5分で設定可能!リスティング広告で商品の価値を100%伝えるためのオススメ機能

GoogleAdWordsの広告表示オプションで使用することのできるコールアウト表示オプションをご紹介します。

新年明けましておめでとうございます。
PPCコンサルタントの青塚です。

新年最初の僕の投稿ではGoogleAdWordsのオススメ機能をご紹介したいと思います。

それは広告表示オプションで使用することの出来る、コールアウト表示オプションです!

リスティング広告でライバルに負けないために重要なことが、
限られた文字数の中で、いかに他社よりも自社の商品が優れているかを伝えるということ、
いかに商品の特徴や魅力を伝えられるかがユーザーを呼びこむ鍵となります。

「でも、伝えたいことが多すぎて書ききれない!」なんて方も少なくないのではないでしょうか?

そこで役に立つのがこのコールアウト表示オプション機能なのです!

コールアウト表示オプションとは?

この機能は別名でキャッチフレーズ表示オプションとも呼ばれている機能で、
商品やサービスの特徴を端的に表す(年中無休・セール実施中といった)言葉を設定することができます。

文字数は半角で25文字以内、全角で12文字以内で設定することができます。
また、サイトリンク表示オプションにも似ていますが、
コールアウト表示オプションにはリンクを設定することはできません。

コールアウトは複数の設定が可能で、1度に最大で4つまで表示することができます。

コールアウト表示オプションの設定方法

では実際にどのように設定していくのかというと、
まず始めに管理画面より「広告表示オプション」を選択し、表示から「コールアウト表示オプション」を選択します。

※コールアウト表示オプションはキャンペーン単位、グループ単位で設定することができるので
設定に応じてキャンペーンまたは広告グループを選択しておく必要があります。

キャプチャ.PNG

次に「+新しいコールアウト」を選択し、コールアウトの登録を行っていきます。
その際に、デバイス設定でモバイルだけのコールアウトや、スケジュール設定を使い
期間限定のコールアウトを設定することもできます。

キャプチャ2.PNG

あとは作成したコールアウトを選択して保存すれば設定は完了です。
時間にして5分もかからないぐらい簡単に設定することができます。

キャプチャ3.PNG

下記は実際に表示された広告になります。

コールアウト表示オプションを使用することで多くの特徴を記載することができているのがわかります。

また通常の広告よりもテキスト量が増えるため広告の幅も大きくなり視覚的にもより目立ちます。

キャプチャ4.PNG

 
設定時の注意点

コールアウト表示オプションを使用する際に気をつけてもらいたい点として、
コールアウトを表示させるには他の広告表示オプション同様に掲載順位が1位~3位のプレミアムポジションに広告が掲載される必要があります。

また、コールアウト同士の重複や繰り返し、広告文、サイトリンクテキストとの重複は
ポリシー違反となり不承認となってしまうため注意が必要です。

そのほかにも、キーワード挿入機能の使用は不可能、コールアウトの設定は
キャンペーン→広告グループと下層の設定が優先されるのでこれらを注意して設定を行ってくださいね。

まとめ

コールアウト表示オプションは冒頭でもお伝えしましたが、
広告文には載せきることのできなかった、商品の特徴を簡単に表示することができるといった点やサイトリンク表示オプションや、住所表示オプションなど他の広告表示オプション機能と併用して使うことができるため広告が掲載された際に他の広告よりも大きく広告を表示させることができるのでぜひあなたのアカウントにも設定してみてくださいね!

それではまた次回!

10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー募集

ライバルと差別化したホームページを作り、少ないリソースで売上を最大化する具体的手法を公開!

細かいABテストや新手法でライバルに差をつける必要がないので、資金や人的リソースの限られる中小企業様に必ず身に着けていただきたい手法です。

今すぐ最新の売れるホームページ集客ノウハウを手に入れる
10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー

関連記事一覧