リスプラ新卒採用の裏側・本音を公開します!

あたたかい気温になり気分もほんわか、お花見シーズンでわくわくする時期になりました。 しかし・・・!人事担当にとっては今がスーパー繁忙期!3月1日から、新卒の採用活動が一斉にスタートしましたから・・・! リスティングプラスでもこの勢いを逃すまいと着々と準備を進めて参りました。 あなたは、Webマーケティング会社の新卒採用が実際に何をしているか、興味がありませんか? リスティングプラスが新卒採用で何を考えて、どんなことをやっているのか? 何を期待して、どんな学生を求めているのか? 今日から数回に渡って、新卒採用の裏側・本音を公開していきます!

説明会に申し込みがあったからと言って安心はできない!

新卒採用で一番難しいのが、企業説明会の申込みから実際の予約日程まで、申し込みをしてくれた学生の興味をこちら側に引きつけておくことです。

たくさんの企業を見ている学生にとって、当たり前ですが興味の方向はコロコロ、フラフラ、ガラっと変わっていきます。説明会予約をしてくれたからといって、当日本当に来てもらえるとは限りません。
1割〜2割の学生は無断欠席なんてこともザラにあるのです。

そうすると「今日はこの人数が来るはずだ」と席数を用意していても、無断欠席で空席が目立ってしまうなんてことに。空席だらけでは、ほかの参加者にとっては「この会社は人気がないのかな?」とマイナスイメージを与えてしまいます。なので当日の無断欠席を想定して、予約受付人数は実際の席数よりも1割分大目に掲示しておくのがポイントです。

ではそもそも、このような説明会参加キャンセルを事前に防ぐためには何をすべきか?
リスティングプラスでは下記の2つのことを実践し、上場企業にも負けない圧倒的人数の動員に成功しています!

説明会参加キャンセルを防ぐために私たちがやったこと

まず、リマインドメールで安心感を伝える (メルマガ風全員一括送信)

就活生が求めている言葉は何かを考え、感情を突き、印象に残ることが第一段階です。

「自分を受け入れてくれるかどうか?」
「自分を大切にしてもらえるかどうか?」

こういった人間関係における安心感は誰しもが求めています。

そこで、リスティングプラスはこのようなメッセージをリクナビに掲載しています。

私たちは、ずっと長く仲間としてやっていきたい。
だから飾らず、ありのままのあなたを見せてください。
私たちも、ありのままのリスティングプラスをお伝えしますから。

このスタンスを伝えることが、最初の入り口としては重要なポイントです。

さらに興味を引くために、「筆記試験・Webテスト・面接は一切なし」という部分を強調しています。
学生を『選ぶ』よりも『発掘して育てる』ためのファーストステップがこの説明会なので、まずは面白い会社だと思ってもらう工夫をしているのです。

次に、リスティングプラスが実際に学生に送っている説明会のリマインドメールです。

リスティングプラスはいずれは一緒に働く仲間になるかもしれないチームメイトとして、”マッチング”ができるかどうかを大事な視点にしています。

結婚と同じくらい、仕事選びは大事です。
あなたは、結婚相手となる人を学歴や職種・身長・顔の好みなどのスペックだけで選びますか?
一緒にいて楽しいなぁ、安心できるなぁ、この人なら信じていけるなぁ、
という、気持ちの面が大切ではないでしょうか?

例えば最初は料理ができなかったとしても、「この人のために」と思うと、いつの間にかどんどん上達します。
そんな風に自分のことを想って頑張ってくれるパートナーがいたら、愛おしさも増して、
自分もがんばろう!とプラスのサイクルになりますよね。

それは仕事に置き換えても同じです。
仲間・クライアント・提携先と、人生の限られた時間の中でもかなりの比率を一緒に過ごすので、
生涯共に過ごすパートナーとして同じ方向を向いてやっていけるか?という部分が大事です。

結婚相手と同じくらい、真摯に向き合い、大事にしたい。お互いに応援し合えるようなチームを作りたい。
それがリスティングプラスの考えです。

こういったメールを事前に送ることで、学生は一気に興味を持ってくれます。
「無理をせずにありのままの自分を受け入れてもらえる会社」「自分のことを大切に思ってくれる会社」というイメージを持ってもらうために、メッセージの段階からこのようにアプローチを重ねていきます。

次に、リクルート電話でラポールを築く

リスティングプラスでは新卒採用の担当を2名配置し、説明会1週間前になったら、申し込んでくれた学生1人ひとりに対して電話アンケートを行っています。
1人当たりに約10分もの時間をかけて、1日20人以上の就活生とコミュニケーションをとっていますが、電話だからこそ聞けることがあると感じています。

たとえば、電話ではこんな話をします。

こんにちは!リスティングプラス 採用担当の本田です。説明会の参加日程のご確認でご連絡をさせていただきました。
〇日の午前のご参加でその後スケジュールはお変わりないでしょうか?ありがとうございます。

ちなみにこの電話は選考とか全く関係ないので、〇〇さんのぶっちゃけた本音をお聞きしたいのですが・・・!
・この会社に応募してくれたきっかけはなんですか?
・今ってどの業種に絞って探しているんですか?その理由は?
・就活する上で企業に求めることや重要視しているポイントはなんですか?

など、今どきの就活生がなにを求めているのかを徹底的にヒアリングをします。

ここで気を付けなければいけない点は、学生に警戒されないようにフレンドリーに話すことです。
電話でアイスブレイクするためには、

・覚えやすい番号だね!
・声がかわいいね!

などの雑談も大いに入れていくことです。

しかし同時に忘れてはいけないのは、この手間をただのヒアリングのためだけに割いているわけではないということです。
就活生がポツポツ希望していることを話し始めてくれたことに対して、「そうだよね!大事だよね!」と共感しながらも、「そういうことを求めているならリスティングプラスはぴったりだね!なぜなら~という感じの会社だから!これから〇〇さんがどんな道を選ぶとしても、必ず将来の役に立つ内容だよ!」といった感じで、興味の種をまき散らして説明会への参加意欲を高めておくことがこの電話の本来の目的なのです。

電話アンケートに答えてくれた学生の本音

就活生はどんな点を重視して企業を選ぶか、人それぞれ違いはありますがポイントはそんなに多くはありません。アンケートの結果、ほとんどの人はこの4つの項目に注目していることがわかりました。

① 社内の雰囲気 人間関係は良好か?働いている人の人柄や社風はどうか?
② 成長できるか?やりがいはあるか?(仕事を任せてもらえるか?)
③ 休みはしっかりとれるか?(残業の度合いも)
④ 理念に共感できるか?

意外にも、給与や福利厚生について意見を述べる学生は極少数でした。

そしてやりたいことや業界について聞いてみると、

「自分のやりたいことがわからない」
「これを生かしたい!という特技があるわけではない」
「なんとなくこの業界を見ている」

こんな回答が圧倒的に多いです。

この回答結果から考えられるのは、
「どんな仕事か?なにをするか?」よりも、「誰とするか?どんな雰囲気か?」のほうが学生が企業を志望する入口としては大きいのではないか、ということです。

つまり、労働条件の面では大手に比べて勝ち目のない中小企業でも、社内の雰囲気の良ささえ当てはまれば応募者を十分呼び込める可能性があると言えます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。リクルート活動において意外と難しいのは、「人の人生に対して、影響を与えてしまうことに対する覚悟を持つこと」です。

実は、心持ちの優しい誠実な人であればあるほど、相手のことを気遣うあまり、この「覚悟」が持てないことも多いです。就職という人生の選択の重さを分かっているからこそ、恐れ多くて相手の人生に責任など持てない。だから、動機づけることなんてできないというわけです。

「人を動機づける」ためには、人から信頼される力や、人の心を動かすことのできる情熱を持っていなければなりません。エントリーをしてくれた学生ひとりひとりに電話をしながら考えることは、「自分が会社に対して思っていること以上のことは何も言えない」ということです。

当たり前のことのようですが、自社の良いところ、好きなところ、長く続けている理由、やりがいや達成感、すべて「本音で思うことを伝える」ことで、採用活動の効果が発揮されます。自分が本気でこの会社が好きだからリクルートにも熱意を込めることができるのです。

もちろん、だますように誤った道に誘い込もうとしているのであれば、論外です。
嘘の表記や大げさな表現をするのではなく、本当の情報を掲示するためには自分自身の会社に対する自信・誇りを育てていかなれければいけません。

胸を張ってリクルートできる会社にするためにも、中小企業ではあれば特に一人ひとりのパワーがものすごい影響力を発揮します。採用担当がより人間磨きをしていくことで、新しく入ってくれる人の質もますますあがっていくことになるでしょう。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を最大化する7つのポイント

無料でPDFファイルを
ダウンロードする(全161ページ)