管理時間大幅カット!リスティング広告アドワーズの役立つ”ラベル”の作り方&貼り方




こんにちは。リスティングプラス金丸です。  

 

さて、早速ですがGoogleのリスティング広告サービス、アドワーズのラベルって活用してますか?

ラベルっていうのはアカウント画面の以下の部分。

ラベル0.png

機能はアドワーズ管理画面上の「メモ書き」のようなモノですね。

 

「なんだ。ただのメモ書きか」と侮る事なかれ。

このメモ書きが結構役に立つんです。





うまく使えれば、長期的視野に立った運用がカンタンにできます。

たとえばこんな時。

キャンペーンの広告グループをチェックしてて、

(4月10日に今月の状況をチェックしているとする)

「あ、このグループのパフォーマンス悪いな〜。停止しようかな」

となった時。目標CPA1500とする)

ラベル1.png

ラベルで半年間のデータ(CPACV)をメモしておくと、

「今月悪いな〜。けど、ラベルによると半年で見たときはCPA良いし、

停止はやめよう。今月が悪い原因なんだろう?」→原因究明活動

となるわけです。

(※cv10-15は

「コンバージョン(cv)1件が1000円から1500円の間で取れてきてますよ」

という意味で用いてます。)

 

つまり、

自分で解りやすくラベルを貼ることで、

 ・運用時間の短縮

  (わざわざ1年間のデータと照らし合わせなくて良い)

   ・長期的視野に立った運用

  (今月の〇〇グループはずっと悪いのか、それともたまたま悪いのか)

が可能になるんですね。

この他にもメリットとして、

・”ABテスト中”のラベルを貼れば、テスト中であるとすぐわかる。

 (アカウント管理画面上で一元管理がしやすい

・キャンペーンごとの目標CPA記載

 (アカウント管理画面上で一元管理がしやすい

などなど

自由度は高く、役立つ場面は多いです。

 








さて、それではタイトル通り「ラベルの作り方&貼り方」をお教えします。

 

【ラベルの作り方】

[1]左下の共有ライブラリがある欄のとこの”ラベル”選択

ラベル2.png





[2]“+ラベル”を選択

ラベル作成時.png

[3]ラベル名記入して保存

このラベル名にはなんでも書けます。

ラベル名記入.png





[4]保存を押すと作ったラベルが出てくる

cv5.png

[5]作ったラベルの色を変更可能





ラベルの色がある所をクリックすると・・・

ラベル色1.png





カラーパレットが出てきて色を変更できます

スクリーンショット 2014-04-30 10.46.59.png





こんな流れでどんどんラベルを作っていきます。

スクリーンショット 2014-04-30 10.50.59.png

 

では次にラベルの貼り方です。

【ラベルの貼り方】

ラベルはキャンペーン単位でも、広告グループ単位でも、キーワード単位でも貼れます。

今回はキャンペーン内の広告グループに貼っていきます。

 

例として、7ヶ月間でコンバージョンが5件以上のものにラベルを貼ってみましょう。 





[1]任意の期間を設定。(今回は111日〜430までの7ヶ月間





[2]コンバージョン数でソートして、コンバージョン数が5件以上の広告グループを選択

コンバージョンソート&選択.png





[3]”ラベルを押下。すると、先ほど作ったラベルのリストが出てきます。

ラベルDL押下.png

[4]ここで5(コンバージョンが5件という意味)を選択して”適用”を押下。





すると、ラベルが貼付けられます。

ラベル適用押下.png

ラベルハリ.png





以上がラベルの作り方と貼り方です。

 

いかがでしたか?

 

ラベルをうまく活用すれば、

例えば「ここ1年でのパフォーマンスは〇〇で今月は〇〇」

だということが視覚的にすぐわかります。

 

うまく活用していきたいですね。

 

それでは次回!

 

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧