アカウントの構築にかかる時間を10分の1に縮める方法

アカウント設定時の時間を短縮することの出来る、AdWordsEditorとエクセル活用法をご紹介します。

こんにちわ!PPCコンサルタントの青塚です。

ここ最近、リスティング広告を始めて間もない方などに
管理画面の使い方やアカウントの初期構築の仕方などを教える機会があり
その中で毎回と言っていいほどビックリされることがあります。

普段僕たちは当たり前にやっていることなのですが
このようなリアクションをされる方が多いということは
まだ、知らない方も多いのかもしれませんね。

そこで今回は、キーワードや広告文の追加にかかる時間を10分の1に縮めることのできる
AdWordsEditorとエクセルを使った便利な方法をご紹介します。

あなたは普段アカウントにキーワードなどを追加する際に
どのような方法で設定を行っていますか?

もしも管理画面や、AdWordsEditorで一個づつ設定しているのであれば
絶対にこれ見ておいてくださいね。

では早速その方法について説明していきます。
まずはエクセルを使い追加を行うキャンペーン・広告グループ・キーワードを書き出します。

キャプチャ1.PNG

1広告グループ1キーワードで設定を行う際は、
広告グループをそのままコピペでキーワードの欄にいれればOKです。

次にAdWordsEditorでデータ表示でアカウント全体を選択し
キーワードタブを選択、複数の変更タブから複数のキーワードの追加/更新を選択します。

キャプチャ2.PNG

次の画面で先ほどエクセルで作成したデータをコピペします。

キャプチャ3.PNG

次にプレビューをクリックしキャンペーン・広告グループ・キーワード、
それぞれのデータの割り当てが正しいか確認をします。

もしもここで入力したデータと割り当てに間違いがあるようであれば
下記赤枠のタブをクリックし項目を入力データと合うように修正を行ってください。
その後、処理をクリックすれば追加完了です。

キャプチャ4.PNG

キャプチャ5.PNG

この他にも広告文を追加する場合は、
キャンペーン名・広告グループ名・見出し・広告文1・広告文2と同じ要領で必要なデータをエクセルに書き出します。

そしてAdWordsEditorに追加する際は先ほどと同じようにデータ表示をアカウント全体にし、
次に広告タブを選択、そして複数の広告文の追加/更新をクリックします。

キャプチャ6.PNG

次の画面で作成したデータを貼り付け、プレビューで確認をし問題がなければ
処理をクリックし広告文の追加が完了します。

キャプチャ7.PNG

たったこれだけの作業で済んでしまうのです。

こんな簡単なのに一個づつ設定をしていくのと比べると短縮できる時間は計り知れませんし、
これを知っているのと知らないのとでは作業負担はもちろん運用自体にも影響が出てくるはずです。

まだ知らなかった!という方は是非試してみてくださいね!

そして空いた時間をアカウントの分析や調整などに使い、
より効率的にアカウント運用していってもらえればと思います。

それではまた次回!

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧