5分で分かる【ランディングページ(LP)って?】メリットや特徴をわかりやすく解説

Web広告でよく聞く「ランディングページ」通称「LP」
今回は、「ランディングページって一体なんのこと?普通のページとどう違うの?」という方に向けて、説明します。

「ランディングページ」とは

ランディングページとは、広告や検索画面のリンクをクリックした後、表示される縦長のページの事をいいます。
「ランディング」は英語で「着地する」という意味で、文字通り、広告やリンクの先に着地するページとなっています。

Web広告用語として使用されることが多いですが、本来は、広告用でなくても、ユーザーがリンクをクリックした最初のページのことは全てランディングページといいます。

ただWeb広告の現場では、広告をクリックした遷移先で使用される、縦に長い1枚のページを指す言葉として使われることが主となっています。

ランディングページの役割

ランディングページ以外のページにも、「情報を提供する」「宣伝をする」などの役割や目的があると思いますが、ランディングページの役割はただ1つです。
読んだ人にこちらの望む行動をしてもらうことです。

「こちらの望む行動」はみなさんのサービスによって異なります。
例えば、セミナー販売をしている会社なら「セミナーへ申し込ませること」を役割としたランディングページが必要になりますし、物販であれば、「消費を購入させること」を役割としたランディングページが必要になるかと思います。

世の中には色々な行動を促すランディングページがありますが、簡単に言うと、サービスを販売するためのページとも言えますね。
「ランディングページ=Web上の営業マン」と言われることもあります。

これだけだと、いまいちイメージがつかないかもしれません。
ランディングページには、いくつかの決まった特徴があるんです。

ランディングページの特徴

特徴① たった1ページで、お客さんに行動をしてもらうだけの情報が必要

商品を買おうとすると、色々な不安がよぎりますよね。
「この商品は本当に効果がある?」「製造会社は信用して平気?」「どんな人が買っているんだろう…?私にも合うのかな?」などなど。

上記のような、お客さんの不安を一個一個取り除くように、ランディングページは構成されています。
たった1ページで、お客さんが「これは欲しい!」と思うように、様々な情報を入れていくのです。

ランディングページは、縦長で、他ページへのリンクもあまりつけません。そのため、上から順に、こちらの意図した順番でお客さんに読んでもらえる=順序だてて説得することができます。

特徴② 他ページへのリンクが少ない

通常のサイトにはメニューバーがあり、商品紹介のページや、会社紹介のページなど色々なページに飛べるようになっています。
しかし、ランディングページには、そのメニューバーがない場合が多いです。

それは、他のページに一度写ってしまったユーザーは、他のことに関心を持ってしまい、もう二度と戻ってこない可能性が高いからです。だから、出来るだけ他ページの情報は載せず、よそ見ができないようにしています。

でも、最近はユーザーのネット知識も上がり、ランディングページでサービスを見ても「本当にこの商品は大丈夫かな?」と、運営元の会社を調べてみる人も多くいます。
そういう人はたいてい、ランディングページから一度離れ、わざわざGoogleやYahooを開いて会社名を検索します。

そんな面倒なことをさせると、余計離脱率が上がります。そのため、直接ランディングページから情報が見れるように、HPの会社概要ページなどは最低限リンクをつける場合もあります。

特徴③ デザインが派手

ランディングページは最初の惹きつけが重要です。そのため、ユーザーがパッと見て関心を引くようなコピー、デザインにする必要があります。だから、デザインは派手で、時には強烈なものになるのです。
でも、それがユーザーの関心を引いて、ページを最後まで読んでもらうための策になります。

また、ランディングページは1枚で多くの情報をユーザーに届けるので、わかりやすさも重要です。
テキストばかりのページより、図やイメージ画像が多用されているページのほうがわかりやすいですよね。わかりやすいページにするために、画像がたくさん使われ、ページ全体が派手になることもあります。

ランディングページのメリット


ランディングページを使用する1番のメリットは、コンバージョン率が上がるということです。
コンバージョンとは、サービスの申し込みや購入などのことをいいます。

つまり、ランディングページを使用することで、サービスの購入率や、問い合わせ率を上げることができるのです。

ランディングページは、「こちらの望む行動」=「コンバージョン」を誘導するために作成するものなので、ランディングページが1枚あることで、売上に直結するような申し込みを取ることができます。

上であげた、普通のホームページ等とは違う、ランディングページならではの特徴が、コンバージョン率を高める要因となっています。

ランディングページのデメリット

デメリット① コストがかかる

ランディングページを書くためには、顧客心理に基づいたマーケティング知識や、ページを構成するためのWeb知識が必要です。
未経験の方が挑戦するには少々ハードルが高いため、基本的には外注して制作をします。依頼分の費用がかかってしまうのがデメリットの1つです。

デメリット② 検索画面での上位表示は難しい

検索画面で上位表示をさせるためには、リンクをたくさんつけたり、販売目的よりも優良な情報を届けることにフォーカスして、ページを書かなくてはいけません。

ランディングページは、あくまで「販売」「申し込みをしてもらう」といった行動を促すことを目的としているので、検索画面で上位表示されるページの条件とは少々異なってしまうのです。

上位表示をさせたい場合は、上位表示に対応した別のページを作るといいでしょう。

デメリット③ 直帰率が高くなる

ここでいう「直帰」とは、一番最初にアクセスしたページだけみて、そのページを閉じてしまう(離脱してしまう)ことです。

HPなどだと、トップページで「自分の欲しい情報が見つからないな」と思っても、他のページへ探しに行き、その会社のページを回遊させることができます。

しかしランディングページは、他ページへのリンクを置かないため回遊させることができません。

ページを開いて、トップ部分で「あれ?自分のほしい情報と違うな」と思われたら、ユーザーはすぐに離脱してしまいます。

【だから申し込み率が上がる!】ランディングページができること

できること① ユーザーを説得できる

例えば、とってもいい商品だけど価格が高いな場合。
いきなり高い価格を見せると、ユーザーはその時点で読むのをやめてしまうかもしれません。

しかし、縦長のランディングページであれば、自然にページを上から下に読んでいく動きになるため、先に商品の価値を伝えた上で、最後に価格を見せることが可能です。

つまり、ユーザーを説得しやすい順番で、商品情報を見せることができます。そのため、同じ価格でも「この内容でこれなら安い」と感じてもらえて、コンバージョンにもつながりやすくなるのです。

できること② 効果を測定しやすいので、どんどん改善できる。

ランディングページの特徴として、テストや効果測定がしやすいことが挙げられます。

ランディングページは「一度作って終わり」ではなく、ユーザーの行動に基づいて何度も改善をしていくことで、成果を出せるようになります。
ランディングページは、その結果の測定がしやすく、ページ改善がしやすい=成果を上げやすいのです。

特にヒートマップというツールを使えば、ユーザーが「どこに注目していたか」「どこをクリックしていたか」「どこで離脱したか」等がわかります。

↑赤い箇所が注目されている箇所です

広告運用の成果や、ヒートマップなどのツールによって、ランディングページを見ているユーザーの行動を分析することができます。

こうした数値に基づいて、コピーを変更したり、問題がある部分を改善していくことで、より売れるランディングページへ育てることができるのです。

できること③ ユーザーの悩みや検索キーワードごとにページを用意できる

ランディングページの制作には、HPなど総合サイトほどの手間はかかりません。
そのため、同じ商品に対して、切り口やキーワードを変えていくつものページを用意する場合もあります。

例えば1つの化粧品に対して、「敏感肌訴求のランディングページ」「小じわ訴求のランディングページ」「乾燥肌訴求のランディングページ」を作る、といった具合です。

同じ「肌をきれいできる化粧品」でも、ターゲットが抱えている悩みは微妙に分かれますよね。
こうしたターゲットの悩むに合わせてページを分けることで、よりユーザーの心をとらえ、コンバージョンが取れるページを作ることができるのです。

まとめ

まとめると・・・
・ランディングページとは、訪れたユーザーに申し込みや商品の購入(コンバージョン)等をしてもらうためのページ
・ランディングページのメリットは、ランディングページを使用することで、サービスの購入率や、問い合わせ率を上げることができる

ランディングページは、成果が出せるようになると、Web上の営業マンと言われるほど販売力のあるものです。
人間と違って、24時間365日、ターゲットへ働きかけてくれます。

ランディングページについてもっと知りたい方はこちらから↓

スマートフォン版LPで押さえるべき7つのポイントそのまま電話出来るようにするスマートフォンで情報を検索する時のことを考えてみましょう。もしあなたが飲食店を探して...

8割の人が見落としている⁉時間とお金をかけてつくったランディングページで成果が出ない理由Web集客を成功させるためにランディングページを作ったのに反応が悪い……とい...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を最大化する7つのポイント

無料でPDFファイルを
ダウンロードする(全161ページ)