どんどんA/Bテストがしたくなる!Optimizelyを絶対に導入した方が良い理由とは?

A/BテストツールOptimizelyについて解説します。Optimizelyの良い点として、管理画面上で感覚的にシミュレーションすることで、自由にテスト内容を発想することができる点があります。 今回はその点についてより詳しく解説しています。

こんにちは、リスティングプラスの名川です。

最近は、ずいぶんと暑くなってきましたね。
もうすっかり初夏です。
つい先週までは、肌寒くてカーディガンやニットを着ていたのに、
あっという間にシャツ一枚に変わりました。
皆さんも慌てて衣替えしたのではないでしょうか。
実は私は春服というものをまともに買った事がありません。
なぜなら出番がないからです。
冬:ダウン
春:シャツ
夏:Tシャツ
私が春服にチャレンジできる気温は15~20℃と思っているんですが、
そんな気候は、東京では1週間も続かない気がします。
今年ももうすでに最高気温25℃になっているではないですか。
もうシャツでいいじゃないですか。
それでは、本題に入ります。
今回は、以前私が紹介したA/Bテストツールの「Optimizely」について、
お伝えしきれなかった点について追加で解説していきます。
以前の記事を読まれていない方はこちらからどうぞ。
まず、「Optimizely」ついてのおさらいですが、
このツールは、A/B テストを手軽に、かつ迅速に行うことができる
最適化プラットフォーム(Optimize は「最適化する」という意味)です。
つまり、A/Bテストに必要な機能がWeb上の管理画面に集約され、
そこで設定や変更、テスト結果の集計までできるツールということですね。
いちいちhtmlソースをいじったり、画像編集ソフトを使って画像を制作する必要がなく、
ウェブ上でA/Bテストの実施に必要な全ての作業を完結することができます。
しかし、Optimizelyは単にA/Bテストを手軽にするためだけのものではありません。
このツールを使と、今まで考えもしなかったA/Bテストの発想がしやすくなるのです!
前回の記事をご覧になって、
・テストできるのは、1ページとか制限があるんでしょ?
・うちのサイトはアクセス数があるから、そんな無料ツールじゃ使えないよ。
・テストページのバリエーション作成にはタグの設置が必要なんでしょ?
と思われたかもしれませんが、そんな心配は無用です。
Optimizelyは、無料アカウントでも1つのアカウントで何ページでも制限無くA/Bテストができますし、
アクセス数にも制限がありません。(ただし、テストを実行できるドメインは1つのみです。)
さらに、実際のA/Bテストの開始にはタグが必要になりますが、
A/Bテストのバリエーションを画面上で確認するためのシュミレーションだけであれば、
URLのみで試す事ができるのです。
※無料アカウントの作成は必要です。
では、より詳しく解説していきましょう。
今回はテキストの編集についてご紹介します。
burogu1.png
上記の図は、Optimizelyを使ってブログの見出しの
テキストの大きさや色を変更しています。
いかがでしょうか?
ボタンの色のテストは過去に行っているかと思いますが、
テキストの大きさではどうでしょうか?
フォントの大きさを変えることで、スマホからの見やすさが変わるかもしれません。
こういう作業も簡単にできるんです!
burogu3.png
まずは、テキストを選択。
その後、要素の編集からスタイルの編集を選択します。
burogu4.png
色と背景の変種からフォントの色を選択することで変更ができます。
非常に簡単ですよね!
ペイントソフトを使っているぐらいの気軽な感覚で変更ができます。
色の変更は、印象を大きく変えますし、ユーザーの目線を誘導する効果も
期待できる要素です。
スタイルの編集で変更できる要素は、
サイズ、色、フォントスタイル、太字、背景色、配置、ボーダーなど
ほとんどの要素を編集できます。
もちろんhtmlベースで書き換えることができるので、
ソースコードに詳しい方はそちらでも可能です。
さらに、この機能を使うと以下のようなユニークなテストのバリエーションも作れます。
burogu5.png
よーく見てください。
burogu6.png
何か文字が追加されてますね。
burogu7.png
これ以外にも、
burogu9.png
こんなバリエーションを作成することも可能です。
実際にこれが良いテスト結果につながるかは正直わかりませんが、
今までは発想もしなかったテストのバリエーションを気軽につくることができるのです。
Optimizelyを使うと、A/Bテストに必要な作業が減り、負担が少なくなったことで
A/Bテストのハードルが非常に低くなります。
そして、そこでできた余裕で様々なテストを発想することが可能になるのです。
Optimizelyを使ってぜひ自由な発想で、多くのテストを実施してみてください。
それが思わぬ改善につながる可能性があるはずです。
・うちのブログ、もう少し色味を増やして見栄えを良くしたいな。
・この文字もう少し大きくしたいけど、外注に頼んでるからフレキシブルに動けない・・・。
・もう少し文字のサイズを調整して読みやすくしたいな。
など、ウェブ担当者であればこんな風に感じることが良くあるかと思います。
そんな思いをA/Bテストで実際に検証するということが、
非常に気軽にできるようになります。
これはリスティング広告運用者のみならず、
自社のサイトでどっちの色のほうがクリック率が高いのか、
文字のサイズを大きくするとセッション時間が長くなったのなど。
実際にテストしてみないと、データとして変化がわからなくなってしまいますので。
これを気に無料アカウントでOptimizelyの導入を考えてみてはいかがでしょうか。
それでは、またお会いしましょう。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧