タグマネージャーでサイト内のタグを一括管理

皆様こんにちわ。

今回は去年10月に導入された、【タグマネージャー】に付いて解説させていただきます。

PPCを運用していく上で、こんなこと有りませんか?

・GoogleAdWords運用しよう!
(コンバージョンタグ貼らなきゃ。)

・新たにYahoo!プロモーション広告も始めよう!
(Yahoo!のCVタグ追加しなきゃ…)

・リマーケティングもしよう!
(リマーケティングタグ追加しなきゃ…)

・アナリティクスのリマーケティングも開始しよう!
(GAリマーケティングタグ追加しなきゃ…)

このように、新しい機能を使用して行く度にタグを設定する必要が有りますね。

(タグを使わなくていい機能も有りますが)

自分でサイト内にタグを貼付ける事が出来る方は問題有りませんが、
そうでない人は、毎回連絡してタグを張ってもらわなければ行けません。
(毎回説明をして、時間も手間もかかってしまいますよね。)
タグの管理がもっと簡単になるといいな…

そこで、タグの張付けを一括管理できる【タグマネージャー】の登場です。
しかも、この【タグマネージャー】、複数アカウントを1つのアカウントで管理できるので、さらに便利。

【タグマネージャー】を使うと、今まで何度もタグを貼り付ける作業を、

たったの1回始めに張るだけで後は全て、管理画面で一括管理できます。

STEP・1【タブマネージャーの設定】

それでは、これから設定の説明をしていきます。

1・まずは、サーチエンジンで【タグマネージャー】で検索

2・「Google タグマネージャ公式サイト」を選択

3・google のアカウントが有る方は、簡単にログインまでは出来ます。(ない方は作って下さい)

4・アカウント名を入力する画面になるので、名前を入力して下さい。

5・次に、コンテナ入力画面になります、利用するサイトを登録し、それぞれの単位で管理する事が出来ます。

(複数のサイトを管理する場合は、コンテナを増やして行きましょう)
コンテナ名にはサイトの名前を入力(管理しやすい解りやすい名前にして下さい)
タイムゾーンは、特に指定がない時は日本で設定して下さい。
次にドメインです、サイトのドメインを入力して下さい。
終わりましたら、「保存」を選択して次の画面

6・「コードの取得とタグの追加」の画面に移動します。

ここででてきた「HTMLタグ」をサイト内の<body>直後に貼付けると設定は終了です。

STEP・2【タグマネージャーの利用】

では、実際にタグマネージャーを動かしていきましょう。
今回は、Google リマーケティング タグ を設定します。

1・コンテナ内の画面上、「新しいタグ」をクリックしてください。

2・「タグの種類」をクリックすると、どのタグを設定するかを選べます

今回は、「Google リマーケティング タグ」を設定します。
リマーケティングタグの他には

  • AdWords コンバージョントラッキング
  • DoubleClick Floodilight カウンター
  • DoubleClick Floodilight 販売
  • Google アナリティクス
  • Universal Analytics(ベータ版)

他にも、Bizo lnsightなどがあります。
※ここにのっていないタグでも、【カスタムHTMLタグ】等で
貼付ける事が可能です。それは、またの機会に

3・「新しいがタグの追加」画面になります

コンバージョンID
コンバージョンラベル を入力する欄が有りますので、
Google AdWords にログインして、「共有ライブラリ」からリマーケティングタグを確認して下さい。
※下図を参照


配信のルールは、リマーケティングですので、「全てのページ」にチェックを入れて下さい。


上記画面のように出来たら完成です。保存すると、管理画面に戻ります。

4・「管理画面」に「リマーケティング」タグが入っている事を確認したあと、
画面右上【バージョンを作成】をクリック。
※「バージョンを作成」を押さない限りタグが動かないので注意して下さい。

STEP・3【タグマネージャーが機能しているか確認】

最後のステップです、実際にタグマネージャーがうまく機能しているのか確認して行きます。

1・先ほど「バージョンを作成」をクリックすると、
画面上側に「プレビュー」「公開」「元に戻す」「削除」という画面が出てきます。
まずは「プレビュー」をクリックして下さい。

2・「プレビューとデバッグ」をクリックすると、ドメインが表示されますので、確認したいドメインを選択

3・うまく設定で切れいれば。画面の様に「配信:タグマネージャー読み込み」となります。

4・管理画面に戻って、画面上の「公開」をクリックすると、設定したタグマネージャーが機能し始めます。

どうでしたでしょうか?
少し長くなりましたが、解りましたでしょうか?
タグをサイト内に貼付ける作業は今後増えてくると思います。

一括で管理できるタグマネージャーを使う事で貴重な時間を短縮できるのではないでしょうか。

それでは、今回はこの辺で。

注意点

使い方を間違えると、サイト内が真っ白になってしまうなど、不具合を発生する場合も有ります。
また、現在タグマネージャーを活用できないHTMLタグもあります。
(タグを2カ所以上貼付ける必要がある場合は活用できないなど、まだまだ問題点があります。)
自社サイトなど、まずはタグマネージャーを設定してもかまわないサイトで使い方になれてから、
本格的な利用をお勧めします。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧