Tips470

Webマーケティング

インフルエンサーマーケティングとは?SNS社会が生んだ新手法の実態

1259 Views

広告を表示させないようにするアプリがあるのをご存知でしょうか。
いたる所に広告がある現代で、ユーザーは広告を敬遠するようになりました。

そこで注目されているのが、多数のフォロワーを抱えるインフルエンサーと協力してコミュニケーションを行う「インフルエンサーマーケティング」です。

今回は、広告が見てもらえない時代に注目を集めているインフルエンサーマーケティングについて、基礎からリスクまでわかりやすく説明します。

Web広告マーケティング大全を今だけ、無料でプレゼント中

インフルエンサーって何?

インフルエンサー (英: influencer)とは、世間に与える影響力が大きい行動を行う人物のこと。
従来の有名人やタレントといった知名度があって多数のフォロワー数を持つインフルエンサーと比べ、フォロワーが相対的に少なく万単位に満たない場合は、マイクロインフルエンサーと呼ばれる。

引用:Wikipedia

このように、インフルエンサーとは影響力が大きく知名度の高い人物を指します。
ただここにもあるように、最近は芸能人以外にもマイクロインフルエンサーと呼ばれる人物が増えてきています。

マイクロインフルエンサーは、特定のコミュニティで強い拡散力を持つ人物を指します。
インフルエンサーに比べるとフォロワー数や認知度は低いですが、その分各ジャンルでの影響力が強いことが特徴です。

個人の情報発信、コミュニケーションの場としてSNSが普及した今、メディアの露出の有無に限らず一般人も大きい影響力を持つようになったということです。

SNS社会が生んだインフルエンサーマーケティングとは

インフルエンサーマーケティングとは、「インフルエンサーやマイクロインフルエンサーの影響力を活用し自社の商品・サービスの宣伝を行うマーケティング手法」です。

具体的には、インフルエンサーに企業の商品やコンテンツを実際に利用してもらい、ブログやSNSを使って宣伝してもらうことが一般的で、インフルエンサーによる投稿がより多くの人に拡散されることが目的となります。

現在、世界のインフルエンサーマーケティング市場は約560億円程と言われています。今後、日本でも市場はどんどん拡大されていくと予想されています。

というのも、SNSのユーザー自体が増加し続けているからです。例えばインスタグラムであれば、前年比30%の成長率で伸びています。

このようにインフルエンサーマーケティングは今後も伸びていく可能性が大いにありますので、マーケティング手法の1つとしてしっかり理解しておきましょう。

インフルエンサーは媒体ごとに使い分けるべし

インフルエンサーマーケティングをSNSで行なうには、そのSNSにおけるユーザーの属性も重要です。
ここからは、インフルエンサーマーケティングで使われるSNS各媒体の特徴を説明します。

Instagram

メインユーザーは、10代~30代です。若年層が多いですが、最近では主婦層の利用率が高いというデータも出ています。

「インスタ映え」という言葉があるようにインスタグラムでは画像のクオリティや世界観が重要です。

そのため、Instagramで扱う商品としては写真映えするような化粧品や食品等がマッチするでしょう。

Facebook

メインユーザーは、30代~40代です。Facebookは、実名での登録が原則であり、ビジネスのために活用している人が多いのが特徴です。

また実名で登録している分信頼性も高いので、拡散される質が高いです。

ビジネスマンをターゲットとしている商品がマッチするでしょう。

Twitter

メインユーザーは、10代~40代。他媒体に比べ若年層のアクティブ率が高いです。

また拡散性が高い、リアルタイム性が高いというのが特徴です。

最新の情報をリリースする等のリアルタイム性を活用したいときにはおすすめの媒体です。

YouTube

メインユーザーは、10代~40代。YouTubeは世界最大の動画共有サービスであると同時に、世界第2位の検索エンジンとも言われています。また日本国内で最も利用者数が多い動画共有サービスです。

他媒体に比べ、動画でより詳しく商品やサービスを紹介できるというのが特徴です。

マッチしている商材というよりも、その商材とYouTuberがマッチしているかということが重要です。

おすすめサービスを紹介!

インフルエンサーマーケティングをやりたいと思っても、どこに依頼すればいいか分からない人も多いと思います。
ここからはそれぞれの媒体に特化したインフルエンサー広告サービスを紹介します。

UUUM

UUUM はYouTubeに特化したサービスです。

YouTuberと呼ばれるYouTube上で影響力の高いインフルエンサーがPRをしてくれます。
YouTuberを使って、動画上で多岐にわたる商材を様々な形で紹介できることが特徴です。

UUUM株式会社公式サイト

インピアル

インピアルはTwitterに特化したサービスです。

TwitterやFacebookで影響力を持つインフルエンサーがPRをしてくれます。
メインの媒体がTwitterのため拡散性が高いことが特徴です。また、クリック課金型のため低予算から始めることが可能です。

株式会社インピアル公式サイト

#TAGPIC

#TAGPICはInstagramに特化したサービスです。

Instagram上で影響力の高いインフルエンサーがPRをしてくれます。
Instagramは写真がメインのSNSのため企業のイメージを作り上げるブランディング効果が高いのが特徴です。

#TAGPIC公式サイト

インフルエンサーも使い方次第

インフルエンサーの選定で結果が決まる

インフルエンサーマーケティングにおいて最も重要なことは、商品やサービスにあったインフルエンサーを選ぶことです。
どんなにフォロワー数が多いインフルエンサーにPRをしてもらっても、商品やサービスとマッチしていなければ効果は期待できません。

下記の項目をしっかり確認し、自社に合ったインフルエンサーを選びましょう。

・フォロワー数
・フォロワーの年代、属性
・普段の投稿
・投稿に対するフォロワーからの反応(イイねやコメント欄)
・インフルエンサーの価値観、性格、ライフスタイル

インフルエンサーを信頼できずに成功はない

インフルエンサーマーケティングでよくありがちなのが、インフルエンサーに自社の商品やサービスを押し付けることです。

自社の言いたいことを伝えてほしいという気持ちは十分分かりますが、インフルエンサー1人1人に世界観というものがあり、多くのフォロワーはこの世界観が好きだからフォローをしているのです。

その世界観を企業の無理強いで壊してしまうと、結果的に信憑性が薄れてしまい広告の効果もなくなってしまいます。

商品やサービスの良さをインフルエンサーにしっかり理解してもらうところまでは関与が必要ですが、その後のPRの仕方はインフルエンサーに任せましょう。

まとめ

従来のインフルエンサーマーケティングが一般にも認知されてきたことで、今は、より広告感なく商品をPRできるマイクロインフルエンサーに注目が集まっています。

それに伴い、影響力が及ぶ範囲や世界観、得意な媒体などについてもより選定が重要になってきます。

自社にマッチしたインフルエンサーを選定し、リスクをよく理解した上で効果的に活用していきましょう。

Instagramを使った集客についてはこちらから↓

インスタグラムって人気らしいけど、そもそもどんなSNSなの?インスタグラム(Instagram)とは、一言で言えば、「写真や動画を撮影・投稿・シェアできるSNS」のこ...

Instagram広告の成功事例 8選まずはInstagramの公式サイト「Instagram Business」より、成功事例をご紹介します!Instagram広告とは?、について詳しく知りたい方はこ...

Writer

大橋眞子

大橋眞子 大橋眞子の記事一覧  

株式会社リスティングプラス コンサルタント
大学時代にマーケティングの面白さに気づき、最新のマーケティング手法に携わることのできるWebマーケティング業界への就職を志す。
リスティングプラス入社後は、アフィリエイト事業部に所属し日々精進中。好きな映画はハリーポッター。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

あなたも私たちと一緒にWeマーケティングを極めませんか?

関連記事-Related Post