5分で分かる、今さら聞けないメールマーケティングの基本と始め方

顧客や見込み客とのコミュニケーションやより深い関係を築いていくために有効な施策の1つとしてメールマーケティングです。 しかし、使い方を間違えてしまうと、逆効果になってしまうなんてことにも… そこで、今回はメールマーケティングを実践していくために理解しておくべきことと、どうやって始めていくのかをお伝えしていきたいと思います。

そもそもメールマーケティングって何?

メールマーケティングと聞くと、メルマガをイメージする方も多いかもしれませんが、メルマガはあくまでもメールマーケティングの手法の中の1つで、この他にもいくつかの方法があり、届ける情報やターゲットユーザー、目的によって用途も異なります。

ここではいくつかの手法をご紹介します。

1.メルマガ配信
自ら登録したユーザーに対して一斉にメールを配信する方法です。ユーザーに対してメルマガでしか手に入らないような情報やキャンペーン案内などを配信し、ユーザーとのコミュニケーションを目的にした手法です。

2.ステップメール
あらかじめシナリオを準備して配信するタイミングを設定し、特定のアクションをしたユーザーに対して段階的にメールを配信していく手法です。

◯◯の商品を購入した人、◯◯に興味がある人とユーザーがメルマガよりも絞られるため、よりユーザーに合わせたメールの配信が可能になります。

また、シナリオがあるということで、見込み客の育成を行いながら最終的に自然な形で商品の宣伝、クロージングを行えるといった特徴があります。

3.ターゲティングメール
主にすでにある顧客情報を基に、配信するリストを分けてメールを配信する手法です。性別で切り分けたり、お試し単品購入者と定期購入者といったぐあいに、ユーザーをかなり限定するため、より高い反応に期待ができます。

これらの配信には当然ながら、メリット・デメリットがあり、それらをしっかりと理解した上で自社の状況やユーザーに合わせて使っていく必要があります。

それぞれの手法のメリット・デメリットとは?

・メルマガのメリット・デメリット
自社が持つ独自のノウハウであったり、商品・サービスのリリース情報の配信などメルマガに活用するコンテンツ自体の自由度が高いといったメリットがあります。

その反面ユーザーへの一斉配信となるため、一人ひとりに最適な内容とはいかず、読者によって興味の無いメールは読まれない、場合によっては配信の解除につながりやすくなってしまうといったことにもなってしまいます。

また、コンテンツの自由度が高いがゆえに、コンテンツの企画をしっかり考えないと、一方的なコミュニケーションとなってしまいがちです。

・ステップメールのメリット・デメリット
特定のアクションをしたユーザーといったぐあいに、メルマガよりもユーザーが絞られるため、メールへの反応が高い傾向にあります。

また、ターゲットが明確なため、シナリオやコンテンツ自体も企画しやすいといったメリットがあります。

その一方で、メルマガよりも全体の企画の難易度が高く、メルマガよりも受信者数は減るため、メールを送るユーザーの獲得手段も考えなければいけません。

また、最終的にユーザーに取ってもらうアクション(ゴール設定)からシナリオの設計を事前に行っておかなければいけないので、その分工数もかかります。

・ターゲティングメールのメリット・デメリット
これまでご紹介した2つの手法で1番ユーザーの絞込を行うため、反応率の高さに期待することができます。

一方でリストを分ければ分けるほど、当然用意するメールの数も増えるため工数もかかってしまいます。

また、配信数もこれまでの2つの手法と比べ大幅に減るため、場合によっては工数に対して効果が見合わないといったことにもなりかねません。

これからメールマーケティングを実施していくといったことであれば、上記を理解し、あなたの会社に最適な方法から試してみてくださいね。

これを先にやっておかないと必ず失敗する!?

メールマーケティングを実施していくにあたって、必ずやっておかなければいけないことがいくつかあります。

これを怠ってしまうと、せっかく手間暇かけて行った施策が、全て意味がないものになってしまう恐れがあるので必ず覚えておいてくださいね。

1.目的とゴールの明確化
すべての手法に共通して言えることですが、前提としてユーザーとのコミュニケーションの手段であるということを忘れてはいけません。

それと同時に、認知・顧客育成・販売促進・ファンの増加など各手法に対して自社の目的が何なのかを明確に持っておく必要があります。

2.コンテンツの設計
目的とゴールが明確になったところで、コンテンツの設計です。

行き当たりばったりで、とりあえずメールを配信などといったことでは、目的やゴールからずれた内容になってしまうため、どういった内容のものを配信するのかなどテーマをを決めて準備を行っていく必要があります。

3.配信手段
配信するユーザーリストが多ければ多いほど、1つ1つメールを手動で送るといったことが難しくなります。さらにメールの効果計測ができないため、改善を行うことも出来ません。

そのため、メールマーケティング施策を行う際は効率だけでなく、必ずPDCAを回せる環境を整えておく必要があり、そこで役に立つのがメール配信ツールです。

ツールを導入することで一斉送信やメールの効果計測といったことが可能になります。ただし、ツールによって料金プランや機能も様々なため、費用だけでなく自社の目的にあったツールを導入することをおすすめします。

メールマーケティング施策を実施する際には失敗しないためにも、まず最低限上記を抑えてから実施するといいでしょう。

メール配信後に見るべきポイントは?

ユーザーにメールを送ったらそれで終わりかといったら、そうではなく、配信後はそのメールの効果を見て、コンテンツの改善を行っていく必要があります。

その際に抑えるべきポイントは大きく下記の3つとなります。

1.到達率
そもそもメールが届いているのか?
いくら良いコンテンツを用意したとしても届いてなければ意味がありませんよね。

メールを配信したらまずは、配信数に対して実際にどれぐらいの数が到達しているのかを確認する必要があります。

エラーが多く到達率が悪いということであれば、リストの獲得方法自体を検討しなければいけません。

2.開封率
次に見るべきは開封率です。

到達率同様に、開封率が低いなどといった場合、せっかく書いたコンテンツは見られることがなくなってしまうので、そういった場合、ターゲットとしているユーザーの興味が惹けるようタイトルを考え改善を行っていく必要があります。

3.クリック率
メールからサイトへの誘導を目的とした際、設置したリンクへのクリック率を見て、どれぐらいのユーザーを誘導できているのかをチェックしていく必要があります。

誘導率が悪い場合、コンテンツでの興味付が上手く出来ていないといった可能性が考えられますので、コンテンツの改善が必要になってきます。

このようにそれぞれの数値によって改善すべきポイントも変わってくるためこれらの数値は常にチェックするよう心がけましょう。

意外と忘れがちな落とし穴も…

メールマーケティングを実施するにあたり注意すべきポイントはこれだけではありません。
それが「特定電子メール法」というものです。

メール配信以前にこれを守っておかなければ、最悪の場合、刑事処罰の対象ともなるのでしっかりと理解しておきましょう。

1.オプトインの取得
これは、あらかじめユーザーに対して、広告メールなどを送ることに対しての同意を得なければいけないということです。

具体的に1つは上記のようなメールが送られてくることを明記、そして2つ目がそれについてユーザーに同意の意思を示してもらう必要があるということ。

通販などでフォームに「キャンペーン情報を受け取る」などといった項目を見かけたことがあると思いますが、それが上記に該当します。

2.オプトアウトの運用
1度登録をしたからといっても、その後メールの受信の必要がなくなることも当然でてきます。

そのため、メール本文内に受信を停止するための連絡先を記載する必要があるのです。メールツールによっては、ワンクリックで配信を解除出来る機能があるものもあります。

こうしたルールが存在するということも必ず覚えておいてくださいね。

メールの反応を上げるポイントは脱教育番組

最後にメールの反応率を上げるポイントを1つお伝えしておきます。

それはコンテンツのバランスです。

ユーザーのためになるノウハウを送ろうとするがあまり、内容が教育番組のように堅いつまらないものばかりにならないよう気をつける必要があります。

そのため、配信担当者の日常の出来事や時事の話題などバラエティ要素のあるコンテンツも重要になります。あくまでもユーザーとのコミュニケーションであるということを忘れてはいけません。

堅い話しかしない人と、ふざけた話で笑わせつつも時には真面目な話もできる人、どちらと一緒にいて楽しいか?答えは言うまでもありませんよね。

メールの反応を上げていく上で、ユーザーのタメになる話もとても重要ですが、それ以上にコンテンツのバランスが重要になるということを必ず覚えておいてください。

これからメールマーケティングを実施するということであれば、ぜひ今回の内容を参考に取り組んでいってみてくださいね。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧