≪新人担当者向け≫AdWords Editorで管理時間短縮 その2

こんにちわ。
今回は3月末に紹介した便利アプリケーション
AdWords Editorの第2弾です。

今回はエディター内で検索広告のキャンペーンを作成していきましょう。

※AdWords Editerのインストールの仕方は
≪新人担当者向け≫ AdWords Editorで管理時間短縮を参照してくだいね。

前回もお話ししましたが、
管理画面で、キャンペーンを作成するのはとても時間がかかってしまいます。
そこでAdWords Editorの登場です。
エディターを使えば短時間でキャンペーンをUPする事が出来ます。

それでは、手順を説明していきます。
手順は以下の4点です。
1・エクセルでキャンペーンを作成
2・AdWords Editorにインポート
3・キャンペーン・単価設定
4・AdWords Editorから、AdWordsへUP

長くなってしまうので、数回に分けて説明していきます。

1・エクセルでキャンペーンを作成

エクセル上でキャンペーンを作成していきます

図の様に、項目を作って下さい。

次にキャンペーンを作っていきます。
今回は、例として「化粧品」のキャンペーンを作っていきます

A列には、キャンペーン名を入力
B列には、広告グループを入力
C列には、見出しを入力(文字数は半角で30文字以内)
D列には、広告テキスト1を入力(文字数は半角で38文字以内)
E列には、広告テキスト2を入力(文字数は半角で38文字以内)
F列には、表示URLを入力
G列には、リンク先URLを入力

入力し終わったら、下の図の様になります。

※今回は広告グル−プ5つ、広告文を2種類を作成

次回、2・AdWords Editorにインポート に付いて説明していきます。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□おまけ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

広告文を作成する時は、文字数制限が有りますよね。
毎回、広告文を作成する度に、数を数えるのはとても時間がかかってしまいます。

そこで、便利な関数を1つご紹介します。
それは【=LENB(  )】です。
( )内に、文字数が知りたいセルの値を入力すると、
半角で何文字なのかが解ります

もしかしたら、そんなの知ってるよ。という声も聞こえそうですが...(笑)
少しでも、皆さんの作業効率の改善につながれば幸いです。

是非、参考にしてみて下さいね!

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧