普通に作業したら30分以上かかるディスプレイネットワーク広告のプレースメントチェック&除外を15分に短縮する2つの方法

こんにちわ。

今日は以前ご紹介させていただいた
たった10分の作業で無駄クリックを減らし広告費を削減するキーワードの一括除外設定の方法に続き、今回はプレースメントの一括除外設定方法をご紹介したいと思います。

ディスプレイネットワーク広告を使っている場合はとても重要になってくる
プレースメントのチェック&除外設定ですが、
リンク先を確認して商材との関連性がなければ除外をしてと、キーワード除外の時とは違って圧倒的に時間もかかるし面倒な作業ですよね・・・

しかし今日ご紹介する方法を使えば、普通にやっていたら30分以上はかかってしまう上記の作業を
なんと、10分程度に短縮できてしまいます!

ではさっそく設定方法を解説していきます。

まずはキャンペーン除外キーワードの設定同様に共有ライブラリをクリックし
キャンペーン除外プレースメントを選択します。

↓↓キャンペーン除外キーワードの設定方法はこちら↓↓
【週に1回、たった10分の作業で広告の無駄クリックを減らし広告費を20%削減する方法】


次に「+リスト」をクリックし除外リストを作成します。
リスト名は適用するキャンペーン、複数のキャンペーンで使用するのであれば除外としておけばいいでしょう。

リストを保存する際1つ以上プレースメントが指定されていないと保存できないのであらかじめ除外するURLを1つ設定しておく必要がありますので注意してください。

リストを作成したら、作成した除外リストをチェックし
キャンペーンに適用をクリックし設定を適用するキャンペーンを選択します。

次にプレースメントのチェックを行い作成した除外リストに
プレースメントを追加していくのですが、ここでもう一つの時間短縮方法をご紹介します!

それはプレースメントのチェックをする際にとても便利なブラウザの拡張機能です。
Firefoxを使用している場合、画面左上にあるオレンジのFirefoxタブから「アドオン」を選択します。
次に右上の検索窓からテキストリンクと入力しインストールしブラウザを再起動すれば設定完了です。

Google Chromeの場合は画面右上三本線のアイコンをクリックし設定を選択します。
次にChromeウェブストアからFirefoxの時と同様にテキストリンクと検索し
Text Link Plusという拡張機能が出てくるのでこちらをインストールします。

これを使うと何が出来るかというと、
プレースメントをチェックする際にいちいちURLをコピーしてページを開かなくてもURLをダブルクリックするだけでページが開けるようになるのです。

これがあるかないかでかかる時間は大幅に変わってきますので是非試してみてください!

それでは本題に戻り最初に作成した除外リストにプレースメントを追加していきたいと思います。
まずはディスプレイネットワークタブからプレースメントを選択し詳細を表示します。

詳細を表示したら配信先をチェックしていくのですが

べてをチェックしているととんでもない時間がかかってしまうので
まずは目安として表示回数は多いのにクリックがほとんどない、
といったものが関連性の無いサイトの可能性が高い・アカウントの品質低下の要因ともなるのでこれらを中心にチェックしていきましょう。

下記キャプチャの除外済みというものを参考にしてみてくださいね。

あとは除外するプレースメントにチェックを入れて
プレースメントを除外を選択しキャンペーンプレースメントリストで除外にチェックを入れて保存をすれば指定した複数のキャンペーンに一括して追加完了です。

この2つの方法を使うことで面倒だったプレースメントチェックも
大幅に時間短縮ができ、あっという間にアカウントの無駄を削っていけます。

この2つの機能はとても簡単で便利なので是非試してみてくださいね!

それではまた次回!!

10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー募集

ライバルと差別化したホームページを作り、少ないリソースで売上を最大化する具体的手法を公開!

細かいABテストや新手法でライバルに差をつける必要がないので、資金や人的リソースの限られる中小企業様に必ず身に着けていただきたい手法です。

今すぐ最新の売れるホームページ集客ノウハウを手に入れる
10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー

関連記事一覧