【最新版】サーチコンソールの使い方!設定からマーケティングでの活用例まで解説

SEO対策をおこなう上で、Googleサーチコンソールは必須。ですが、そもそもツールの名前は知っているけど使い方が分からない方や、使っているけど最大限利用できていない方も多いはずです。 今回は初歩的な使い方はもちろん、「この機能何?」という点まで、誰でもわかりやすく解説していきます。Googleサーチコンソールを徹底的にマスターしてきましょう。

Index

Googleサーチコンソールとは?

Googleサーチコンソールとは、

・Google検索の結果、何位くらいに表示されているか
・何回表示されて何回クリックされたか
・ユーザーはどんなキーワード(クエリ)でサイトを訪れているか

など、パフォーマンスを監視・管理できるツールで、Googleが無料で提供しています。

Googleサーチコンソールでは、具体的に以下の内容がわかります。

・表示回数
・ページのクリック数
・掲載順位
・クエリ
・クリック率

 
例えば自社サイトのSEO対策を行なう時、どのキーワードなら掲載順位が高いのか?などは絶対に押さえておきたいですよね。
また、運営しているページの中で、一番アクセスがあるページも把握しておきたいはずです。

Googleサーチコンソールを使えば、このようなSEO対策に役立つ情報が手に入り、最終的なビジネス拡大に繋げることもできるのです。

Googleサーチコンソールの機能を徹底解説

前述で紹介したGoogleサーチコンソールの機能はほんの一部なので、ここからは機能の詳細についてご紹介しましょう。

Googleからのメッセージ

Googleサーチコンソールに登録することで、Webサイトに関するGoogleからの重要なメッセージを受け取ることができます。

例えばhttpからhttpsに移行を促すものや、インデックスの不具合、ペナルティー発生の通知などのメッセージが届きます。

SEO対策をおこなう上で、不具合やペナルティがあると掲載順位に影響があるため、メッセージが届いたらすぐに対応をおこなう必要があります。

また、悪いメッセージ以外にも、Googleのクローラーがサイトを巡回しやすくするための改善策なども提示されます。

構造化データのチェック

構造化データとは、コンピュータのデータベースに格納できるデータを指しCSVファイルやExcelデータのことです。
構造化データのタイプやエラーを確認するための機能です。

リッチカードレポート

リッチカードとは、検索結果を画像や動画で表示する機能のことです。

料理のレシピなどをGoogleで検索した際、料理の画像やレビューが検索結果に表示された経験はないでしょうか?
リッチカードにエラーがあるとSEOに悪影響があります。

レポートは、そのような構造化データのエラーを修正する際に確認します。

タイトル、メタディスクリプションの重複チェック

タイトル、メタディスクリプションの重複チェックは文字通り、サイト内に重複がないか確認する機能です。

重複があるとSEO上でも、片方は上位表示されるがもう一つのページは表示されないなどの問題があるので、要チェックです。

サイト リンクの調整

Googleサーチコンソールでは、検索結果に表示されるサイトリンクをコントロールすることができます。

表示させたくないリンクなどを登録することで、表示する機会を減らすことができます。

AMPのエラーレポート

AMPページのインデックス数やAMPページに発生しているエラーの内容を知ることができます。

検索流入 キーワードの詳細(表示回数、クリック数、掲載順位)

サイト内にインデックスされているページに対して、実際にユーザーが流入した検索キーワードの表示回数、クリック数、掲載順位を確認することができます。

サイトへの リンク元情報

端的に言うと、被リンク情報です。
サイトのコンテンツに向けて第3者が張り付けたリンクを確認することができます。

内部リンクの状況

サイト内にあるコンテンツページのURLをチェックする機能です。
内部リンク構造を最適化することで、SEO効果を上げることができます。

手動のペナルティ状況

手動ペナルティはGoogle側からペナルティ通知が来た際に、内容を確認するための機能です。

インターナショナルターゲティング

インターナショナル ターゲティング レポートを使用すると、hreflang エラーを監視したり、検索結果で優先すべき国を選択したりできます。

モバイル ユーザビリティの状況

スマートフォンやタブレットなどの端末でページを閲覧した際に、ユーザーがスムーズにサイトを閲覧・回遊できるような文字サイズ、ボタンの間隔、コンテンツ表示領域などがきちんと対応しているか確認できるレポートです。

サイトの インデックス状況

自社内のサイトがきちんとインデックスされているか確認する機能です。

インデックスに登録されてページの総数、クロール済みかどうか、ロボットによりブロック済みか、削除済みになっているか確認できます。

クローラーのアクセスをブロックした詳細

サイトで使用されているリソースのうち、Googlebot によるアクセスがブロックされたものが表示されます。

URLの一時的な削除機能

所有する URL を検索結果から一時的に削除する機能です。

クロールエラーレポート

サイト内を定期的にクローラーが巡回する際に、見つかったエラーを確認することができます。

Fetch as Google

Fetch as Google ツールを使うと、サイト上で Google が行う URL のクロールまたはレンダリングの方法をテストすることができます

アナリストが知っておきたい機能

Googleサーチコンソールをアナリストが使用する上で必須との機能といえば、検索クエリのレポートのなります。
自社ページにユーザーがどういったキーワードで流入したかを確認することができます。

また、被リンクもサイトのアクセス状況に大きく影響するので、確認をしておくべきでしょう。

アナリストとしては、期間別にデータを集計し、掲載順位が伸びているクエリのコンテンツ強化をおこなうことが求められます。

エンジニアが知っておきたい機能

エンジニアとして、知っておきたい機能としては、各種エラー通知機能です。

また、SEO観点で言えば、クローラーがページを巡回しやすい状況を作っておくことが求められるため、サイトマップなどを確認しておくようにしましょう。

近年モバイルのユーザービリティがSEOの影響度が高くなっているため、その点にも気を配っておくと、エンジニアとして評価にもつながります。

Googleサーチコンソールの設定方法

次にGoogleサーチコンソールの設定方法について解説していきます。

手順としてはとても簡単で、初期の設定だけであればすぐに完了することができます。

まずは、Googleサーチコンソールを検索して、アクセスしましょう。

「今すぐ開始」をクリックします。

次のページで、サイトのURLを入力します。自社のホームページのURLを入力してください。

入力を終えたら、「プロパティを追加」をクリックしましょう。

次にサイトの所有権の確認画面となります。

デフォルトでは、HTMLファイルのアップロード画面が表示されますが、スクロール下部にあるHTMLタグ、Googleアナリティクス、Googleタグマネージャー、ドメイン名プロバイダでも確認可能なので、やりやすい方法をとってください。

上記で初期設定は完了です。

Googleサーチコンソールの削除方法

Googleサーチコンソールの登録済みサイトの削除方法についても解説していきます。

手順としては簡単なため、SSL化されていないサイトなどがあれば、エラー通知が来ないようにするためにも、実施していきましょう。

手順は以下となります。

1.Googleサーチコンソールのホームボタンをクリック
2.プロパティの管理から「プロパティの削除」を選択
3.このプロパティを削除して良いか?とウィンドウが開くので、OKをクリック

上記で対応は完了します。

Googleサーチコンソールの平均掲載順位が下がった場合の対処法

GoogleサーチコンソールはSEO観点で非常に重要なツールという点は、すでにお伝えした通りですが、ツールを見ていく中で「平均掲載順位」が下がることは珍しくありません。

平均掲載順位が下がった要因を探すためには、Googleサーチコンソールのエラーをまずはチェックすべきです。

特にエラー通知がない場合は、その他の要因を考えるべきでしょう。

市場の変化、ユーザー心理の変化

当然ですが、外的要因も考えられます。競合サイトがSEO対策をおこない、掲載順位の逆転が起きる場合や、Googleのアルゴリズムのアップデートの可能性もあります。

また、サイトへの流入キーワードが季節性を伴う場合、(受験、お盆など)季節が過ぎたことで、平均順位に変動がある可能性もあるでしょう。

そういった場合は、Googleサーチコンソールの平均掲載順位が下がったクエリをピックアップすると共に、ベンチマークしていた競合の動向を調べてみてください。

掲載順位を維持するにはユーザービリティとクローラビリティが重要

掲載順位の基準を決めているのは、あくまで「Google」です。そこを踏まえた上で、サーチコンソールを見ていきましょう。

SEOで上位表示を維持する場合、Googleの掲載順位の基準である「ユーザーが求めているコンテンツかどうか」が非常に重要です。ユーザーのクエリに対しての答えがサイト内にあるかを確認しましょう。

またクローラビリティの観点ですが、Googleのクローラーが読み込みやすいサイト構造になっているかどうかです。メタキーワードや、ディスクリプション然り、〈h2〉〈h3〉タグも然りです。

リンク先がないページなども平均掲載順位に大きく関わるので、クローラー判断しやすいサイトになっているかどうか調査しましょう。

Googleアナリティクスとの違いを解説

Googleアナリティクスは、どのページにどのくらいユーザーが流入しているのか、どういった経路から流入・遷移しているのかを確認するツールです。

対して、Googleサーチコンソールは、どのようなキーワードで検索し、ページに訪れているのかを確認するツールです。

SEO効果を高めていくためには、Googleサーチコンソールだけでも、Googleアナリティクスだけでもダメです。どちらのツールも並行し使用することで、全体のSEO効果を高めていけます。

Googleサーチコンソールを連携するメリット

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスを連携させるメリットについてですが、下記の4つの指標をアナリティクスの管理画面から閲覧できるようになります。

1.ランディングページ
2.国
3.デバイス
4.検索クエリ

GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスでは、それぞれしか分析できない範囲があります。

■Googleサーチコンソール
・ランディングページ
・表示回数
・クリック数
・CTR
・平均掲載順位
・セッション

■Googleアナリティクス
・直帰率
・ページ/セッション
・目標の完了数
・コンバージョン率

つまり、サーチコンソールとアナリティクスを連携することで、それぞれの範囲を同時に分析できるようにあるので、効率化できる点がメリットになります。

連携しているかを確認

まずは現在Googleアナリティクスとサーチコンソールが連携されているかを確認します。

Googleアナリティクス上で、「レポート」⇒「集客」⇒「Seach Console」⇒「検索クエリ」と選択します。

もしここでデータが表示されている場合は、既にGoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスが連携されていることになります。

Googleサーチコンソールの連携

上記で、Googleアナリティクスと連携がされていなかった場合は「このレポートを使用するにはサーチコンソールの統合を有効にする必要あります」と表示されます。

まず連携の手順としては、サーチコンソールのデータの共有の設定をクリックしてください。

次に、プロパティ設定の画面に遷移するため、ページをスクロールし、「サーチコンソールの調整」をクリックしてください。

その後、サーチコンソールの設定という画面で「編集」をクリックし、サーチコンソールのサイトへ移動し、連携したいサイトを選択して「保存」をクリックします。

以上で、GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携は完了です。

ここだけは理解してほしい、どうしてアナリティクスでユーザーの動向がわかるのかアナリティクスのタグの仕組みそもそもなのですが、Googleアナリティクスって一体何で...

  

GoogleサーチコンソールはSEOだけでなく広告にも使える

一般的に、GoogleサーチコンソールはあくまでSEOツール、という認識が強いですが、実際はリスティング広告などの広告運用で活かすことも可能です。

例えば、自然検索の検索クエリを分析して広告の訴求に活かす、検索クエリを広告のキーワードとして追加するなどが活用方法として考えられます。

自然検索も有料検索も検索エンジンを使用していますので、データには密接な関係があります。

よって、両者を上手く連動させることでより大きな成果に繋がるのです。いくつか、具体例を紹介しましょう。

検索クエリを参考にキーワードを追加する

まずは、Googleサーチコンソール上で流入数が多いキーワードを広告のキーワードとして追加する事です。

Googleサーチコンソール上では、表示回数、クリック数、クリック率、掲載順位を確認できますが、例えばクリック率が高いキーワードであれば、ユーザーがまさに求めているキーワードとなります。

また、自然検索で掲載順位が高いキーワードでも、広告のキーワードとして入札することで、検索結果画面の広告枠と自然検索枠をどちらも押さえることができるので、よりコンバージョンへ繋がる可能性が高くなります。

よく見られているページを広告の遷移先として設定

広告の遷移先として、基本的には広告用のランディングページを制作し配信しますが、自然検索でよく見られているページを広告の遷移先として設定することで、コンバージョンを獲得できる可能性があります。

また、よく見られているページを更に広告用に調整を加え、記事ページとして作成することも有効です。

潜在層向けに配信するディスプレイ広告などは、記事コンテンツとの相性が良いため、成果があがる可能性高いです。

広告からSEOを高めることも可能

もちろん、Googleサーチコンソールのデータを広告に活かすことができるという事は、逆に広告のデータをSEOを活かすこともできます。

広告配信をおこなって、コンバージョンが獲得できたキーワードや、広告文などの訴求を記事コンテンツ化して、サイトドメイン配下に置くことで、よりユーザビリティを高められます。

現在のSEOの指標は、ユーザーが求めるコンテンツを提供することに重きが置かれているため、広告で反応が良い=ユーザーが求めている、と解釈ができます。

それぞれの長所を組み合わせ、自然検索と有料検索どちらも成果最大化を図っていきましょう。

リスティング広告ってどうなの?使えるの?まずリスティング広告の市場を見てみましょう。こちらは株式会社D2C、株式会社CCIが共同で2017年2月に電通が公表した2016年の...

 

WebマーケティングにおけるGoogleサーチコンソールを活用方法

現在のWebマーケティングでは、サーチコンソールでSEOを強化する、アナリティクスだけ使って分析する、Google広告だけで広告の成果を追うという部分的な考えでは、売上を上げていくのは難しいです。

当然ながら、サイトの立ち上げ当初ではいくらGoogleサーチコンソールを眺めていても、サイトへの流入数は上がりません。また、広告だけやっていては他の競合サイトや、個人アフィリエイターが売上には追い付きません。

Webマーケティングでは、様々な集客方法を平行して進める必要があります。
はじめは広告から、サイトの設計から、などビジネスによっても差があるとは思いますが、全ての視野を持ち、マーケティングを考えていきましょう。

Googleサーチコンソールはマーケティングツールの中の1つに過ぎません。

サーチコンソールをSEOだけでなくWebマーケティングに活用しよう

Googleサーチコンソールの使い方について解説してきました。

Googleサーチコンソールは、アナリスト、エンジニアなどWebに関わる職種であれば、皆さんが使うツールです。
使い方をしっかりマスターして、業務へ活かしてください。

また、Googleサーチコンソールをマスターしたから完璧というわけではなく、マーケティング全体に活用する必要があります。自社のサイトへ訪れる検索クエリのデータなどは、「財産」です。

上手くそのデータを活用し、マーケティング全体で成果が出せるように活用してください。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧