【2019年最新版】Googleアナリティクスの設定方法を初心者向けに詳しく解説

Webサイトを運営する際に必ず設定して欲しいツールの代表格が、アクセス解析ツールのGoogleアナリティクスです。 今回はこのGoogleアナリティクスの使用する際に必要な設定について、最新版の情報を解説します。

なぜ、Googleアナリティクスを使うべきなのか?

そもそも「なぜGoogleアナリティクスを使うべきなのか?」という疑問が出ないくらい、Googleアナリティクスはアクセス解析ツールとしてポジションを確立しています。

その理由は、

  • 無料で様々な機能を使える
  • 世界中のWebサイトで利用されている
  • Google検索を始めとした、Web関連サービスを幅広く展開しているGoogleが提供している

という機能面・実績面での強みがあるからで、総合的に考えた時にもアクセス解析ツールとして非常に有力な存在です。

アクセス解析ツールを設定する目的は、「アクセスの状況を把握し、マーケティングの改善につなげるため」ですが、その目的を達成する上で、

  • ツールを活用する上で必要な情報がWeb上で簡単に手に入る
  • サービスが安定して稼働していて、計測の正確性にも信頼がある

という特徴を持つGoogleアナリティクスは有力な選択肢なのです。

一方で、有料でも手厚いサポートがついた他のアクセス解析ツールと比較すると、Googleアナリティクスは自力で情報収集して設定し使用するケースが多いので、ここでつまづいてしまう方もいるかもしれません。

ただ、「費用を抑えてWebサイトのアクセス解析と改善を行いたい」場合、Googleアナリティクスは設定すべきアクセス解析ツールであると断言できます。

Googleアナリティクスの設定3つのステップ

具体的にGoogleアナリティクスを使用する上で必要な設定のステップですが、

  • Googleアナリティクスアカウントを作成し、トラッキングコードを取得する
  • 取得したトラッキングコードを解析対象のWebサイトに設定する
  • Googleアナリティクスの管理画面でトラッキング状況を確認して設定が完了

の大きく3つのステップに分かれています。

Googleアナリティクスの細かな機能まで活用したい場合は、設定項目と設定作業量が膨大になります。
しかし、アクセス解析をスタートするだけならたった3つのステップで設定が完了するので簡単です。

Googleアナリティクスアカウントを作成する

まず、最初にGoogleアナリティクスのアカウントを作成します。

Googleアナリティクスのアカウントを作成するためには、Googleアカウントが必要なのでそちらを取得しましょう。

必要情報を入力しGoogleアカウントを取得したら、Googleアナリティクスのログイン画面にアクセスします。

アナリティクスのアカウントが無い場合は新たにアカウントを作成します。

Googleアナリティクスの構成は、アカウント、プロパティ、ビューという3つの構造に分けられています。

聞きなれない言葉なので、理解するのが少し難しいかもしれません。

また、この構成をどのような括りで管理すればいいかを良く相談されるのですが、以下のような形で分類、管理していただくのがおすすめです。

・アカウント … 企業毎、または支社や部署毎に作成する。Googleアナリティクスで最も上流の大きな項目でアカウントに複数のプロパティを持つことができます。

・プロパティ…Webサイト(ドメイン)毎に作成する。例えば同じ商品を扱うサイトだとしても、ドメインが分かれている場合には、プロパティを分けて管理するのがおすすめです。

Webサイトに設定してデータを集めるためのトラッキングコードはプロパティ毎に発行されるので、プロパティが分かれると自動的にトラッキングコードが変わることが注意点です。

・ビュー…計測の目的毎に作成する。デフォルトでは、「すべてのウェブサイトのデータ」というビューが作成されますが、他にスマホだけ、検索流入ユーザーだけ、リピート訪問ユーザーだけなど、解析対象を色々な条件で絞ってデータを見たいという場合に分けて作成できます。

 
最初は、
・Googleアナリティクスのアカウントを1つ作り、
・ドメイン毎にプロパティを作成し、
・それぞれ「すべてのウェブサイトのデータ」というビューが作成されている

この状態が設定できればOKです。

Googleアナリティクスのトラッキングコードをサイトに設定

続いて、解析に必要なデータを取得するためにトラッキングコードを取得し、Webサイトに設定しましょう。

Googleアナリティクスは、トラッキングコードが設定されているページにユーザーがアクセスすることで情報が収集されます

アクセス解析を使って、ユーザーが初回訪問か、リピーターか、どんな媒体から流入してきているか、流入してきたユーザーがどのように遷移し離脱しているか、などの分析をするためには、このトラッキングコードを設定して情報を収集することが大前提です。

トラッキングコードの取得は、Googleアナリティクスの管理画面からできます。

作成したアカウントの左側のメニューにある、「管理」から入って、真ん中の「プロパティ」、「トラッキング情報」の項目の順でたどっていただくと、トラッキングコードを取得できます

続いて、トラッキングコードをサイトに設定するのですが、ここで非常に重要なポイントがあります。

それが、トラッキングコードを全てのページに設定するという点です。トラッキングコードが設定されていないページがあると、その情報はGoogleアナリティクスに反映されないので、アクセス解析の対象から漏れてしまいます

正確な分析、改善のために計測漏れは厳禁です。必ず計測するWebサイトの全ページにトラッキング情報を設定するようにしてください。

また、トラッキングコードの設定する場所には推奨の場所が指定されているので、指定された場所に設定するようにしてください。この設定場所が変わってしまうと正しく計測されない可能性があるので、こちらも重要なポイントです。

設定場所のおすすめは、Webページのソースコード、</head>終了タグの直前です。

設定されたソースコードをWebサイトのサーバーに反映されると、以後アクセスしてきたユーザーのアクセス情報がGoogleアナリティクスの管理画面に反映されていきます。

注意点としては、トラッキングコードが設定される以前の情報は集められない点です。情報が取得できるのはトラッキングコードの設置して以降のデータです。

トラッキングの状況を確認する

トラッキングコードを設定したら、Googleアナリティクスで正しくデータがトラッキングがされているか確認してみましょう。

Googleアナリティクスの機能で、リアルタイム計測というものがあるので、そちらで確認してみます。

これはリアルタイムという名前の通り、「今」サイトにアクセスしてきているユーザーがどのような状況かを確認できる機能です。

ご自身でトラッキングコードが設定されたサイトに訪問し、その状態でGoogleアナリティクスのリアルタイムの画面を見ると、正しくコードが設定されてデータが取得されていれば、管理画面にその情報が反映されます。

データが反映されていればOKです。

以上でデータを取得し始めるためのGoogleアナリティクスの設定が完了です。

計測指標を理解して、Googleアナリティクスのデータを確認する

Googleアナリティクスの設定が完了したら、Googleアナリティクスのデータの指標について理解をしましょう。

Googleアナリティクスでは、非常にたくさんのデータが集められるので、慣れが必要ですが、代表的な指標はチェックできるようにマスターしましょう。

・セッション…ユーザーがサイトを利用した行動の回数を指します。訪問回数とほぼ同じ意味です。
ユーザーが30分以上操作を行わなかった場合、それ以降の操作は新しいセッションになります。また、サイトを離れたユーザーが30分以内に同じサイトに戻ってきた場合は同じセッションとしてカウントされます。

・ユーザー…サイトを訪れたユーザーの数です。どれくらいの人がサイトを使ってくれているのか、を知ることができます。

・ページビュー数…サイトのページが表示された回数です。サイトを何回くらい見られているのかを知ることができる指標です。

・ページ/セッション…1セッションあたり平均でどれくらいページを見ているのか、を知ることができます。この数字が大きい場合、ユーザーは離脱せずにサイト内で色々なぺージに遷移していることになります。

・平均セッション時間…1セッションあたりの平均の時間です。ユーザーが訪問してから離脱するまでどれくらいの時間サイトを利用しているかが分かります。

・直帰率…サイトを訪れた後、サイト内の他のページに遷移せずにすぐにサイトから離脱した割合です。直帰率が高いと、ユーザーは情報に満足したか、あるいは不必要な情報と判断して離脱していることになります。

・新規セッション率…サイトに訪問したユーザーのセッションのうち、初めてサイトに訪問したユーザーのセッションの割合です。この数値が高い場合は、新規のユーザーをサイトに誘導できていることになります。

 

まとめ

 
特に重要な指標に絞って今回は紹介しました。徐々に慣れていってGoogleアナリティクスで様々な指標を使って分析できるようになりましょう。

アクセス解析というと専門的でハードルが高く感じるかもしれませんが、重要なポイントに絞ってまずは使い始めることが重要です。

全てを理解してから始めようとすると時間も掛かってしまいますので、最低限の情報を理解した上で使いながらGoogleアナリティクスを便利に活用していってください。

もっとGoogleアナリティクスの活用法を知りたい方はこちらの記事をどうぞ↓

ここだけは理解してほしい、どうしてアナリティクスでユーザーの動向がわかるのかアナリティクスのタグの仕組みそもそもなのですが、Googleアナリティクスって一体何で...

Googleアナリティクスでなにができるの?まずは、具体的な見方の解説の前に、Googleアナリティクスで何ができるのかを整理しておきましょう。Googleアナリティクスを使...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧