テレビCMでも話題のグノシー広告で売上3倍?効果的な記事配信の仕方

Web広告においてさまざまな種類が出てきていますね。
リスティング広告を始めとするGoogleAdWords、Yahoo!プロモーション広告。FacebookやInstagram、LINEなどのSNS型広告。Yahoo!ディスプレイネットワーク広告やAkaNeなどのインフィード広告と色んな種類がありふれています。

昔はリスティング広告だけをやっていれば、、、という時代もありましたが、
今の時代は多様化される中で最適な広告媒体を選ぶことが求められます。

テレビCMなどでお馴染みのニュースアプリ”グノシー”を知っていますか?
有名なニュースアプリと言えば、他にSmartNewsがあります。

若者のテレビ離れが進み、YouTubeやInstagramなどから情報を仕入れる人も増えるにつれて、スマートフォンでいつでも確認することができるニュースアプリは非常に便利なんです。

そのニュースアプリに広告配信ができます。今回はグノシーの広告についてご紹介します。

そもそもグノシーとは?

グノシーは今では、国内で2,800万インストールを突破しています。これは日本の人口の22%、つまり約4人に1人が使っています。電車通勤の方はあたりの人を見渡したら、グノシーを見ている人を見かけたことがあるかもしれません。

ニュースアプリは時事ネタや面白ネタやスポーツなどさまざまな情報を取りに行くメディアとして、今はあってはならない存在です。芸能、スポーツ、時事ネタ、面白ネタ、まとめなどの情報を得られ、知識人になりたい人にはもってこいです。

これがあったらテレビが本当になくなる時代も遠くはないでしょう。

むしろテレビ離れが進んでいる現在の世の中において、若者を中心に広がっているのも納得です。そのニュースアプリの中に広告が配信ができるんです。それでは実際にグノシーにどんな広告メニューがあるのか、お伝えしたいと思います。

戦略に合わせて活用できるGunosyAds


グノシーの広告はアプリ内とグノシーと提携しているメディアに配信ができます。

グノシーはユーザーそれぞれが普段読んでいる記事から、オススメの記事を選んであなたのグノシーに表示がされる。自社開発している人工知能が、読んでいる記事の傾向や反応率を分析し、
ユーザーごとに広告も自動で最適化しています。

広告メニューとしては、5種類。

インパクトの大きい【Premium Ads Video】

各タブのファーストビューに自動で再生される動画メニューです。インパクトがあり、TVCMと合わせた認知拡大施策に有効です。動画がすでに持っている方は規定どおりに修正して、CMとして使うことが良いです。

最も視認性の高い【Premium Ads Display】

もっとも視認性が高いプレミアム面に掲載されるパネルメニュー。誘導効率も高く、認知拡大施策に最適です。動画よりは劣りますが、ファーストビューに表示がされるため、広告予算に合わせて検討するとよいでしょう。

広告臭を消せる【Native Ads】

情報感度の高いスマホユーザーに対して、記事形式で理解促進が図れる人気メニューです。一般記事と同じように表示がされるため、広告臭のない枠となります。

NewsPassで一気に認知【NewsPass Native Ads】

ニュースパスにのみ配信可能な予約型のメニューです。こちらはグノシーと定形しているauのNewspassの枠に配信されます。

獲得狙うなら運用型【Promotion Ads】

獲得系プロモーション向けの運用型広告です。多彩なターゲティングで獲得効率を最大化します。グノシー及びNewspassに配信する運用型となります。CPM入札、CPC入札を選択することができます。

グノシー以外の面で獲得できる【Network Ads】

外部パートナーメディアの提供枠に配信可能な獲得系プロモーション向けの運用型広告です。グノシーアプリ面以外の外部メディアに配信することが可能です。

以上です。
この中で今回は、弊社でももっとも活用しているGunosy Promotion AdsとNetwork Adsをメインにご紹介します。

運用型Gunosy Promotion Adsに効果が高い商材とは?

では実際にGunosy Promotion Ads(※以下、グノシー広告)に適している商材を紹介します。

グノシーを見ている層は20代~30代がメインです。
また、テレビCMを行っていたりしますので、テレビをよく見る層も多いでしょう。
ターゲット層がここにマッチしているものは商材として向いています。

例えば、
EC系:ダイエットスムージー、青汁、着圧、シャンプー
コスメ系:シャンプー、ニキビケア
アプリダウンロートや出会い系、占い系なども良いでしょう。

上記のような商品は20代や30代のユーザーも興味のある商材となるので、パフォーマンスも高いです。

以下は、弊社が実際に広告配信した結果の例です。

こちらはダイエット商材ではありますが、5日間ほどのテストでもこれぐらいのパフォーマンスを出すことができます。

まだまだ試している方も少ないとは思いますが、本記事の後半に運用のポイントもありますので、上記商材をお持ちの広告主様またアフィリエイターは一度試してみる価値は高いです。

たったこれだけ?グノシー広告の掲載方法


グノシーの広告メニューは他運用型広告を大きく設定方法は変わりません。最低出稿金額は50万円です。初めて実施される方は、アカウント内に前入金する必要がありますので、注意してください。

順序としては、下記内容で進めていきます。

  • グノシー広告のアカウントの発行
  • 掲載可否
  • 新規申込
  • 計測タグの設置
  • 広告入稿

アカウント発行さえできれば、開始まで5営業日程度で配信できます。

管理画面自体も非常に使いやすい仕様となっておりますので、GoogleAdWordsやYahoo!プロモーション広告などのリスティング広告、Facebook広告、Instagram広告などをすでに実施されている方はすぐに操作になれます。

特にCSV(Excel)などを使ってYahoo!プロモーション広告を入稿したりしていた方に撮ってみたら、非常に簡単です。

実施しない手はない!ニュースアプリも攻略するべき

ポイントは広告の入稿の際に複数いれることです。初めて入れる場合は、10本入れることをオススメします。

その理由は、広告審査が3営業日くらいかかりますので、実際に配信してから入稿作業を行うと運用期間にタイムロスが発生するからです。10本の広告を入稿してからクリック率3%を目指してABテストを繰り返していくことで、グノシーに刺さる広告文が見えてきます。

響く広告文としては、2ちゃんやこういったメディアに出ている記事タイトルを参考にすると良いかと思います。暇つぶしで見ているユーザーが多いため、気になる!この記事読んでみたい!って思わせることが成功の鍵です。

上手くクリック率が出てくれば数千万ぐらいは使えるのがグノシー広告のメリットです。ぜひ、この記事を読んで興味が湧いた方はまずは試されてみてはいかがでしょうか。リスティング広告、SNS広告も試した方は、ニュースアプリ系を攻略するこでさらなるビジネスの拡大ができることでしょう。

10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー募集

ライバルと差別化したホームページを作り、少ないリソースで売上を最大化する具体的手法を公開!

細かいABテストや新手法でライバルに差をつける必要がないので、資金や人的リソースの限られる中小企業様に必ず身に着けていただきたい手法です。

今すぐ最新の売れるホームページ集客ノウハウを手に入れる
10月25日まで!最新の売上UPホームページ構築セミナー

関連記事一覧