ホワイトハットSEOで正しいSEO対策。ブラックハットSEOとの違いとは

SEO対策にはいろいろな手法がありますが、主に「ホワイトハットSEO・ブラックハットSEO」と呼ばれる2つのSEOに分かれることはご存知でしょうか? もし誤った情報を鵜呑みにし、ブラックハットSEOをやってしまっていた場合、Googleよりペナルティが課される可能性があるのです。 今回はこちらの2つのSEOについて解説していきます!

ホワイトハットSEOについて

ホワイトハットSEOとは?

ホワイトハットSEOとは、Googleのアルゴリズム、検索エンジンのガイドラインに沿ってWebサイトを最適化することです。つまりGoogleが定めた規約を破らずにコンテンツをプロモーションして上位表示を目指す戦略のことです。

Googleのガイドラインは「ユーザーが検索した時に正しい検索結果が出るように」と制定されています。この施策に則って上位表示を目指していく方法がホワイトハットSEOです。

例えば、サイト内部のメタ情報の最適化、ユーザーの課題解決に貢献するコンテンツの公開、それによる自然リンクの取得‥などがホワイトハットSEOに当たります。

ホワイトハットSEOはGoogleがユーザーに適切なコンテンツ内容を届けるための設定であるため、これからも間違いなく有効である、といえるでしょう。

ブラックハットSEOについて

ブラックハットSEOとは?

ホワイトハットSEOに対してブラックハットSEOはGoogleの定める「Webマスター向けガイドライン」に違反をするSEO施策のことで、簡易に表現すると「Googleの掲載順位を意図的に上位表示させるためのアクション」です。
実は数年前まではこのブラックハットSEOが主流でした。

そもそも、ブラックハットSEOが主流になった背景とはどういうものだったのでしょうか?

それは検索エンジンの脆弱性が背景にあります。検索エンジンが日常的に使われるようになったことで、広告費用を使わずにマーケティングで成功することの出来るSEOの重要性は非常に高いものとなりました。

そのため、ユーザーにメリットをもたらさずに、売り込み色を強くされていたサイトがGoogleのアルゴリズムの脆弱性をついて上位表示され始めました。

しかしながら検索エンジンが見過ごせなくなり取締が強化され、違反したサイトに対して厳しいペナルティが課せられるようになったため、ブラックハットSEOはすっかり鳴りを潜めました。

ブラックハットSEOのペナルティ

では実際にペナルティを受けてしまうとどうなるのでしょうか?

具体的には、Googleのインデックスから完全に削除される、あるいはアルゴリズムまたは手動によるスパム対策の影響により大幅に順位が落ちる形になりました。

詰まる所、検索してもまったくサイトが表示されないという状態に陥るのです‥。全ての違反を止めることをGoogleに申請することでペナルティの解除は可能なのですが、解除後も数年レベルで順位が戻らない徹底ぶりです。

自社のサイトが検索しても全く上位表示されないような状態になったら‥想像しただけで怖くありませんか?

Googleの検索スパム対策は日々進化しており、いつかは必ず不正が発覚し上記のペナルティを受けるようになったことは、ブラックハットSEOの大きなデメリットとなりました。

中長期的にお客さんを獲得するなら必ずホワイトハットSEO!ポイントを解説しちゃいます!

内容は理解したけどどう取り組めばいいの‥?

ホワイトハットSEOは、Googleが目指すべきユーザーの利便性を考えた結果となるようにガイドラインに則った手法であるため、中長期的なお客様の流入に繋がりやすいと言えます。

Webマーケティングを行なう時、特にスタートアップや中小企業などリソースが十分でない場合は「どの施策にリソースを割くか」「どのように優先順位をつけるか」が重要に...

また、ホワイトハットなSEOに不可欠なユーザーにとっての有益なコンテンツは、さらなるユーザー同士のコミュニケーションを生み、より確固たる地位を築くのに寄与することになります。

上記の内容を読んで、「SEO対策に取り組むならホワイトハットSEOを実践したい!」と思っても何から手を付けてよいか分からないということがあると思います。

ここまでお読みになられた方は具体的には何をしたらいいのか‥?という疑問を持たれているかと思います。

そんな疑問を持たれた方に、今すぐできるホワイトハットSEO対策をまとめましたので、ご覧ください!

既存のコンテンツよりも優れたコンテンツを作る

コンテンツの量を増やす、Webページのデザインだけでなくコンテンツ内の画像やバナーを綺麗にする、新鮮な情報をアップデートする、など今すぐ実践できる方法もたくさんあります。

コンテンツの文字を多くする

文字数が多いコンテンツのほうが、短いものよりも上位表示されやすい傾向にあります。「ユーザーにとって必要な文字数は異なるのだから、文字数はランキングと関係ない」という専門家の常套句は建前に過ぎません。

SERPIQの研究によると、Google検索結果の上位10サイトの平均ワード数は2000ワード以上で、上位ほどワード数が多い傾向が明らかとなっています。

また、文字数を多くすることで、Googleに情報源であるとアピールできるだけでなく、SNSでシェアされやすいというメリットもあります。

つまり、ボリュームのあるコンテンツを作成、そして文字を多くすることはコンテンツSEOの基本でありつつ、ソーシャルシェアの獲得にも効果的な施策なのです。

定期的に古い記事をアップデートする

Googleが新鮮なコンテンツを好むことはよく知られています。そのため、多くの専門家は、新しい記事を頻繁に作成することをアドバイスしています。(もちろん間違った戦略ではありません。)

しかし、古いコンテンツに新しい情報を加えて定期的にアップデートすることを忘れてはいけません。
なぜなら、サイトのトラフィックの大部分は、新しいコンテンツではなく古いコンテンツからもたらされる傾向が強いからです。

古いコンテンツは新しいコンテンツと比較すると、既にGoogleにインデックスされ、被リンクやソーシャルシェアを獲得しているという大きなメリットをもっています。

そのため、新しい記事の作成だけに力を注ぐのではなく、古いコンテンツの更新にも配慮するべきなのです。具体的に行うべきアップデートは、「メンテナンス」と「情報の更新」です。

まとめ

いかがだったでしょうか?ガイドラインに沿ってSEOをすることは、サイトの上位表示をさせるということだけではなく、検索エンジンの使命である「価値ある情報をユーザーに届ける」ということにも繋がっていきます。

自社のサイトがペナルティに引っかかってしまった場合、Webからの流入が少なくなり、企業として大打撃を受ける‥ということも考えられます。

ホワイトハットSEOで正しいSEO対策をしていきましょう!

まずは基本!現在のSEO対策定義を再度理解してみよう!SEO対策(Search Engine Optimization)と言えば、端的に言えば検索結果 で自社サイトを多く露出をするために行う...

モバイルフレンドリーとはモバイルフレンドリーとは、2015年4月21日にGoogleが全世界で実装したアルゴリズムで、スマートフォンでの閲覧に適したページの検索順位を引き...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧