増税は広告文次第でチャンスに変わる!?

こんにちは!
PPCコンサルタントの青塚です。

僕は毎年この時期は花粉症のせいで目の周り、鼻の下が真っ赤になっているのですが
驚くことに今年はなんともありません!
花粉症は突然発症し、突然治ることがあると聞いたことがあるので、
そうであることを切に願っています。。。

さて、そんな花粉のピークでもある春ですが、
今年はある出来事が世間を賑わせていましたね。

それは何かというと、消費税率の改正です。
4月1日よりそれまで5%だった消費税が8%に引き上げられました。

消費税を引き上げることで、国の予算が増える、社会保障制度が安定する、
災害等による被災地の早期復興につながるなどといったメリットがあるようですが
デメリットとして国民の負担が増える、国内での消費が減る、
中小企業の倒産が増えるなどといったことが挙げられます。

将来的にメリットがあるとはいえ、企業側、消費者側としては
直近のデメリットの影響のほうが大きいのではないかと思います。

それを示すようにニュースでも連日、増税前にまとめ買いをしている
消費者の様子が度々報道されていましたが、同様に3月はリスティング広告での成果が
いつも以上に良かったという方も多かったのではないでしょうか?

さらに増税のタイミングに合わせて、サイトの価格表記の変更、広告文の価格変更、
お客様への案内など対応に追われていたものと思います。
そして増税後の4月以降しばらくの間は消費者の買い控えを心配する企業も少なくありません。

しかしリスティング広告において広告文の工夫次第では
他社との差別化を図るチャンスなのかもしれません!

4月に入ってから下記のような広告文を目にする機会が増えてきましたが
これらの広告文は、ただ増税の対応をした広告文です。

キャプチャ.PNG
キャプチャ1.PNG

消費者側の心理として一時的とはいえ、そもそもが3月までと4月以降とでは
同じ金額の商品でも割高感が出てしまい購買意欲は落ちてしまっているはずです。

広告文においてはいかに割高感を無くしお得感を出すことが
他社と比較された際に勝つポイントになるのではないでしょうか。

例えば、王道パターンでいくと〇〇%オフや送料無料などを含めた広告文は
今まで以上に効果を発揮するのではないかと思います。

その他にも価格を変更していないのであれば、増税にちなんで
価格据え置きなどといった文言や、今だけ特典付きなどといった
お得感、割安感を出していくことがより重要となってきますね。

まだテスト配信を行って5日程度とデータとしてはまだ少ないですが
価格据え置きパターンでテストをしていますが、
以前のものと比べクリック率は1%以上の差がでました。
キャプチャ1.PNG

そして2015年10月には更に消費税率が10%に引き上げられるので
あなたも今のうちから様々なテストを行い、ただ増税に対して表記の対応するだけでなく
広告文も工夫して競合とより大きな差別化を図るチャンスに変えていけるといいですね!

それではまた次回!

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧