意外と使われてない?キーワードアドバイスツール

こんにちは

皆さんは普段キーワードの検索ボリュームや大体の単価を把握するために
どんなツールを使っているでしょうか?

アドワーズのキーワードツールや御見積計算ツールを
使っている方が多いのではないのでしょうか?

忘れがちですがYahoo!プロモーション広告にも
キーワードアドバイスツールというがあります。

このキーワードアドバイスツールというのは
アドワーズのキーワードツールには無い機能がたくさんあります。

今回はそんなキーワードアドバイスツールを紹介していきます。

キーワードアドバイスツールはYahoo!プロモーション広告
管理画面のツールタブの中にあります。

キーワードアドバイスツールに入ると調べたいキーワードを入力して
デバイス、希望の単価を入れると条件に沿ったデータを見ることができます。

今回はTシャツで調べてみました。
希望単価は50円にしています。

調べた結果は以下のようになりました。

ここまではアドワーズのキーワードツールと殆ど変わりませんが
キーワードツールに無い機能というのは下の画像にある通り、
検索ボリューム推移と属性別検索割合です。

検索ボリューム推移というのは
月ごとや時間ごとの検索ボリュームの推移を見ることができます。

Tシャツなど季節の影響を受ける商品などで
広告を出している場合にはこの検索ボリューム推移を見ることで
広告を強めて出す時期や弱める時期などを予め知っておくことができます。

ちなみにこのような推移になります。

属性検索割合は検索するユーザーの属性を
調べることが出来る機能です。

大まかなグラフで表示されるのですが、
調べられる属性は、
・性別
・年代
・地域
・曜日
の4つです。

特に性別や年代などは
広告文をつくる際などに役にたつので、
はじめにユーザーの属性を調べてから
設定に入るといいかもしれません。

もともとSEOなどでどのようなキーワードからの
アクセスが多いのか分かっていたら必要ないのかもしれませんが、
サイトを立ち上げたばかりの方や商品を作ったばかり
といった方は一度調べてからリスティングを始めることをおすすめします。

今回は以上になります。

また次回!

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧