Tips475

Web広告の手法

【まとめ】2018年のFacebook広告アップデート情報7選

288 Views

Facebook広告の機能は日々アップデートされ、どんどん魅力的になっています。

しかしアップデートした機能をFacebookが親切に教えてくれる訳ではありません。「こんな機能あったっけ?」というように、いつのまにか追加されています。

今回は2018年にあったFacebook広告のアップデートをまとめました。知らなかった機能がないか、チェックしてみてくださいね!


Web広告マーケティング大全を今だけ、無料でプレゼント中

キャンペーン予算最適化機能が追加

これまでは配信先別(広告セット別)でしか、予算を設定できませんでしたが、アップデート後にはキャンペーン単位で予算を設定できるようになりました。

これにより、反応の良い配信先に自動的に予算を振り分けて配信することが可能になりました。※キャンペーンの編集画面でON、OFFで選択できます。

この機能が役立つのは、「どんなターゲットに刺さるかわからない」商材の配信です。
複数のターゲティングを設定し、キャンペーン予算最適化の設定にすることで自動的に見込みの高い配信先に予算が振り分けられるため、効率的なテストが可能になりました。

自社の例で言うと、これまで「キャンペーン予算最適化」を行ったアカウントは、ほとんど改善できています。

動画テンプレートが利用可能に

Facebook広告の広告の動画の編集部分で、おしゃれな動画を作成できるようになりました。

今まではシンプルなスライドショーしか作成ができませんでしたが、この動画テンプレートでは手軽で簡単にクオリティの高い動画が作成できます。しかも可愛いスタンプまで使用することができるんです!

さらに今までスマホなどで動画を作成し、Facebook管理画面にアップロードしていた手間もなくなります。

作成が簡単な上に、自社で試したところ成果もしっかり獲得できています。まだ使っていない方はぜひ活用してみてください!

広告ポリシーの審査基準が厳しく

良いアップデートもあれば、広告担当者にとって悲しいアップデートもあります…

Facebook広告の利用企業が急増した影響もあり、最近は広告ポリシーがさらに厳しくなりました。

変更になった部分としては、広告ポリシーに未承認となる明確な理由の記載がなくなったことが挙げられます。

今までは広告が承認されない場合について、明確に理由の記載がありました。
しかし、未承認理由には当てはまらないが、ギリギリのラインで審査を通過する企業が多いという問題がありました。

その問題を解決する為、未承認理由を明確に記載しないことで、ギリギリのライン狙いで審査通過ができないようになったのです。

審査を通らず、広告の未承認が立て続けに起こると最悪の場合アカウントが停止してしまう可能性もあります。広告を継続的に配信するためにも、しっかりと審査の基準を守って運用するようにしましょう!

これもダメなの?不当表示と指導された表現3パターン東京都の発表によると、平成28年度はインターネット広告・表示(年間24,000件)監視の結果、インターネット上の不当...

クリエイティブレポートが機能追加で便利に

広告マネージャで、

・クリエイティブを検索したり絞り込んだりできる新機能
・クリエイティブ別の内訳を出せる新機能
・広告レベルのコンテキストの強化
・広告プレビューとコメントレビューの新機能

 
などの拡張機能を利用できるようになりました。

この機能のおかげでみたい数値だけレポートで出して確認することができます。

分析の際に便利なので、ぜひ活用してみてください!

広告マネージャーの表示項目が変更

今までの広告マネージャーの広告の数値の結果欄には、「結果」「単価」などの記載のみでしたが、新たに以前の大きな変更や、この広告はどの広告セットの中のものなのかという事も自動的に表示されるようになりました。

たまにこの広告はどの広告セットの中の広告なのかということがわからなくなってしまう時があるので、そんな時にすぐに見ることができるので便利です。

しかし、すぐに結果を見たい場合にはスライドしなくてはならない為、少し不便かもしれません。

ダイナミッククリエイティブでカルーセル広告の配信が可能に

今まで静止画、動画しか使えなかったダイナミッククリエイティブで、カルーセル形式の広告が配信できるようになりました。

ダイナミッククリエイティブとは、広告文、クリエイティブをいくつか選択しその中で広告文とクリエイティブの組み合わせで一番最適なものをFacebook側がAIを駆使して選び配信してくれる機能です。

どんな広告文が合うかわからないという商材での広告文テストにも最適な機能です。

今最もFacebook社が力を入れている機能でもありますので、今から使いこなして競合に負けないアカウントにしていきましょう!

動画の一括インポートが可能に

広告アカウントで動画広告の一括インポートがサポートされるようになりました。
動画を一括インポートすると、複数の動画広告を一度に簡単かつ効率的に作成できます。

最大10MBの動画を10本までアップロードできます。
※この機能は展開中のため、まだ利用できない可能性があります。

今まで動画をインポートする際に1つずつインポートしなくてはならないため、時間がかかり非常に面倒だったんです…
この機能が追加されたことで時間も短縮できとても便利になりました!

まとめ

Facebook広告はどんどん進化していきます。大切なことはアップデートにしっかりと自分自身(担当者)もついていくことです。

今、成果が良くっても現状維持をしているだけでは、いずれ衰退してしまいます。アップデートしている最新機能をいち早く活用して、より効果的にFacebook広告の配信を行っていきましょう!

Writer

有馬由華

有馬由華 有馬由華の記事一覧  

株式会社リスティングプラス コンサルタント
Web集客の最新トレンドを作り出すSNS広告に興味を持ち、事業部長を女性が勤めるなど、特に女性が活躍しているリスティングプラスに憧れ入社。
学生時代3つのアルバイトを掛け持ったガッツと、スポンジのような吸収力で広告スキルも急成長中。どうぶつの森の住人である。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたも私たちと一緒にWeマーケティングを極めませんか?

関連記事-Related Post