【図解】直帰率と離脱率の違いとは

サイトに来たユーザーの動きを分析する時、「直帰率」と「離脱率」という指標を使います。サイトを離れたという点では同じ意味に感じられますが、この2つの言葉はどのように違うのでしょうか。 意味を理解していないと分析結果もまちがってしまうので、しっかりと違いを理解していきましょう。

直帰率とは

直帰率とは、サイト内の1ページしか閲覧されないまま離脱したセッションのことです。
(※セッション:「訪問」「ビジット」と同義)

つまり初めてサイト内のページに訪問し、その後他のページに遷移することなく離脱してしまったセッションの割合のことです。

直帰自体が「どこにも立ち寄らずに帰る」という意味合いになるので、もしよく分からなくなってしまったら、単語の意味に立ち返ってみると分かりやすいです。

直帰率が高い場合、問題点としては他のページへのリンクなど回遊させるための工夫が少ないことなどが考えられます。

そのページを読んだユーザーにとって、さらに役立つ関連情報のページなどを、リンクで教えてあげるなどの改善が有効になるでしょう。

離脱率とは

離脱率とは、閲覧ページから離脱したセッションのことです。

「え、直帰率と何が違うの!?」と感じる方も多いと思いますが、離脱率とは直帰率も含む割合のことなんです。

図解すると、

このようにユーザーの動線によってセッション割合の呼び名が変わってくるんです。

そして、離脱率は①も②も含む数ということになります。この離脱率は直帰率も含んでいるということが重要なので、しっかり覚えておきましょう。

離脱率は以下の方法で算出できます。

離脱率の数値が大きいほど、そのページは改善が必要といえますので、サイト改善の指標として活用できます。

戦略立案に関連する用語CRM(カスタマー・リレーション・マネジメント)「顧客関係管理」または「顧客管理」と訳される、顧客との関係を構築・管理する顧客志向のマネジメント方法のことを指します。顧客を理解して長期的な関係を気づくことで、市場の競争が激しくなっても優良顧客を囲い込め、売上・利益は拡大できると考えられています。IoT(インターネット・オブ・シングス)「モノのインターネット」と訳される、モノとインターネットの情報が互いにつながっている状態のことを指します。あらゆるモノがインターネットと繋がるこ...

初心者でもWeb広告運用が簡単になるコツとは?これから運用される方からも、既に運用されている方からもWeb広告は「難しい」と思われがちです。その理由はおそらく、Web広告では細かな設定ができるようになっていますが「どのように、どれくらい設定していいのか分からない」からではないでしょうか。またその他に、「広告の設定は問題ないのに成果がまったくでない」と頭を抱えている方もいるのではないでしょうか。実は、Web広告の基礎は簡単なのです。それでは、「なぜ」「どこが」簡単なのかお伝えいたします。自分で初めて設定し...

まとめ

Web用語には紛らわしい用語が多いですが、意味合いを間違えたまま分析すると、施策を打ち間違えることになってしまいます。

各々の違いをしっかりと覚えて、運用に活かしていきましょう!

売上を伸ばしビジネスを拡大する方法まで解説

育成型マーケティング新戦略の電子書籍
無料ダウンロード(期間限定)

第1章:コンセプトを作る
第2章:見込客が自ら「ステップアップ」する仕組み
第3章:顧客心理にあったページでアプローチする
第4章:広告で狙った層にメッセージを届ける
第5章:既存顧客のさらなる育成方法

無料で書籍(PDF版)をダウンロードする
育成型マーケティング新戦略

関連記事一覧

獲得したリードを顧客に変え
売上アップに繋げるマーケティング戦略

【期間限定】
無料で電子書籍をダウンロードする

獲得したリードを顧客に変え
売上アップに繋げるマーケティング戦略

【期間限定】
無料で電子書籍をダウンロードする