広告費削減vs顧客数増大!どちらが重要?

こんにちは。

ビジネスはどこまで行っても売上を上げるという事に収束されます。

社会貢献するにも、売上げ次第。
従業員を豊かにするのも売上次第。
自分の生活を豊かにするにも会社の売上次第。

ビジネスはどこまで行っても売上を
あげなければ、ダメですよね。慈善事業でない限り。

売上を上げるためにPPC広告を導入する企業は
多いですが、PPC広告で成果を上げる企業と
すぐに撤退してしまう企業とは共通する違いがあります。

その共通点とは….?

よく企業様のコンサルティングをしているとCPAを落としたい!広告費を抑えたい!
そんなご要望を頂きます。

確かに、無駄な広告費が削減できれば、その分利益率が上がるので、利益は残りますよね。
でも、そういった話を頂くときに決まって
思う事は…

「ちがう!ちがう!ちがう!」

こんな風に思います。

確かに無駄に垂れ流されている広告費は削減
しなければならないのですが….

それ以上に、国内の検索市場にはあなたの顧客となるユーザーが溢れているわけです!

もし、売上を上げる為にPPC広告を使っているのであれば、必要な経費を削ってまで
広告費をかけてはいけませんが、可能な限り広告費をかけなければなりません。

よく考えてください。

一月に280万かけて300人の新規を獲得する会社A
一月に50万かけて100人の新規を獲得する会社B

一月のPPC広告の売上だけで見ると会社Bの方が利益率が高かったとしても….

確実に年単位で見ていくと会社Bは
会社Aに勝てないでしょう。

あなたが経営者の方であればわかりますよね?

なぜなら…

新規のお客さんよりも既存客の方が5倍ほど簡単に売上が上がるからです。

PPC広告で50万の利益を単月で出す事よりも
PPC広告でより多くの顧客を獲得する事の方が
実は非常に重要なんです。

利益が単月で出なかったとしても翌月以降、既存客からの売上が段違いで
上がってくるんですね。

PPC広告で売り上げを上げる企業はそれを分かっていて….
売上が上がらないと嘆いている企業はそれが分かっていません。

確かに利益が少なくギリギリの経営をしているのであれば、広告費も最低限に…
という思考に陥ってしまうのはわかります。

ですが、それが悪循環の始まりで

広告費を抑える

最低限の新規しか獲得できない

既存客からのリピート購入や売上が
減っていく

一層経営が厳しくなる

このようにPPC広告で広告費を削減するという事は売上を下げる第一歩を踏み出して
いる事に他ならないんですね。

目先の利益を追ってしまうと大体の経営者の方がそういった判断
をしてしまいがちです。

利益を増やしたいのであれば、
広告費を削減するのではなく…

顧客を増やしてください。

~~~~~~~~~~~~

顧客数を増やすことに注力している会社は
PPC広告上でもこんな表現を使っています!

「2分に1個売れています!」
「国内販売数NO1」

利益度外視で顧客数を伸ばすことに特化
していると、やはり実績も作りやすいですよね。

さらにお客様の声も多く集まるので、より強力なランディングページになり、
さらにお客が集まるようになる!

こういったプラスの循環が始まっていくわけ
です。

もし、あなたが売上をもっと上げるために
広告費を削減したいなぁ。と思っているのであれば、
それは今一度考えなおしてくださいね。

売上は顧客がいなければ、あがりません。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ネットで検索している顧客よりも、
一度商品を買った既存客の方が5倍売りやすいです。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

この考えが身についてくると….

「赤字にならなければ、どこまでも広告費かけます」
「100万が最終的に150万になれば、初回は赤字でも
どんどん広告費かけよう!」

なんて言葉が出てくるようになります。

普段から何人もの方の相談に乗っていますが、上記のような言葉が出る方は
必ずと言ってPPC広告で上手く利益が上がっています。

売上の20%に広告費を抑えようとか、下手に目先の利益を上げるために広告費を

抑えてしまうと、長期的に勝てなくなってしまうので気を付けてくださいね。

それではまた次回!

10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー募集

ライバルと差別化したホームページを作り、少ないリソースで売上を最大化する具体的手法を公開!

細かいABテストや新手法でライバルに差をつける必要がないので、資金や人的リソースの限られる中小企業様に必ず身に着けていただきたい手法です。

今すぐ最新の売れるホームページ集客ノウハウを手に入れる
10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー

関連記事一覧