新たな広告フォーマットでクリック率20%アップ!?Google アドワーズの拡張テキスト広告とは?

Google AdWords の(拡張テキスト広告-ETA)がフルローンチ!従来より情報量の多いフォーマットに変わった内容についてまとめています。
こんにちは、リスティング広告コンサルタントの石井です。
社会現象にもなったポケモンGO。先日、井の頭公園にいったらみんながみんなスマホの画面を
見ながら歩いていたので、異様な光景とはまさにこのことだ!と感じました。笑
みなさん、ながらスマホは危ないですよ!
 
 
さて、 今回ご紹介するのは、先日Googleから公式発表があった「拡張テキスト広告-ETA」になります。
リスティングプレイヤーからすれば今回のアップデートは、テキスト広告の革命ともいえる内容なのですが、
一方、普段運用をしない方からすればなんとなく文字数が増えたねという感じです。
 
 
しかし、知らなきゃ損すること間違い無しのアップデート内容なので、しっかりポイントをまとめていきたいと思います。
 
 
■拡張テキスト広告(ETA)とは
 
ひとことでいうと「従来よりも広告文が長くなりました」ということです。
というのもスマホ黄金時代の到来に合わせ、スマホ向けの広告仕様に変更になったのです。
 
従来のフォーマットと比較するとこんな感じになります。
 
《従来フォーマット》
タイトル ○○○○○○○○○○○○○○○ (半角30文字:全角15文字)
説明文1 ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ (半角38文字:全角19文字)
説明文2 ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ (半角38文字:全角19文字)
表示URL ppc-master.jp (半角35文字)
最終ページURL https://ppc-master.jp/service-list/
 
《新フォーマット》
タイトル ○○○○○○○○○○○○○○○-○○○○○○○○○○○○○○ (半角30文字:全角15文字×2)
説明文 ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ (半角80文字:全角40文字)
表示URL ppc-master.jp/service-list/00{任意で2つのパスを設定可(半角15文字/半角15文字)}
最終ページURL https://ppc-master.jp/service-list/
 
※表示URLは、最終ページURLから自動でドメインを抽出
 
《拡張テキスト広告 参考画像》
 
拡張テキスト.png
 
《通常テキスト広告 参考画像》

 

通常テキスト.png

 

これまでのテキスト広告と比較すれば、スマホの広告タイトルがいかにインパクトの大きいものになったかがわかりますね。
 
■拡張テキスト広告(ETA)の成果は
広告主によっては、テスト段階でクリック率が20%上昇したという事例もあるそうです。
弊社で運用しているアカウントでも、クリック率が平均1.5~2倍アップしていることが確認できています。
 
 
244cf8de323a8fb6b8038ddccf0df950.png
 
(ジャンル:健康食品)
 
しかし、CTRはあがったもののCVRがついてきていないという事例も少なくはありません。
なので実際のパフォーマンスと見比べながら最適化を図ってみてください。
また、拡張テキスト広告はただ単に文字数を増やしたというわけではなく、そこには
増えた文字数の中でよりユーザーに有益な情報を伝えるということを意図していると考えられます。
時代はモバイルファーストの流れにあり、先日の右側広告の廃止からも考えられるのは、
パソコンから閲覧した場合もよりスマホに合わせた見え方を意識しており、今後もこのような
スマホを意識したアップデートが増えてくるのではないかということが予想されます。
なので、都度行われるアップデートに対してしっかりと仕組みを理解したうえで
ユーザーに有益な情報を届けられるよう有効活用していきたいですね!それでは。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧