今さら聞けない!リスティング広告で店舗集客をする際の3大ポイント

一昔前は店舗の集客と言えばチラシ、クーポン、看板と完全にオフラインで地域に根づいた方をお客様として呼び込むのが定石でした。

時代は変わり、現在はWebを利用した集客手段も豊富になっています。

その中で自社のサイトを上位表示できるリスティング広告は近年チラシや看板よりも積極的に利用され始めています。

今回はリスティング広告で店舗集客をしている方や代理店で店舗集客のリスティングを行なっている方向けに絶対外せないテクニックをご紹介します!

広告出稿には欠かせない、広告表示オプションを網羅しよう!

リスティング広告も今では書籍や動画等で無料で設定方法を知ることができます。
そのノウハウに基づけばある程度は広告出稿までの形にすることは簡単です。

※他院と差別化したり、狙った層への広告配信を重視する際には考え抜いて広告を作成することにはなります。

特に店舗を持っている場合は、Google社より設定面のサポートをしてもらえたりと手厚いサポートを受けられるケースもあるようです。

上記の背景もあり、今となってはチラシやポスティング並にリスティング広告は一般的になってきたと言えます。
今やHPを持たれている店舗の経営者であるならば殆どの人が手を出している集客手法です。

そのなかでも「広告表示オプション」は設定をしていない店舗も多く、既存の広告文に一工夫を加えるだけで訴求を増やす事が可能です。

広告表示をオプションとは?

広告表示オプションとはその名の通り、設定している広告に対してのオプションです。
一言でいうと、追加情報といったところでしょう。

例えば、店舗への電話番号を記載したり広告のリンク先とは異なったリンクを複数用意できたりと広告文で決められた文字数制限外でお客様へのビジネスアピールができる機能です。

※オプションは管理画面の下記で設定が可能となっています!
 

 

次に店舗集客を行う際に必須なオプションをいくつか紹介していきます!

メッセージ表示オプション

タップするとショートメール(SMS)の画面へ遷移し、実店舗へのメッセージを送ることができる機能です。
電話に出れない時、時間外のお客様からの質問や問い合わせの対応もできるといった設定です。

※画像はあくまでもイメージです。

サイトリンク表示オプション

サービスごとのメニューを展開したり、住所(店舗へのアクセス)やスタッフ紹介を記載することが可能です。
お客様の求めているであろう情報を設定することを推奨いたします。

住所表示オプション

GoogleマイビジネスというGoogleが提供している店舗集客向けのビジネスと連携をすることで、掲載が可能になります。
店舗の位置情報を広告文と共に訴求することが可能です。

Googleマイビジネスについて知りたい方はこちら↓

リスマガ【Web集客の教科書】
 
リスマガ【Web集客の教科書】
Web集客の基本から最新ノウハウまで!現役コンサルタントが、リスティング広告やWebマーケティングの情報をわかりやすくお伝えします。

Googleマイビジネスの公式コミュニティ上で、更新情報がリリースされましたのでそちらの情報について解説します。今回のGoogleマイビジネスのアップデートは、デリバリ...

 

電話番号表示オプション

広告文に電話番号表示を行うことが可能です。

コールアウト表示オプション

サービスの特徴等を設定できるオプションです。
駐車場完備、予約制等の広告文に載せるほどの情報ではないけれどもアピールしたい点がある方にはおすすめですし、広告文で伝えきれなかった点を補足する意味でも外せないオプションです。

構造化スニペット

Google広告で定められたカテゴリーを基に設定を行う、オプションです。
選定カテゴリーは下記の通りになります。

おすすめのホテル
コース
サービス
スタイル
タイプ
ブランド
モデル
学位プログラム
周辺地域
設備
到着地
番組
保険の保障

 
例えば治療院の場合ですと…
 カテゴリ:サービス
 内容:腰痛の施術、ぎっくり腰の施術、坐骨神経痛の施術、脊柱管狭窄症の施術
といった具合になります。

カテゴリに対して適切な内容を設定しなかれば広告のオプションに対して審査落ちが生じますので、慎重に設定を検討してみてください!

配信時間にも気を配ろう!広告スケジュール設定

店舗経営の方は始業~終業時刻が決まっている場合が多いです。
そのため、電話に出れる、お問い合わせに迅速に対応できるのも営業時間という事が殆どなのが一般的です。

広告の配信時刻はデフォルトの設定ですと24時間の出向になっています。

配信時間を調整することで、無駄な広告費用を抑えられる可能性があります。

電話がメインの店舗であれば営業時間内での配信、24時間の問い合わせを受け付けているようであれば、ここも調整を行い設定をすることで効率の良い配信が可能です。

また定休日等も配信を停止することは可能ですので、問い合わせが来る確率が低かったり対応できない時間や曜日の配信は是非とも見直してみましょう!
 

 

店舗集客には欠かせない、地域設定

Web広告の利点は細かな調整が行えるところです。
日本全国に広告を配信することができたり、特定の区、市、村へ広告へ配信したりと詳細の設定が可能です。

例えば新宿に構えている治療院があるとします。
もちろん新宿区は広告配信エリアとして適しているでしょう。ですが、渋谷区や千代田区等の地域も隣接地域だからといって広めても良いものでしょうか。

答えはやってみなければわかりません。

新宿に住居を構えている人や職場のある人、実家のある人等とその土地へ足を運ぶ理由は個人の行動で変わってきます。

都内は電車という交通手段が頻繁に使われますので、路線を替えてでも来る方や東京でいうと埼玉、千葉、神奈川等のアクセスが近い地域からの来店も期待できます。

また、構えている店舗が市場で独自性のあるものであれば地域を広げたとしても、集客は期待できるでしょう。
「腰痛」という症状に対して、アロマや炭酸を用いた施術であれば他の治療院が行っている所は早々ありません。

広告を出すこともそうですが、いかに市場で勝ち残るかを考えることも重要になります。

さらに、郊外になってくると電車というよりは車での移動がメインになります。
その際には車から何時間といった形で範囲設定を行っても良いでしょう。

地域を設定する上で判断材料になるのは、チラシやポスティングの効果の出ている地域かどうかです。
チラシやポスティングで成果の出ている地域内であれば十分来院してもらえる距離感だと考えることができるの、範囲設定をしても良いでしょう。

反対に、チラシやポスティングの届かない行き届いていない範囲へあえて拡大するのも実験的な視点からありかと考えることもできます。

重要なのは集まったデータから、何を連想し行動するかです。

店舗でのアカウント作成ノウハウ~キーワード編~

初めてリスティング広告を出稿される方でも抑えて頂きたいのがキーワード選定です。
いわゆる、そのキーワードを検索したユーザーへはできることなら絶対に広告を出したいユーザーに向けたキーワード選定です。

具体的には「地域」×「〇〇」です。

リスティングプラスを例に出すと、「新宿 広告代理店」「広告代理店 西新宿駅」等になります。
治療院で言いますと、「新宿 整体」「西新宿 腰痛」「腰痛 新宿駅」等が該当します。
読み取れますのは地域で検索しているユーザーはその周辺で店舗を探している確率が高いことが言えます。

「新宿 整体」で検索しているユーザーは「新宿駅辺りで整体はないか」と探している事が予測でき、そこへ広告表示できれば広告へのクリック、サイト閲覧、問い合わせまで誘導することができます。

上記の理由から地域名はできるだけ網羅しましょう。

似たような理由で「近く」「現在地」「周辺」等を組み合わせたキーワードも成果がでるキーワードと予測できますので、お試ししても良いかもしれません。

店舗でのアカウント作成ノウハウ~広告文編~

店舗のリスティング広告は屋号名+「お任せ」という表現で溢れています。
実際にユーザーが「髪を切りたい」「腰痛を治したい」「美味しいものが食べたい」といった際に広告は魅力に映るでしょうか。

答えは否です。

広告文書には店舗にユーザーが訪れた際にどうなるか、をイメージできるものを用意すると良いでしょう。

例えば、
腰痛⇒痛みが改善される
飲食⇒満足、お腹いっぱい、映える(写真生え)
美容院⇒お洒落になる

広告を力を込めて作ることでクリックされている、成果の出ている広告といった形である程度の傾向が見えてきます。
反応の取れている文言を元にサイトの修正やチラシの内容を変える等の他の動きへ活かすこともできます。

そういった意味でも上記でも述べた他店との差別化部分やユーザーにとってのメリットを盛り込み最低でも3種類の広告は用意しましょう。

店舗でのアカウント作成ノウハウ~除外編~

除外の設定は細かい設定になります。
リスティング広告ではキーワードの設定によっては意図しないキーワードからもアクセスを集めてしまう場合があります。

これはGoogleやYahoo!広告のシステム上、キーワードを広く解釈するという機能から事案が発生します。

設定したキーワードとは異なったキーワードにも広告が配信される事で思わぬ需要やユーザー視点からの検索ワードを知ることができたりと便利な半面、余計な語句にまで拡張してしまう場合もあります。

例えば「腰痛」という検索キーワードに対して、「坐骨神経痛」や「ぎっくり腰」時には「肩こり」にまで拡張してしまう場合があります。

特定の地名であれば、ゆかりのある地域には十中八九広まります。

上記にて地域名は必須と述べましただ、新宿に店舗を構えているからと言って「東京」というキーワードを登録していると、「足立区」や「西東京市」といったキーワードへも拡張される可能性もあります。
治療院でいうならば、「腰痛」というキーワードにはもちろん腰痛の広告、URLを見せたい所を「坐骨神経痛」と検索したユーザーが「腰痛」のキーワードへ引っかかり腰痛の広告を表記してしまう可能性もあります。

せっかく坐骨神経痛のページにてお客様の声やセールスを用意しているのにも関わらず、機会損失を生んでしまいますよね。

以上の事からアカウント内では症状と症状を被らせないように除外設定を細かく行うことが大切です。

まとめ

店舗のアカウントは意外にも工夫することも多く、調整を行えば行うほど節約ができたりもします。
とはいえ、競合の存在や地域性にも左右される難しさもあります。

とりあえずやっている、やってはいるが時間がなくて全然手がつけられないという事であれば、1度プロにおまかせしてアカウントを精査してもらうのも良いかもしれません。

弊社も無料でのアカウント相談を受け付けておりますので、気軽にご相談ください。

公式LINEに登録するだけでWeb集客に関する疑問を解消できます!

以下のコンテンツがすべて無料で受け取れます!

・コンバージョン数を最大化するオンライン講座
・Webマーケティングが学べるタベリナチャンネル
・過去100社以上の方が参加した厳選有料セミナー動画
・Web広告・サイトに関するオンライン無料診断
・専門家に気軽にWebマーケティングの相談ができる

今すぐ公式LINEに登録してコンテンツを受け取る
リスプラ公式LINE登録
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

リスマガ運営会社リスティングプラスの
最新セミナー情報です!

今すぐ詳細を確認して
セミナーに申し込みをする

リスマガ運営会社リスティングプラスの
最新セミナー情報です!

今すぐ詳細を確認してセミナーに申し込みをする