ディスプレイネットワーク(GDN)でユーザー属性を知る方法

Google AdWords のディスプレイネットワークで、
広告を表示したユーザーの属性を調べる事ができるのはご存知でしょうか。

本来は性別や年齢でのセグメントを掛けて広告を配信するための機能ですが、
この機能を使うことでセグメントを掛けずに
広告を表示した人の性別や、年齢層を知ることができます。

設定場所ですが、
管理画面のディスプレイネットワークタブから行います。
____________________________
◆設定方法◆

①ディスプレイネットワークタブを開きます。

②【+ターゲット設定方法の追加や編集】ボタンを押します。

③編集画面の下部にある【性別】の編集を押します。

④特定の性別にチェックを入れます。

※その下のすべての項目にチェックが入っていることを確認してください。
※初期設定では、すべての性別になっています。

⑤編集画面の下部にある【年齢】の編集を押します。

⑥特定の年齢層にチェックを入れます。

※その下のすべての項目にチェックが入っていることを確認してください。
※初期設定では、すべての年齢層になっています。

⑦保存を押します。
____________________________

これで設定は完了です。
設定したグループで配信をしていれば、自然とデータが見られるようになります。

すべての年齢層、性別 から、特定の年齢層、性別に変更をしていますが、
結局はすべてにチェックを入れているので、今までと条件は変わらず配信がされます。

ただ、1つ厄介なことに、
この機能はグループ単位での設定になっていて、地道に1つ1つ設定をしないといけない事です。
ちなみに現時点のAdWordsエディターでは、この機能の設定はできません…

この設定をすることで属性が見られるようになること以外で、メリットもデメリットもないので、
興味がある方は是非試してみてください。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧