GoogleAdWordsの自動化機能でリスクヘッジ

皆さん、こんにちは。

突然ですが、今日は日ごろお世話になっているある方にお礼を言いたいと思います。

“Gmailよ、いつもファイルの添付し忘れに気づいて注意してくれて、本当にありがとう!”

言わずと知れたWebメーラーのGmail。僕も愛用しております。

保存容量が大きい、ラベル機能が便利、迷惑メールフィルタリングが強力などなど、色々な点で優れているGmailですが、個人的に気に入っているのが「添付ファイルの添付し忘れを防いでくれる」機能です。この機能は、「メール本文に”添付”と書いてあるにも関わらず、メールに添付ファイルが無い場合にアラートを出して教えてくれる」という単純な機能なのですが、もう何度助けられたことか分かりません。

gmail_alert.jpgこの機能がなかったら、時間とクライアントからの信用という大切なものをどれだけ失っていたでしょう。Gmailには本当に感謝してもしきれません。

これは、「メールにファイルを添付し忘れる」といううっかりミスを未然に防いでくれるというリスクヘッジ機能です。

人間ですから誰でもミスはします。しかし、こういったリスクヘッジ策があればミスを減らすことはできますよね。

今日は、GoogleAdWordsの自動化機能を使って、運用でのミスを防ぐリスクヘッジの方法をご紹介します。

GoogleAdWordsの自動化機能とは

GoogleAdWordsの自動化機能はアカウントの管理画面の右側中断にある、「自動化」ボタンを押して設定、利用できます。

自動化機能では、設定者があらかじめ指定した条件に合わせて、自動的にキャンペーンや広告グループ、キーワードに変更を加えることができます。キーワード単位まで細かく設定が出来るので、条件を変えて様々な制御を自動化することができます。

名称未設定-2.jpg

自動化機能を使ってキーワードの上位での掲載を維持する

皆さんの検索ネットワークのキャンペーンの中には、安定的にコンバージョンを獲得してくれる「エース的存在のキーワード」があると思います。万が一このキーワードの掲載順位が下がり掲載回数が減ってしまうとアカウント全体のパフォーマンスに大きな悪影響が出てしまうでしょう。

そういったリスクを避ける施策として自動化機能が利用できます。以下にその手順を説明します。

①「自動化」ボタンを押す

②「キーワードのルールを作成」を選択

③設定したい内容に合わせて、キーワードへの変更内容を選択する

名称未設定-3.jpg③の変更内容を選択する部分では、希望に合わせて以下から選択が可能です。

  • 上限クリック単価を変更する
  • 入札単価をページ上部表示の推定入札単価に引き上げる
  • 入札単価をFirstPageCPCまで引き上げる
  • キーワードを有効にする
  • メールを送信する

今回は、「コンバージョン獲得のために常に上部表示をさせたいキーワード」と仮定して、「入札単価をページ上部表示の推定入札単価に引き上げる」を選択します。

名称未設定-4.jpg選択すると、ルールの条件の詳細を設定する画面に繊維するので以下の項目を条件に合わせて設定します。

対象:変更の対象が表示されます。

変更内容:条件が合った場合に適用される変更内容が表示されます。

条件:変更を適用する条件を設定します。「平均掲載順位」、「次を下回る」、「4」と選択すると平均掲載順位が4位を下回った場合が条件として設定されます。

頻度:自動化機能を発生させる頻度を設定します。

ルール名:設定した自動化機能に名前を付けることができます。

結果をメールで通知:自動化機能の適用結果をメールで通知する設定をすることができます。

結果をプレビュー:自動化機能の適用結果をプレビューすることができます。

最後に保存を押せば自動化設定がされ、以降条件に合致した場合に指定した変更が適用されます。

今回は、「毎日9:00の時点で、指定したキーワードの前日の平均掲載順位が4位を下回った場合、入札単価をページ上部表示の推定入札単価に引き上げる」という設定を行いました。これで、重要なキーワードが表示されないというリスクを回避することが出来ます。

上記はキーワードに関する設定でしたが、キャンペーンや広告グループ毎でも設定が様々な可能ですので色々と試して便利に活用してみてはいかがでしょうか。特にこれからお盆休みに入られる方も多いと思いますので、お休み前に設定をするのをおすすめします。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧