【図解】直帰率と離脱率の違いとは

サイトに来たユーザーの動きを分析する時、「直帰率」と「離脱率」という指標を使います。サイトを離れたという点では同じ意味に感じられますが、この2つの言葉はどのように違うのでしょうか。 意味を理解していないと分析結果もまちがってしまうので、しっかりと違いを理解していきましょう。

直帰率とは

直帰率とは、サイト内の1ページしか閲覧されないまま離脱したセッションのことです。
(※セッション:「訪問」「ビジット」と同義)

つまり初めてサイト内のページに訪問し、その後他のページに遷移することなく離脱してしまったセッションの割合のことです。

直帰自体が「どこにも立ち寄らずに帰る」という意味合いになるので、もしよく分からなくなってしまったら、単語の意味に立ち返ってみると分かりやすいです。

直帰率が高い場合、問題点としては他のページへのリンクなど回遊させるための工夫が少ないことなどが考えられます。

そのページを読んだユーザーにとって、さらに役立つ関連情報のページなどを、リンクで教えてあげるなどの改善が有効になるでしょう。

離脱率とは

離脱率とは、閲覧ページから離脱したセッションのことです。

「え、直帰率と何が違うの!?」と感じる方も多いと思いますが、離脱率とは直帰率も含む割合のことなんです。

図解すると、

このようにユーザーの動線によってセッション割合の呼び名が変わってくるんです。

そして、離脱率は①も②も含む数ということになります。この離脱率は直帰率も含んでいるということが重要なので、しっかり覚えておきましょう。

離脱率は以下の方法で算出できます。

離脱率の数値が大きいほど、そのページは改善が必要といえますので、サイト改善の指標として活用できます。

戦略立案に関連する用語CRM(カスタマー・リレーション・マネジメント)「顧客関係管理」または「顧客管理」と訳される、顧客との関係を構築・管理する顧客志向のマネジ...

初心者でもWeb広告運用が簡単になるコツとは?これから運用される方からも、既に運用されている方からもWeb広告は「難しい」と思われがちです。その理由はおそらく、Web...

まとめ

Web用語には紛らわしい用語が多いですが、意味合いを間違えたまま分析すると、施策を打ち間違えることになってしまいます。

各々の違いをしっかりと覚えて、運用に活かしていきましょう!

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧