Web広告が「難しい」は誤解!?初心者でも広告運用できました!

「Web広告は難しくてよく分からない」 「自分で勉強するのは時間がかかりそうだし、到底初心者には無理」 「Web広告は、広告費がかかるって聞いた」 そんな風に思っていませんか? 実はこれ、全部「誤解」です! 今回は、この様に誤解されがちなWeb広告の本当の姿と、初心者でも安心して広告運用を始められる方法をお伝えします。

初心者でも広告運用が簡単になるコツとは?

これからWeb広告を運用される方からも、既に広告を運用されている方からもWeb広告は「難しい」と思われがちです。
その理由はおそらく、Web広告では細かな設定ができるようになっていますが
「どのように、どれくらい設定していいのか分からない」からではないでしょうか。
またその他に、
「設定は問題ないのに成果がまったくでない」と頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。

実は、Web広告の基礎は簡単なのです。
それでは、「なぜ」「どこが」簡単なのかお伝えいたします。

自分で初めて設定して運用すると、とても難しく感じるかもしれません。
しかし、広告運用に必要な「設定が難しい」を解消するサポートシステム(ツール)があります。

今回、Googleでリスティング広告を出稿する際の、初心者でも広告を運用できるように設定を手助けしてくれるツールをご紹介します。

リスティング広告をGoogleで出す場合、初めての方でも広告が出せるようにサポートが充実しています。

どのようなキーワードを設定したらいいのか

そんな時におすすめなのが、「キーワードプランナー」です!
キーワードプランナーとは、Web上で検索されたキーワードの一か月の検索量や、競合性はどれくらいあるのかを確認することができる、Googleが提供しているツールです。

自分で広告運用を始めて、一番最初に躓いてしまうのが「キーワード設定」です。
というのも、キーワード設定が、ターゲットに沿ったものでなければ、余計なクリックが大量に発生し、広告費を無駄にしてしまうからです。
キーワードの選定では、その商品・サービスを求めている消費者が検索しているキーワードを設定しなければいけません。
具体的にどういったキーワードを検索した人に広告が出るように設定したらいいのか、キーワードプランナーを活用しましょう!


この記事は、AdWords リニューアル版をご利用の方を対象としています。ご使用の AdWords がリニューアル版と従来版のどちらであるかをご確認くだ

適正な入札単価がわからない

そんな時におすすめなのが「自動入札機能」です!
これは、細かな入札設定する際の手間を省いてくれる機能です。

Web広告では予算をいかに効率よく配分し、成約数、成約率を上げていくかが重要になります。
広告を運用する際に必要になってくる「入札単価」の設定について、いくらで設定すればいいのか、見当もつきませんよね。
入札単価は、業界や業種、ライバル会社によって変わるため、いくらで入札すれば適正な価格なのか判断が難しいのです。

しっかりコンバージョンが取れているのか確認したい

そんな時におすすめなのが「コンバージョントラッキング」という機能です!
コンバージョントラッキングとは、消費者がホームページやランディングページを見た後の行動を把握することができる機能です。

Web広告が、オフライン広告(新聞やチラシ等)と比べた時の強みの一つに、どういう経緯で、どれくらい「商品購入」「資料請求」「申し込み」「アプリのダウンロード」などの、ウェブサイト上での成果に繋がっているのか、確認することができます。

このようにGoogleでは設定や計測のAI化が進んでいて、初めて広告を出される方でも安心してできるようなサポートが数多くあります。
今回は、その一部をご紹介いたしました。

まずは「Web広告が難しいものではない」と、覚えておきましょう

初心者でも成功させるポイント

「広告運用はスキルがなければできない」
当たり前だろ! と思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、そうではありません。

「Web広告が初心者でもできる」と私が言うには理由があります。

Web広告の運用を始めてから1年、2年が経っても成果が出ない。売り上げが上がらない。
そういった担当者や経営者の方を多く見てきました。
そこで私は成果が出ている運用者と、成果が出ていない運用者の違いを見てきましたが、「成果が出る人」と「成果が出ない人」には一つの大きな違いがあります。

それは、「消費者を理解できている」かどうかです。

消費者(エンドユーザー)を理解するというと幅広いですが、次の2つを改めて考えてみましょう。

①消費者層を把握する
②消費者が求めていることを把握する

具体的な手段としては、

⒈自社の商品のレビューを見る
⒉競合相手のレビューを見る
⒊Yahoo!知恵袋で顧客の悩みを見つける

是非これらを実践してみましょう。

実践のためには、まずそもそも、なぜ広告を出すのに、消費者を理解しなければならないのか
それは、Web広告業界全体の流れにあります。

ご存知の通り、現在Web広告業界は成長期にあります。
取引先の企業、ライバル企業など、みなさんの周りでは多くの企業がWeb広告を活用していると思います。
それは、それだけ売上につながる広告手法だからです。
しかし、多くの企業がWeb広告を取り入れたため、今現在は「Web上に広告を出せば簡単に売上が上がる」業界ではなくなってきています。

そこで、本当に消費者が求めている商品を「届ける」ために必要になってくるのが、「消費者を理解すること」なのです。

広告をだすのにまとまったお金不要?!良コスパの運用方法!

今までWeb広告を打たれたことない経営者様でも、オフラインの広告を打たれてた方はいますよね。
雑誌や新聞、看板、などの場合、数十万円~数百万円かかりまよね。規模の大きい広告となると、数千万円するものもあります。

そのため、広告はすべてが高額になってしまうと考えてしまう経営者の方はいますが、Web広告では「数百万円、数千万円必ずかかってしまう」ということはありません。
なんと、5万円から成果を出すことができるのです。

業界にもよりますが、5万円の広告費があれば安定した広告出稿ができます。
もし、広告費が高いからWeb広告に手が出せないと考えている方がいましたら、ご安心ください!そんな悩みは必要ありません!

また、広告手法や、Web広告代理店にもよりますが、最近人気の成果報酬型の広告もありますので、どうしても広告費がネックであれば、そちらを検討してみましょう。

最後に

Web広告をまだやったことのない経営者さん、広告担当の方は、実際にどういった広告媒体があるのか、どれくらいの費用で広告の出稿ができるのか、調べてみるといいですね。
日本人口の約85%がインターネットを使用する時代です。今までにないユーザー層からのご成約がでてくるかもしれません。

何事も新しいことを始めることは不安です。
この記事で少しでもこれからWeb広告を始められる方の不安を取り除けたら幸いです。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧