Chrome拡張機能で簡単にウェブページの改善ポイントを発見!?

皆さんこんにちは。

リスティングプラスの川口です。
僕の周りでは、風邪がはやっているので皆さんも気をつけてくださいね!
さて、今回はChrome拡張機能「Page Analytics(by Google)」をご紹介しようと思います。
普段皆さんはサイト解析などでGoogleAnalyticsなどをお使いになられると思いますが
ウェブページでどこがよくクリックされてるんだろう?
どこみれば分かるんだ?
なんてことはありませんでしょうか。
今回、ご紹介する「Page Analytics(by Google)」では簡単にクリックされてる場所を見ることが出来ます
「Page Analytics(byGoogle)」の設定方法
まずは、Chrome拡張機能で「Page Analytics(by Google)」を下記リンクから追加してみましょう。
「Page Analytics(by Google)」
まずは右上の「無料」ボタンをクリック
1.png
次に、「追加」を選択

2.pngのサムネイル画像

画像のアイコンが入っていれば完了です。
簡単でしたね!

3.png

「Page Analytics(by Google)」の使い方
 
では、早速使ってみましょう。
まず、Google Analyticsにログインしているかを確認しましょう。
ログインしているようでしたらGoogle Analyticsを設置しているサイトを開くだけでページ上部に各データが出てきます。
kawaguchi4.png
さらに、各リンクのクリック数、クリック率まで分かります。

5.png

さらにさらに、右上の色のついたボタンを押すと

6.png

リンクがクリック率ごとに色分けされるので大変便利ですね。
7.png
もちろんGoogle Analyticsと同じように、期間の設定やセグメント毎、比較と出来るので
ブラウザ上でも多くの数値が把握でき改善のポイントが見つけられますね。
まとめ
皆さんのウェブページも可視化してみることによって
今まで気づかなかった点やページ全体の構成や流れの見直しにつながると思いますので
是非、お試しください。
それではまた次回!
 
 
 
 
 

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧