ディスプレイネットワークで本当に興味のあるユーザーだけを集める方法

こんにちわ

今回は口内炎が同時に3つできてしまった岡田が担当します。
口内炎ができると痛くて仕事への集中力を少し持って行かれますね。。。
今回はアドワーズのディスプレイネットワークのテクニックを紹介します。
あなたは自動プレースメントで広告を配信していて
プレースメントが荒れてしまったらどういう対応を取っていますか?
基本的には除外プレースメントとして不要なサイトを設定していくかと思います。
もちろん僕もそうしますし、それで正解だと思います。
ただ、除外だけだと追いつかない場合って多々ありますよね。。。
そんな時に僕がとっている対策が、
インタレストカテゴリーやトピックをキーワードと合わせて設定するという方法です。
この方法は設定してあるキーワードと、トピックもしくはインタレストカテゴリーの内容が
合わなければ広告が配信されないという設定です。
インタキーワード.jpg
上記画像の斜線がかかっている部分のユーザーにしか広告を配信しないという方法です。
一見、インプレッションが減ってしまってアクセスも少なくなってしまうのではないかと思うかもしれませんが、
僕が管理しているいくつかのアカウントでこの方法を試したところ、そういった現象は起こりませんでした。
特にお勧めなのは
キーワード+インタレストカテゴリーの組み合わせです。
興味関心があるユーザーが、キーワードに関連するサイトを見ている
時にしか広告が出ないので広告のクリック率やCVRが改善されました。
あなたの商材でもうまくハマるかもしれませんので
一度試してみてはいかがでしょうか?
今回はここまで!
また次回!
口内炎痛い(´;ω;`)
ビタミン不足かな…

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧