Facebook広告の運用に便利!【広告マネージャアプリの使い方】

今回はスマホからFacebook広告のアカウント管理を行うことができる便利なアプリ、Facebook広告マネージャについて解説します。

Facebook広告の運用において広告マネージャは必要不可欠ですよね。
その広告マネージャがパソコンからだけでなく、スマホからもチェックできるようになりました。

このアプリを使えば移動中や外出中ですぐにパソコンが開けないという時などに、すぐに対応することが可能です。
このアプリはiOS、Androidどちらも対応してるのでれぞれのストアで【Facebook広告マネージャ】で検索することでダウンロードすることができます。

Facebook広告マネージャを使ってできること

一部PCでしか操作できないものもありますが、Facebook広告マネージャを使用することで以下のことができるようになります。

・キャンペーンの作成
・広告編集
・パフォーマンスの確認
・プッシュ通知の受信

 
では、それぞれを詳しく解説していきます。

キャンペーン作成

画面下の【+】ボタンをタップすることでキャンペーンの作成画面へと移行するので、既存設定の複製または新規作成のどちらかを選択していきます。

新規の場合、基本的にはPCから設定を行うのと同じように設定していくことができますが、Facebook広告マネージャでは

「投稿の宣伝」
「動画の再生数を増やす」
「ウェブのトラフィックを増やす」
「メッセージでの問い合わせを増やす」
「ページを宣伝」
「イベントを宣伝」

 
の6つの目的から選択していく必要があります。

続いてキャンペーンのコンバージョンイベント、広告設定を行っていきます。

ここで注意すべき点として、Facebook広告マネージャでは、PCと違ってストック画像を使用することができないということです。
その為スマホから設定を行う場合、素材を予め本体に保存しておくか、その場で撮影する必要があります。
(※既に広告アカウント内に保存してある画像は使用可能です。)

これらの設定が終わったら次にターゲット、予算と掲載期間それぞれを設定していくのですが、こちらもPCで行っていくのと同じように設定していけるので特に戸惑うことはないでしょう。

各種項目の編集

広告セット、広告を表示させた状態で【編集】をタップするとパソコンで操作すると同じように各設定が可能です。

【設定可能内容】
・地域
・配置
・ターゲティング
・年齢
・性別
・予算
・配信期間

その他にもキャンペーンや広告のオン・オフも可能です。
先ほどのキャンペーンの作成と違い、制限もほとんどなく簡単に行えます。

Twitter広告で使えるターゲティング一覧Twitterでは以下の9種類のターゲティング設定が可能です。それぞれの特徴やメリットを紹介していきます。①地域(エリア)ターゲ...

 

パフォーマンスチェック

広告のパフォーマンスについては、PCからしか見れないものもありますが、重要な項目については概ね確認可能です。
こちらについては下記の表を参考にしてもらうといいでしょう。
なお、データの期間については【通算】【7日】【1日】と見られる期間が限定されているため期間においては少し不便に感じる部分ではあります。

パフォーマンスチェックに便利な機能

アカウント内のキャンペーンのパフォーマンスを並べて比較できるという機能も備わっています。
アカウントを選択し、スクロールをしていくと並べて比較ボタンが出てきます。

作成した全てのキャンペーンの配信結果を表で比較することができるとても便利な機能です。

フィルタ機能もついていますので、動いているキャンペーンだけや停止しているキャンペーンなどお好みで表示を変えることができます。

プッシュ通知

プッシュ通知の受信では配信中のFacebook広告についての様々な情報を受け取ることができます。

通知の種類は大きく分けて2つあり「キャンペーンのパフォーマンスに関する情報」と「アカウントの支払いに関する情報」とこの2つです。
受け取りたい通知は各項目で選択することができますので、常に把握しておきたい情報を設定しておくことで、アカウントの数値変動・変化にすぐに対応できます。

このようにFacebook広告マネージャをスマホに入れておけば、移動時やPCが開けない環境であってもすぐに対応することが可能です。

Facebookアプリでも操作可能

実はモバイル版Facebookアプリ(投稿などを確認できる通常のアプリのこと)でも広告マネージャを使用することが可能です。

ただし、広告マネージャアプリよりも制限が多く配信のオンオフがメインで編集などは行えません。
新規作成も可能ではありますが、Facebookページの宣伝、投稿の宣伝のみとなります。

細かい部分まで操作したい!という方にはやはり新規作成から編集まで行える広告マネージャアプリがおすすめです。

まとめ

パソコンと全く同じように作業することは難しいですが、配信状況を確認していく上では入れておいて損はありません。
特に長時間パソコンが見られないという場合などには特に最適です。
パソコンでしか管理できないと思われがちですが、専用アプリが用意されているのでこれをきっかけに使用してみてくださいね!

Twitter広告は3種類。その特徴は? Twitterには3つの広告の種類があります。1.プロモアカウント2.プロモツイート3.プロモトレンド3つの種類の特徴をご紹介いたしま...

10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー募集

ライバルと差別化したホームページを作り、少ないリソースで売上を最大化する具体的手法を公開!

細かいABテストや新手法でライバルに差をつける必要がないので、資金や人的リソースの限られる中小企業様に必ず身に着けていただきたい手法です。

今すぐ最新の売れるホームページ集客ノウハウを手に入れる
10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー

関連記事一覧