関連度スコアが重要!Facebook広告で失敗する企業の共通点とは

Facebook広告は、今一番成果が出る媒体として人気です。しかし人気が出た分参入する企業も増え、成果を出すのが難しくなって来たのも事実です。 「Facebookに広告を出せば売れる」という時代は終わり、今はFacebook広告で売上を上げる会社と、費用対効果が合わず止めてしまう会社と二極化が進んでいます。 では、この違いは何なのでしょうか。 1つのポイントは、Facebook広告がリスティング広告に比べて安定したパフォーマンスが出しづらい広告だということにあります。 そのため、Facebook広告ではいかにパフォーマンスを安定させるかが重要になのですが、その鍵を握っているのが「関連度スコア」です。 この記事ではFacebook広告で重要な「関連度スコア」について、その意味からスコアを上げる方法まで解説します。

関連度スコアとは?

Facebookの公式サイトには下記のように説明されています。

広告の関連度スコアは広告レポートで使用される指標であり、広告のパフォーマンスやその他の要素に基づき、広告がターゲットに対してどれほど関連があったかという推定値を示します。
広告のスコアが高ければ、ターゲットに対して表示される可能性が他の広告よりも高くなります。また、少ない費用でより多くのターゲットにリーチできます。

参考:Facebook公式ヘルプ|関連度スコアと計算について

関連度スコアは1~10の数字で表され、10が最高の評価となります。

あなたの広告とユーザー(ターゲット)がどれほど関連があったか数字で評価するのです。
リスティング広告で言う、品質スコアのようなもので、以下の指標を参考にFacebook社が独自で評価しています。

品質スコアに関連する指標
・クリック数
・コンバージョン数
・クリックスルー率
・エンゲージメント
・肯定的なフィードバック(クリック、コメント、シェア、アプリのインストール、動画の再生など)
・否定的なフィードバック(ネガティブレビューや、広告の[非表示にする]のクリックなど)

高い関連度スコアはCPA改善・売上アップにつながる

高い関連度スコアを維持すれば、以下の2つのメリットが得られます。

・配信コストが下がる。
・少ない費用でより多くのターゲットに配信できる。

 
つまり、費用対効果が高い広告配信ができ、売上アップにつながります。

関連度スコアが高くなる

クリック単価が低くなる

1クリックの単価が安くなるので、同じ広告費の中でより多くの人にクリックされクリック率が高まる

関連度スコアがさらに上がる

配信コストが下がり、少ない費用でより多くのターゲットに配信できます。

関連度スコアが高くなるとこのように、広告の効果が上がるだけでなく、SNSの特徴が作用してさらに良いスパイラルに入っていくことが期待できます。

9割が失敗する、関連度スコアが上がらない理由


そこで、関連度スコアを上げよう!と思ってもなかなか難しく、Facebook広告をはじめた9割の人が失敗してしまう理由があります。

関連度スコアの落とし穴

Facebook広告の関連度スコアがリスティング広告の品質スコアと違う点は、広告のそれぞれにスコアが付けられるという点です。

そのため、時間をかけて1つ1つの広告の関連度スコアを上げようとすると失敗します。

高速でテストと判断を繰り返すことが必要

効果的な広告を見つけるには、スピーディーなテストと判断が必要です。このタイミングは普通に想像するよりスパンが短く、1日のうちでも複数回試すことが重要です。

関連度スコアが下がり始めたらユーザーが飽きている証拠なので、「もう少し様子をみたら上がるかも」なんて悠長に考えている時間はありません。

息をするようにクリエイティブを変えてください!ターゲティングも変えてください。クリック率が高いのに、クリック単価が高く、露出がされない場合は関連度スコアが低い可能性が高いです。

関連度スコアを見ながら、最適なクリエイティブや、コピー、ターゲティング設定を見直すと、効果的な広告パターンを見つけることができます。

リスティング広告だと、目標CPAの費用になるまで広告費をかけてテストすることが多いですが、Facebook広告は関連度スコアをみて、高速でクリエイティブ変更することが成功の秘訣です。

Facebook広告のエキスパートしか知らない関連度スコアを高める方法

Facebook広告のノウハウはネットに多く出ていますが、何100社分ものFacebook広告を改善したような運用エキスパートが書いている情報はそうありません。

しかし弊社には、関連度スコア10を叩き出すような運用者がいますので、今日は彼に高い関連度スコア出す方法について聞いてみました。

彼によると、高い関連度スコアを出すには、ポイントが3つあるとのことです。

ターゲットを正確に絞り込む

関連度スコアを高めるためには、Facebook広告の強みでもあるターゲティング(=オーディエンス)をうまく使うことが大切です。

①顧客リストをもっていたら、顧客リストに類似するユーザーに配信
②サイトに訪問したユーザーを●日追いかけるリマーケティング設定を行う
③地域・年齢・性別・言語・趣味/関心・つながり、行動などターゲットを正確に絞り込んで配信する(ターゲティング設定)

 
以上を行うことで、関連スコアを高めることができます。

また、たとえ広告からコンバージョンが発生しなくても、いいね!やコメント、シェアなどの行動をしてくれる確率が上がるため、評価が高くなります。

ユーザーの共感を生む事を意識

①にも関連しますが、興味のあるユーザーに配信することを意識すると、いいね!やコメント、シェアが集まり、関連度スコアもアップします。

クリエイティブのABテスト

ユーザーの興味があるクリエイティブを見つけるためにABテストは欠かせません。しかし、何の戦略もなしに画像を選んで、複数試していてもCVは生まれないでしょう。

クリエイティブを選ぶ際には、2つの視点を持つと当たりやすいです。

①ユーザーの願望を実現させる
②ユーザーの悩みを解決させる

 
例えば商品が男性の除毛クリームだったら

①ユーザーの願望を実現させる⇒女性にモテたい

②ユーザーの悩みを解決させる⇒女性に嫌われたくない

以上を意識して、クリエイティブを変更すると、高い関連度スコアを出しやすくなります!

まとめ

Facebook広告で失敗しないためには、関連度スコアを指標として使い、高速でクリエイティブを変更し、ターゲティングを変更することが重要になります。

リスティング広告とは違うアプローチになるので、クリエイティブをガンガン試して、売上をぐんぐん伸ばしていきましょう。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧