「チャットボット」とは何か?ビジネスににもたらす大きなメリットを解説!

突然ですが皆さんに質問です。 「チャットボット」という言葉をご存知ですか?? ◆なんかAIが自動的にやってくれるシステム・・・ ◆チャットワークの新サービス・・・ などなど、皆さんいろいろなことをイメージされると思います。 チャットボットはまだ市場に出始めて数年しか経過していないので、まだあまり身近ではありません。しかし、チャットボットは無限の可能性を秘めて、現在急成長しているシステムです! もしかすると、あなたのビジネスの発展に大きく貢献する存在になるかもしれません。 本日はまだあまりWeb上に情報の少ないチャットボットについてと、その将来性についてお伝えします。

そもそもチャットボットって??


チャットボットとは、私たち
人間の代わりにユーザーとコミュニケーションを自動で行ってくれるシステム
のことを指します。

チャットボットは、大きく分けると下記の2種類に分類されます。

人工無能型チャットボット

あらかじめ決められたキーワードに対して、人間がプログラム設定した通り応答するチャットボットです。

あらかじめ設定しておいた受け答えに対して回答を自動的に行ってくれる仕組みになっています。直近で導入している企業が増え続けています。

人工知能型チャットボット

これはチャットボット自身が学習しながら、あたかも人間らしい回答を行ってくれるチャットボットです。言葉の文脈や意図を学習して、あたかもあなたと同じように応答をしてくれます。

仮想の自分自身が代わりに応答してくれるイメージを持っていただけると分かりやすいです。

ご覧の通り実は「チャットボット」と言っても様々なタイプのものがあります。ここまででチャットボットの存在について少しでも興味が出てきているとうれしいです。

チャットボットといっても実は2パターンに分かれるんですね…皆さんはご存知でしたでしょうか??

皆さんこんな悩みを抱えていませんか?チャットボットで解決できるかもしれません

さて、チャットボットについて簡単にお伝えしました。話は変わりますが、皆さん仕事をしていて下記のような悩みを抱えてはいませんか?

◆顧客からの問い合わせ量に対して対応できるリソースが無い
◆社員数が少ないため、1人のタスク量が膨大である
◆とにかく猫の手も借りたいくらいに忙しい、時間がない。
◆人を雇うほどの資本的余裕がない。

 
上記のような悩みは、中小企業やベンチャーで働く方や個人事業主の方に多いと思います。

少数精鋭の企業は日々の売り上げがそのまま会社の将来を決めるため、日々膨大な量のタスクと格闘する日々を送っています。

しかし、チャットボットを導入することができれば、上記の問題が解消できるかもしれません!!

チャットボットを導入することのメリット

チャットボットの大きなメリットとしては例えば顧客対応をチャットボットで補えた場合、

→24時間365日問い合わせに対応することができる
→問い合わせ後のデータ処理の手間がなくなる
→自動的にアクションを起こすことができるため、ユーザーに待たせる負担を軽減することが可能
→お客様への電話や問い合わせの対応に時間を使いすぎてしまう

 
つまり、チャットボットを導入することで、サービスに対しての対価を支払うお客様への負担を軽減することができるのです。

この時点で顧客へのサービス提供の質を上げることができるのです。さらに、上記以外の用途での活用方法も、自由に相談やカスタマイズを行ってくれる会社もあるみたいなので安心ですね!

チャットボットが革命を起こすWeb業界の未来

さて、ここまでチャットボット導入によるメリットをお伝えいたしました。

◆チャットボットってすごい便利じゃん!
◆うちはまだ導入するのが難しいかな・・・

と、いろいろな考えを抱いている人がいると思います。

「チャットボット」は、市場に本格的に登場して2年ほどのまだ歴史の浅いシステムです。もちろん、これからテクノロジーの発達で、御社のビジネスに導入しやすいものが開発される可能性は十分にあります。

そこで、私が考えるチャットボットを今後Web広告業界で活用できるようになる場面をいくつか予想しました。

Web広告を配信していて多くの人が感じるのは、その管理作業工程の多さでしょう。

Web広告は、

細かなデータを収集することができる
少額の予算でも広告を配信することが可能

 
などのメリットがある反面、その管理にはすさまじい工程と時間が必要になります。

①どういった目的で広告を配信するのか?
②どのような配信方法で広告を掲載するのか?

といった、シュミレーションや戦略立案から始まり、配信準備と日々の日予算、キーワードの調整などの管理業務、そしてデータの分析と改善施策の立案、実施といったフローがあります。

これを1人の人間がマルチタスクで行うのはかなり大変です。

しかしチャットボットが発達し、

◆広告の配信数値を自動的に集計してデータ化してくれる
◆広告の数値を自動的に分析して適切な改善案を提示してくれる。
◆顧客からの要望があり次第、自動的に担当者に連絡を送ることができる

など私たちの作業をサポートしてくれるようになれば、Web広告の配信においてなくてははならない存在になることが予測されます。だからこそ、私たちはチャットボットの今後の動向に注視する必要がありますね。

チャットボットは自社・顧客の双方に利益のあるシステムである


これまでお伝えした内容は、どちらかというと顧客に対してのメリットが多かったかと思います。

しかし、実は経営面に対しても実はメリットがあるのです。

なんといっても圧倒的に人件費の削減になります。チャットボットのスタンダードな料金相場といたしましては1ヶ月平均5,000円~10,000円です。

これを人件費と比較した場合、その差は歴然です。

アルバイトを雇う際の約1日分の料金で、1ヶ月分の顧客への対応ができてしまうのです!しかも圧倒的スピードで顧客の満足度を高めながら。

これがチャットボットの魅力の1つです。

あとがき

皆さん、いかがでしたでしょうか?今回はチャットボットについてお話させていただきましたがワクワクすることができたでしょうか?

まだまだAIの技術発展も見込めるので、これからの動向が楽しみです!

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧