YouTubeアナリティクスを使わないYouTube動画広告は効果半減!?

最近話題になっているYouTube動画広告、実際にやってみたけど、パフォーマンスが良いのか分からない、または、どう改善すればよいのか分からないという方必見! YouTubeアナリティクスを活用して動画広告を効率的に運用する方法を解説します。

こんにちは。

リスティングプラスの川口です。
昨年末にはHIKAKINさんをはじめとする、YouTuberがテレビCMで大々的に取り上げられるなど、
最近では動画広告も認知が高まってきています。
YouTube広告始めました!という方も増えてきたのではないでしょうか。
でも実際にやってみて、どう改善するんだ?という方も多いはずです
そこで今回は、動画の改善に役立つパフォーマンスデータを確認することができる
「YouTube」アナリティクスについて少しご紹介できればと思います。
では、実際にYouTubeアナリティクスを使って動画のパフォーマンスを分析してみましょう!
まず、YouTubeアカウントにログインをして
右上のアイコンをクリック⇒クリエイターツールをクリック
b.png
下記、画面になるので 「アナリティクス」をクリック!
c.png
これでYouTubeアナリティクスの画面にアクセスすることができます。
ここではアップロードしている動画全体のパフォーマンスが見れます。
簡単でしたね。では、早速YouTubeアナリティクスを見て行きましょう。
d.png
まずは、「トラフィックソース」を確認してみましょう。
トラフィックソースとは動画の再生につながった
外部サイトやYouTube内のどのリンクから再生されたかが分かります。
このアカウントでは関連動画からの再生が多い傾向があることが分かります。
YouTube広告を出されている方は
トラフィックソースに「YouTube広告」が出てきますので
動画の再生回数などをここでも確認が出来ます。
e.png
次に、視聴者維持率を見てみましょう
ここでは、平均視聴時間や平均再生率が確認できます。
平均視聴時間とは
選択したコンテンツ、期間、地域での 1 回の視聴あたりの推定平均再生時間(分)です。
平均再生率とは
 視聴者が1 つの動画全体のうち 1 回の動画視聴で再生した割合の平均が見れます。
これを見るだけでも、
 
どの動画がよく見られているのか、見られていない動画はどれなのかが分かりますね。
 
よく見られる動画と見られない動画の違いは何か?
 
この辺を考えていくと色々と気づくことがありそうですね。
f.png
続いて、YouTube広告などでアノテーションを活用されている方は
こちらが参考になるのではないでしょうか。
動画ごとのアノテーションのクリック数、クリック率が分かり
リンク先への導線として強い動画はどれなのかがここで分かりますね。
アノテーションに使うボタンの色やテキストを変えるだけでも
クリック率が大きく変わることがありますので是非、試してくださいね。
g.png
このように、ざっと見るだけでもいろいろな改善点が見えてくると思いますので
動画広告をすでにされている方は是非、改善ポイントを探してみてください。
これから始められる方もこれを参考にどんどんチャレンジしてくださいね!
それでは、また次回。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧