絶対1日じゃ出来ないと思っていたランディングページの設計が、 午前の3時間で余裕で作れるようになる方法

こんばんは!
現在、炭水化物抜きダイエット実施中の中村です。
世の中に炭水化物の入ってない食品って結構少ないですね。
正直何食べればいいか悩みます。
何かおすすめがあれば是非教えてください。
さて、先日とあるお客様から
「ランディングページを簡単につくるコツ教えてよ~。
 何から手を付けていいのかわかんないんだよね」
と言う申し出が、、、
「そんなのあればこっちが教えてほしいわ!」と思いましたが、
そこで僕がお伝えたのが、
この「QUEST(クエスト)フォーミュラ」というテンプレートです。
この「QUEST」とは、
①Qualify(見込み客の選別)
②Understand(理解・共感)
③Educate(教育)
④Stimulate(興奮させる)
⑤Transition(転換・申し込み後押し)
の頭文字をとったものです。
これは、マイケル・フォーティンというインターネットのコピーライターが考えたもので、
この流れで構成すれば反応が出るというものです。
僕も、社内のセミナーで教えてもらったのですが、
なかなか便利ですので是非マスターしてみてください。
最初の「Q」は見込み客の選別です。
インターネットの場合、見込み客はページに訪れた時に、まず「私のための何があるのか」を考えます。つまり、最初に「誰のもの」を示すことが効果的です。
そして次に「U」では、見込み客の悩み・心配・不安・痛みの共感を伝えます。つまり「あなたのその悩み、私も理解できますよ」と伝える訳です。人はわかってくれる人からものを買う傾向があります。
そして、「E」では問題を明確にして解決策を提案します。つまり、その商品の内容や買う事が最良の選択であることを伝えます。
続いて、「S」で、見込み客の欲求をさらに高めます。商品・サービスのメリットを列挙します。
そして最後の「T」はいわゆるクロージング部分です。価格や限定性などをアピールして購買に繋げます。
これで完成!
このテンプレートにサービス内容を当て込めば、それだけで出来上がりです!
簡単ですね♪
しかし!絶対に売れるランディングページになるかは別問題です。
同じ服屋さんでも、若い人が多い、年配の方が多いなどがあります。
同じご飯やさんでもサービス内容はそれぞれ違います。
会社それぞれに、持ったおられる客層はバラバラ。
なので、このテンプレートを使いながらも、
ご自身のサービスを見極め、
自社にとってのテンプレートに最適化していくことで
このテンプレートはより効果的に使えるはずです。
ですが、「人になにかを伝え、動かす」という根本は一緒なので
行き詰ったときに、是非一度活用してみてください。
それでは、本日はこの辺で。
さて明日は何食べようか、、、

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧