インフィード広告とは?メリット・デメリットから成功の秘訣まで一挙紹介!

インフィード広告とは


インフィード広告とは、「ソーシャルメディアやモバイルサイトのフィード(feed)の中(in)に表示される広告」を指します。あなたも普段サイトやSNSを見ている際に、広告を目にしたことがあるはずです。

サイトやSNSのコンテンツ内に自然と溶け込んでいる広告が、インフィード広告なのです。

基本フォーマットは画像とテキストの組み合わせ

インフィード広告のフォーマットは、画像とテキスト広告が組み合わされたものが一般的です。一部インプレッション課金はありますが、クリック課金型がほとんどで、さまざまな広告媒体で出稿可能です。

上記のように「広告」とは記載があるものの上下のコンテンツと変わらない見せ方ができるため、通常のバナー広告に比べクリック率が高くなることも、インフィード広告の特徴の一つです。

一般的なインフィード広告を紹介

一般的に知られているインフィード広告は下記になります。代表的なのはYahoo!ディスプレイネットワーク、通称YDNのインフィード広告です。

・YDNインフィード
・Facebook広告
・インスタ
・Twitter
・LINE
・スマニュー
・グノシー

YDNでは、Yahoo!の公式サイトはもちろん、知恵袋などのYahoo!コンテンツ内に広告配信が可能です。FacebookやTwitterなどのSNS広告の場合は、タイムライン上に投稿形式で広告が表示されます。

最近ではSmartNewsやグノシーなどのニュースアプリでもインフィード広告はよく見られます。

FacebookやDSP広告についてはこちらの記事が役立ちます↓

Facebook広告とは何かFacebook広告とは、Facebook内に表示される広告のことです。SNS広告の一種で、ユーザー数の多さや精密なターゲティングが可能な点が特徴です。どの...

DSPの仕組みDSPとは、Demand Side Platformの略称であり、ざっくり言うと「広告を出したい」という広告主側のプラットフォームです。そして、DSP広告を説明する上で切り...

今は、広告配信でもスマホユーザーが大多数


インフィード広告が成長している背景には、スマホの普及があります。
インフィード広告は基本的に、パソコンではなくスマートフォン向けの広告配信方法です。

Google広告やYahoo!プロモーション広告の成果を見ても、現在はパソコンユーザーよりもスマホユーザーのほうが圧倒的に数が多い状態です。

商材やターゲットによって、配信するデバイスに向き不向きがありますが、スマホユーザーを狙っていく場合、インフィード広告は絶対に配信するべきです。

インフィード広告のメリットとデメリットを紹介

メリット:サイトやアプリ利用ユーザーに自然にリーチできる

インフィード広告のメリットは、ユーザーの目に入りやすい、バナーと比較しても広告臭が少ない等が上げられます。まとめると下記の通りです。

【メリット】
・ユーザーの目に留まりやすい
・コンテンツの一部として見せられる
・クリック率が通常バナー広告と比較すると高い

こうした広告は、ネイティブ広告の1つとされ、広告らしさを感じさせない自然な広告と定義づけられています。
リスティング広告や、バナー広告は一目で「広告」だと分かりますが、インフィード広告の場合、より自然にユーザーにアプローチすることができます。

そのため、ユーザーに広告としての先入観を持たれずに商品やサービスをPRできるのです。

デメリット:コンテンツ要素を含めないと逆効果

もちろん、インフィード広告にはデメリットも存在します。インフィード広告が広告臭が少ないとメリットでお伝えしましたが、デメリットとしても働きます。

ユーザーはインフィード広告をコンテンツとしてクリックするので、広告のリンク先設定のページによっては、逆効果になる可能性もあります。

【デメリット】
・広告のリンク先が広告要素が強いページだと離脱に繋がる
・ターゲットではないユーザーのクリックが増える可能性がある
・ページによってはCPA悪化の可能性もある

インフィード広告では、ユーザーに対してコンテンツの一部としてページを見せながら、自然な形や構成でコンバージョンへと導く必要があります。

現在は多くの企業がWeb広告を導入し、ユーザーは毎日数え切れないほどの広告に触れています。そうするうちに、今のユーザーはどれが広告が判断できるようになっています。

広告をうっとおしいと思っているユーザーも多く、「広告だ」と思ったクリックしてもらえない、見てもらえない可能性が高くなりました。
そのためあからさまな広告としてではなく、商品やサービスの利用体験、評価、口コミなどを交えて自然な形で見せる必要性があるのです。

インフィード広告の成果事例を紹介

インフィード広告と通常のバナー広告の成果を比較したデータが、Yahoo!の公式ページに記載されています。

上図を見ると、クリック数やコンバージョン率が、通常広告に比べて飛躍的に伸びていることが分かります。

Web広告には、自社の商品やサービスを通常アプローチができないユーザーに対して、効果的に知ってもらう・購入してもらうという目的があります。

Web広告を導入するのであれば、このように高い効果が期待できるインフィード広告は、どのような商材・サービスであっても検討すべき手法でしょう。

実際の事例を紹介

弊社で実際に運用しているインフィード広告の成功事例をいくつか紹介します。

・商材「婚活セミナー」
月間CV:112
月間CPA:3,652円

通常バナー   :CVR:0.65%
インフィード広告:CVR:0.50%

・商材「株投資講座」
月間CV:107
月間CPA:2,257円

通常バナー   :2.86%
インフィード広告:5.78%

上記は一例ですが、弊社でも必ずインフィード広告は設定して運用します。

インフィード広告で成果を出すためのポイント


インフィード広告で成果を出すためには、広告を自然に見せるにはどうすれば良いか?という点がポイントになります。

ここまで何度もお伝えした通り、インフィード広告はユーザーに「これは広告だ」という先入観をなるべく少なくしてアプローチするため、広告文やリンク先ページを工夫することで、より成果が見込めます。

ユーザー心理に合わせたクリエイティブ

インフィード広告で成果を出すためには、まず自社の商品やサービスのターゲットを明確化し、そのターゲットに合わせたクリエイティブを考える必要があります。

女性用の美容系の商品であれば、もちろん女性に好まれるクリエイティブ。さらにシワやたるみの商品だったとして、単純に女性の肌の画像にすれば良いというわけではありません。

ターゲット(ペルソナ)を考えた時に、そのユーザーの悩みや日常生活まで想定し、反応が得られそうなクリエイティブを選定することもポイントです。

商材にあわせたターゲティング

インフィード広告では、ターゲティングの精度が肝となります。YDNでもFacebookなどのSNS広告でも同様です。

基本的には、各媒体様々なターゲティングがありますが、顕在層向けと潜在層向けの配信があります。

まずは顕在層へリーチできるターゲティングで配信し、獲得ができたら徐々に潜在層へ広げ拡大させていきましょう。

顕在層の配信といえば、リターゲティングや類似ターゲティングが一般的です。逆に興味関心カテゴリなどは、潜在層になることが多いため、慎重にテストしていくほうが良いでしょう。

コンテンツ要素が強いページ制作

また、インフィード広告ではコンテンツ要素が強いページも必須になります。

例えばGoogleやYahoo!の検索広告で配信するような売り込み要素が強いランディングページは、すぐに離脱されてしまう可能性があります。

読み物としてユーザーにとって有用性が高いページ制作が、インフィード広告の成果に大きく関わってくるのです。

最大ポイント:インフィード広告は記事と相性が良い!

何度も繰り返しになりますが、インフィード広告はコンテンツ内に表示されるため、広告が掲載されるページのコンテンツとマッチしている事が重要です。
インフィード広告では、記事型LPとの相性が非常に良いとされています。

理由としては、いかにも広告というページよりも、続きが気になる、共感性が高い読み物のほうが、インフィード面とマッチするためです。

インフィード広告を配信するなら、記事LPの配信は必須だと考えてください。

記事の役割は「ユーザーの教育」

ただ離脱されにくいという理由から記事LPが良いというワケではありません。

インフィード広告では、今すぐ欲しいという層よりも、潜在的に悩みを持っている層が広告に反応します。

本当に必要であれば離脱はしませんし、むしろ検索行動をとって、現状の問題を解決できるサービスを探すでしょう。

記事LPの役割はそうした潜在的なニーズに対して、この商品・サービスがオススメという事を教育するところにあります。

購買意欲が高まったところでランディングページに訪れれば、ユーザーの反応が変わってCPAやCVを改善できます。

記事LPは読了率と遷移率がポイント

記事LPをインフィード広告で配信する場合、「読了率」「遷移率」の改善がポイントです。
読了率は記事を最後まで読んでいる人の割合。遷移率は、記事LP内のリンクから他のページへ遷移した割合です。

弊社の場合では、遷移率10%、読了率20%を基準に記事LPを改善しています。記事LPも作って終わりではなく、広告を配信してパフォーマンスが悪い場合は、どんどん改善していきましょう。

ヒートマップを使って改善

記事LP以外にも言えることですが、ヒートマップツールを使って、読まれているポイントや離脱ポイントを見る事も重要です。

どれだけ良い商品、サービスだったとしても、伝え方が悪ければ売れることはありません。記事の構成をユーザーの悩みと共感させ、自然と購入したいと思われるようなページへ改善していってください。

まとめ

インフィード広告についてメリットデメリット、成果事例をあわせながら紹介してきました。

現在Web広告をやっていない方はもちろん、配信はしているがインフィード広告は配信していないかもという方はぜひ実践してみてください。

また、インフィード広告で成果があまり出ていない場合は、記事LPを作成し、遷移率や読了率を基準とさせながら広告を配信してみることがおすすめです。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧