PPC広告とは?間違いがちなポイントやメリット・デメリットについて解説

Web広告やWebマーケティングに携わっていると、「PPC広告」という言葉はよく耳にしますよね。 しかしPPC広告ってなに?と言われると説明できなかったり、リスティング広告とどう違うのかと聞かれると答えるのが難しい人も多いでしょう。 そこで今回はPPC広告について、正しい意味からメリット・デメリットまで解説します。この機会に正しい知識を身につけてしまいましょう。

PPC広告とは

PPCとはPay Per Click(ペイ・パー・クリック)の略であり、PPC広告とはクリックされるごとに課金される広告のことを指します。

つまり、クリックされなければ何回表示されたとしても広告費はゼロです。
クリックの回数の分析が可能なインターネットならではといえる広告システムです。

インターネットを使う広告ではこのPPC広告を使うことが多く、売上や成果を拡大するために今や欠かせない手段になっています。

混同しがちなPPC広告とリスティング広告

PPC広告をリスティング広告と同じ意味で使っている人がいますが、厳密には少し違います。

正しくは、PPC広告の種類のうちの1種類がリスティング広告なのです。
PPC広告の中には、リスティング広告以外にもクリック課金型のディスプレイ広告なども含まれます。

※下記図赤枠部分が検索連動型広告

※下記図赤枠部分がディスプレイ広告

リスティング広告は「検索連動型広告」に限定され、代表的なものでいうとGoogleやYahoo!の検索結果に連動して表示される広告です。

例えば、検索エンジンのYahoo!ではYahoo!プロモーション広告というPPC広告を提供していますが、Yahoo!プロモーション広告にはYahoo!スポンサードサーチ(YSS)とYahoo!ディスプレイアドネットワーク(YDN)というPPC広告があります。

Yahoo!スポンサードサーチは検索連動型広告なのでリスティング広告にあたりますが、Yahoo!ディスプレイアドネットワークはYahoo!Japanのサイト内や、提携サイト上にバナー広告を表示させるものなので、リスティング広告ではありません。

ここはよく間違われるポイントなので注意しましょう。

リスティング広告の種類をもっと知りたい方は↓

こんにちは今回はリスティング広告の種類についてお話したいと思います。「リスティング広告」といえば「YAHOO!リスティング広告」「Googleアドワーズ」の...

PPC広告のメリット

PPC広告のメリットとしては、初期費用が安く、パソコンとインターネットがあれば誰でも簡単に広告を掲載できる点、そして、クリック課金型の広告であることから費用対効果(ROAS)が高いことが挙げられます。

ROASの意味や計算方法についてはこちらから↓

ROASとはROASとはReturn On Advertising Spendの頭文字を取った略語であり、一般的には「広告の費用対効果」と言われたりします。具体的に何を意味するかと言うと、消化...

雑誌や新聞など多くの広告手法はユーザーが目にする、しないに関わらず広告枠の買い付けのために広告費用が発生します。つまり、興味のないユーザーにも広告費がかかってしまうのが一般的です。

一方、このクリック課金制はユーザーが興味を持ってクリックしたときにだけ広告費がかかるので、配信しているだけなら広告費は発生しません。
よって、少なからず興味を示したユーザーのみを対象にできる広告手法なのです。

さらにいつでも広告文を自由に設定、変更できます。
一般的な広告手法では、緊急の場合にも広告内容の変更をすることができないのに対し、PPC広告は規定範囲内であればいつでも自由に広告を変更することが可能です。

また、PPC広告では販売ページにコンバージョンタグを設置することで明確な費用対効果を知ることができます。

どれのくらいの広告費でどれくらいの反響があったかという数値は販売元として必須の情報であり、この後の販売計画にも関わってくる情報です。
雑誌や新聞などの媒体では反響を確かめることは困難ですが、PPC広告ではこれらを全て可視化できるのです。

PPC広告のデメリット

それに対してデメリットは、昨今PPC広告も利用者が増え、クリック単価が高くなってきている点です。

これではクリックを増やすために高い単価を設定しても、そこから売上に繋がらなければ広告費用が積み重なるばかりになってしまいます。

ここで必ず考えなければいけないのは商品が購入されるかどうかという「転換率」です。

例えば、あるキーワードに対して、クリック単価が200円だったとします。このキーワードで10回広告がクリックされれば、2,000円の広告費が発生します。
1ヶ月広告をかけ続けたとして、1日あたりの予算を2,000円にすると、約60,000円の広告費が必要となります。

この60,000円の予算で、300クリックされる計算となりますが、このあとに商品の購入へ結びつくかが重要です。
300クリックの中に売上につながるものがどれだけあったか、しっかり数値を把握すれば、広告費ばかりがかさみ売上や収益につながらないなどという事態は防げるでしょう。

まとめ

このようにPPC広告は使い方次第で結果が大きく変わる可能性があり、うまく運用すれば、効率良く売上をあげることができたり、見込み層の発掘をできたりと有能なツールになります。
そのためにも「広告を出して終わり」ではなく、広告効果で訪れたユーザーを継続して惹きつける工夫も必要です。

PPC広告は誰でも簡単に始めることができ、更に低コストからスタートできます。
しかし、商品やサービス、広告の先にある遷移先のページの質が良くなければ成果を得ることができないものです。

実際に運用を始める前にしっかり準備をして効率的に集客を行っていきましょう。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧