リスティング広告運用にかかる時間を大幅節約!YDN広告に入札価格の一括調整機能が登場!

Yahoo!プロモーション広告に、新機能として入札価格の一括調整機能が登場!リスティング広告運用にかかる時間を大幅に短縮できる便利機能でおすすめです!
こんにちは。リスティング広告コンサルタントの高橋です。
今日はリスティング広告運用者の方に朗報です!
Yahoo!プロモーション広告のYDN広告に、「広告または広告グループの入札単価一括調整機能」がリリースされました。
今までかなり時間がかかっていた、YDN広告の入札単価調整の時間を大幅に短縮できる便利な機能なので、ぜひリスティング広告運用をされている方はマスターしましょう!
早速、どのようにこの機能を使うか解説していきます。
まずは、YDN広告のアカウントで、入札単価を調整したい、「広告タブ」、または「広告」グループタブを選択して一覧画面に移動します。
02070.jpg
次に、一括で変更したい広告・または広告グループの左のチェックボックスをクリックして、変更の対象の広告・広告グループを選択します。
02071.jpg
ちなみに、各広告や広告グループのチェックボックスの一番最上部にあるチェックボックスを選択すると全ての広告や広告グループを選択することができて便利です!
02072.jpg
また、ここでもう一つ時短技を紹介します!「範囲を指定して複数の広告や広告グループを選択する」方法があります!
まず、どれか一つの広告または広告グループのチェックボックスをクリックして選択します。その後、「選択したものよりも上部または下部にある広告や広告グループを、シフトキーを押しながら選択する」とその間にある全ての広告や広告グループをまとめて選択することができるのです!
02073.jpg
意外とこの技は知られていないので、知っていると自慢できますよ。
以上のように一括調整をしたい広告や広告グループを選択できたら、次に編集ボタンを押します。
すると、編集モードになりますので、追加で表示された「入札価格の一括調整」ボタンを選択します。
02074.jpg
続いて、ポップアップウィンドウが開いて、選択した広告や広告グループに対してどのように入札単価の変更を加えるかの変更を指定します。
入札単価の変更は、引き上げまたは引き下げを選択。さらに円または%を選択し、さらに変更の値を数値で指定をします。
調整後の価格を一定金額以上にはしたくない場合には、調整後価格に上限を設定するの項目にチェックをして金額を指定すると入札単価の上限金額を指定することができます。
02075.jpg
入札単価の調整率の指定ができたら、OKボタンを押すと、選択した広告または広告グループに入札単価の調整が反映されます!
このように、入札単価を一定の割合で調整したい、または一定金額引き上げたり、引き下げたいという時にも素早く変更ができるようになりました
今までは、範囲選択を駆使したり、インポート機能を使ってエクセルなどで入札単価を一括調整をする必要がありましたが、この機能が追加されたことで非常にスピーディーに単価の調整をすることができるようになりました。
時間短縮の感覚としては、以前に比べて半分くらいで作業ができるようになりましたね。
みなさんもぜひこの一括調整機能を活用して、リスティング広告の運用調整の時間短縮に活かしてくださいね。
それではまた会いましょう!

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧