GoogleアナリティクスでABテストをすぐに始められる方法

ページを最適化する方法の一つ、それがABテストと言われるものです。 実はこのABテストを行える機能がGoogleアナリティクスに備わっているのです。 ※Googleアナリティクスでは「ウェブテスト」で表します。 せっかく付いている機能を使わずにいるのは、何とももったいない話ですよね。 しかも無料なので、コストもかかりません。 では、主にどんなことが可能なのか? これから下の記事を読み進めて、実践してみましょう。

ABテストとは何か?

まずABテストのことからご説明します。

これは、まず元々あるWebサイトのページ画面内で表示される画像や言葉・色などを変更した、テスト用のページを1パターン(場合によっては2・3パターン)用意します。

そして、2つのページのどちらがユーザーに反応があるか比較し、より反応の取れるページにブラッシュアップするためのテストです。

ABテストを行うことで、市場では何が求められているかが分かります。
その情報を使えば、Webサイトのパフォーマンス改善につながるというわけです。
そうなれば、CVR・売上の向上につながります。

GoogleアナリティクスでできるABテスト

GoogleアナリティクスのABテスト機能でできることは数多くあります。

Googleアナリティクスでランダムに抽出されるユーザーを対象にして、複数のページパターンを表示します。

そして、下記が計測可能な項目をまとめたものです。

  • 目標完了数
  • eコマースの収益
  • トランザクション数
  • セッション数
  • ページビュー数
  • 直帰数をパターンごとに計測
  • 最も高い反応率はどのパターン反応率なのか

GoogleアナリティクスのABテストを使うことで、どのパターンがユーザーにとって、求めているものなのかが明らかになってくるという仕組みです。

使用することで生まれるメリット・デメリット

ABテスト機能を使うことでメリットはもちろん、デメリットも生まれてきます。

それは…

「コストがかからないメリット」
ABテストを行うツールの多くは、有料のものばかりなのです。
しかし、Googleアナリティクスは登録さえすれば無料(現時点では)で使用できます。

GoogleアナリティクスでできるABテストで分析し切れない情報もありますが、最初にコストをかけずに行いたい人にはオススメです。

 

「Googleアナリティクスと連携のメリット」
先ほどもお伝えしましたが、Googleアナリティクスの機能の一つです。

つまり、アカウント登録している人にとっては、連携することでデータを見ながら様々な検証ができるメリットがあるのです。

他にも、

  • 何度でもABテストが行える
  • カンタン操作で、詳細なテストを設計できる
  • 対象にするユーザーの割合を決められる など

初心者にとって、親切な作りになっているので使いやすいツールになっています。

「トラフィックが減るデメリット」
手間として、テスト用ページと既存ページで異なるURLを設定しなくてはいけません。

そうなると、ABテストを行っている間は既存ページのトラフィック(テキストや画像、動画、音声などが一定時間内に通信されるデータ量)の減少が起こります。

正確に他のページと比較したい場合は、テスト用と既存ページのデータを同じにする手間があることは忘れないでください。

メリットが多くある分、デメリットとなる点もあるのは仕方ありません。
しかし、Googleアナリティクスと連携できる上に無料で様々なABテストが行えるのはかなり魅力的ではないでしょうか。

Googleアナリティクスを使ったテスト手引き

実際に、ABテスト機能を使って検証を行う際の手順をご紹介します。

①ABテスト用のページを作成する
最初に既存ページ、テスト用のページを別URLで用意しましょう。

実施する際は、できれば1箇所のみ変えて行うことをオススメします。

理由は、複数個所を一度に変更してしまうとどの変更点が効果に結び付いたか判断しにくいことが挙げられます。

また、一点だけ変える場合は大幅に見た目を変えましょう。
その際は、ユーザーの行動に影響が出るように大胆に変更してください。

何度もABテストは行えますので、地道にパターンを変えて実施していきましょう。

 

②ABテストの導入設定を行う
テスト用ページが完成したら、Googleアナリティクスから設定をしていきます。

  • メニューから、「行動」>「サイト運営者」>「テスト」を選択
  • ウェブテストの画面に遷移したら、「テストを作成」を押下
  • 表示された項目全てを埋める
  • 設定完了後、「次のステップ」へ進む
  • 次にテストページの設定。既存ページとテスト用ページのURL・パラメータを入力
  • 設定完了後、「次のステップ」へ進む
  • コードが発行。「手動でコードを挿入」を押下
  • 表示したスクリプトコードをオリジナルページの<head>タグ直後に張り付け、完了。

 

ここまで進んで、コード設定まで完了したら、「次のステップ」を押下します。
設定が確認できたら、いよいよ開始です。

③結果をチェックする
実際にテスト運用を開始したら、レポート画面が見られるようになります。

確認する場合は、メニューから、「行動」>「ウェブテスト」から入ってください。
また、詳細をチェックしたいテストをクリックすることで、リアルタイムに折れ線グラフで進行状況を把握できるのでチャックしてみてください。

まとめ

ABテストは、Webサイトの改善をするにあたってとても有効な手段と言えます。
必要ではあるが、コストをできるなら抑えたいという人に無料で利用できるGoogleアナリティクスは重宝するのではないでしょうか。

Googleアナリティクスとデータ連携できることで、余計な作業も省かれるのは魅力的です。
操作も一旦慣れてしまえば、ラクに行えるようになります。

別契約で有料のABテストツールに手を出す前に、まずはGoogleアナリティクスで試してからでもいいのではないでしょうか。

10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー募集

ライバルと差別化したホームページを作り、少ないリソースで売上を最大化する具体的手法を公開!

細かいABテストや新手法でライバルに差をつける必要がないので、資金や人的リソースの限られる中小企業様に必ず身に着けていただきたい手法です。

今すぐ最新の売れるホームページ集客ノウハウを手に入れる
10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー

関連記事一覧