ヤフースポンサードサーチの仕様変更について最新情報!

ヤフースポンサードサーチの最新情報であるアドバンスドURLに付いて解説しています。
こんにちは!
リスティング広告コンサルタントの岡田です。
最近どんどん暖かくなって四季の変化を感じますね~
4月になり就職した方や転職をした方などは環境の変化も
感じているのではないでしょうか?
変化しているといえばヤフースポンサードサーチにて
仕様変更が行われるのはご存知でしょうか?
変更内容としては広告のリンク先URLが
アドバンスドURLに変わるというものです。
現在移行期間に入っており
2016年4月13日~2016年10月までに現在設定している広告の
リンク先URLを変更しなければいけません。
これはヤフースポンサードサーチにて広告を実施している
すべての広告主が対象となります。
この期間内にリンク先URLを変更しなければ
広告は2016年10月以降掲載されなくなってしまうので
必ず実施をしましょう。
そもそもアドバンスドURLって何?
という方も多いのではないでしょうか。
アドバンスドURLはヤフースポンサードサーチの質を上げるために
導入される仕組みで検索ユーザーを守るためのものになります。
これまで表示URLとリンク先URLはドメインが一致していなくても
広告の不承認になりませんでしたが、アドバンスドURLになることで
一致していないと広告掲載ができなくなります。
これによってユーザーを騙して広告をクリックさせていた
悪質な広告主の広告を排除でき健全な検索エンジンになると期待できます。
悪いアフィリエイターの方が、指名キーワードなどで公式と表記し
表示URLを公式サイトのものにしていたケースが見られたので
この対応は非常にいいものだと個人的に思います。
(そもそもはじめからそうしとけよとも言えますが。。。)
イメージとしては以下の様な形です。

top_p13_A_.png

一番大事なことは現在リンク先URLを広告の効果測定用に
実際のLPのURLとは違うカスタムされたものを使用しているケースです。
現在AdWordsの運用をしている方であれば馴染みがあると思いますが、
アドバンスドURLではURLオプションという項目が設定できるようになっており、
そちらに計測用のURLを設定する形となります。
これまで通りリンク先URLにカスタムされたURLを設定すると
不承認になってしまいますので注意が必要です。

top_p13_B.png

詳細は以下のリンクをチェックしてみてくださいね。
今後もリスティング広告に仕様変更があった場合には
随時PPCラボにて皆さんに告知をしていきます。
流れの早いネット広告の変化について行けるように
最新情報をしっかりとチェックして行きましょう!!
今回はここまで
また次回!!

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を最大化する7つのポイント

無料でPDFファイルを
ダウンロードする(全161ページ)