キーワード出しは楽して人に考えてもらう

こんにちは!
今回はPPCコンサルタントの青塚が担当いたします。

早いもので東日本大震災から3年が経ちました。
東日本大震災でお亡くなりになられた方々に心よりご冥福をお祈り申し上げます。

この時期になるとテレビなどで特番が多くなり当時の映像と一緒に
決まって次はいつ、どこで大地震がくるであろうという内容が流れますね。

それが本当なのかどうかということはわかりませんが
こうゆうタイミングでしっかりと思い返し、
いざという時の行動や備えについて考える必要がありますね。

では今回はリスティング広告を始めたばかりの方必見の
キーワード出しの際に便利なツールをご紹介したいと思います。

リスティング広告を始めたばかりの方はこのキーワード出しに苦戦する事も多いかと思います。
ユーザーがどのように検索をするか考えながら
自分でキーワードを考えてみてもすぐに限界がきてしまいます。

そこでまず最初にご紹介するのが「キーワードプランナー」です。
こちらのツールに関してはすでに使用されている方もいると思いますが念のために。
こちらは任意で入力したキーワードやリンク先のページからキーワードを探したり
そのキーワードの見積もり・検索ボリュームなどを調べたりすることができるツールです。

まずはじめに、運用ツールより『キーワードプランナー』をクリックし
上部の新しいキーワードと広告グループの候補を検索を選択し
その中にキーワードもしくはリンク先のURLを入力します。
商品カテゴリを指定して候補を出すことも可能です。

キャプチャ.PNG

キャプチャ2.PNG

いずれかを入力したら候補を取得をクリックします。
すると下記のように関連性の高いとされる順番にキーワードが表示されます。

キャプチャ3.PNG

表示されたキーワードをプランに追加していきそのままアカウントに追加することもできます。
出てきたキーワードから新たな複合キーワード考えたりといった時にもとても便利なツールです。

その他にも実際の検索画面にキーワードを入力した際に
表示されるサジェストというものがあります。

こちらは検索する際の手間を省くための検索キーワードの候補を出してくれる補助機能なのですが
ユーザーがよく検索するキーワードが表示されるので設定の際にも重宝します。
Google.png

この他にも以前にも1度ご紹介したことがありますが
サジェストを検索するツールなどもあります。
下記のツールはコレです。
https://ubersuggest.org/
キャプチャ5.PNG
キャプチャ6.PNG

このように様々なツールや機能を使用していくことで
設定の効率をアップ・時間の短縮につながることはもちろん
思いもよらないキーワードを発見することもできます。

そうは言ってもあくまでこれらのツールは補助的なものなので
まずは自身で商品やそのコンセプト・顧客層や顧客心理をしっかりと把握することが
絶対的な条件になりますので、ツールに頼りすぎることのないよう気をつけてくださいね!

それではまた次回!

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧