。

検索されてようやく広告が表示されますので、
上記の2大検索エンジンに表示される2つのリスティングが
最も代表的なのは当然の事、となりますね。

興味があれば他のリスティング広告に
挑戦してもいいかもしれません。

それではまた次回をお楽しみに。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧