【ランディングページとは】今さら聞けない意味や目的・特徴をわかりやすく解説

このページでは、
「ランディングページという言葉を、今はじめて聞いた」
「ランディングページにどんな役割があるのかわからない」
というあなたにもわかりやすいように、その意味や目的・特徴を基礎からわかりやすくお伝えします。

「ランディングページ」が意味するもの

ランディングページとは、文字通りランディング(着地)するページの事で、広告やリンクをクリックした時に表示される(着地する)ページの事です。

広義の意味で言うと、ページの形式は関係ありません。それがオフィシャルサイトの1ページでも、ECサイトの商品ページでも、広い意味でランディングページに含まれます。

しかし実際、広告をクリックした遷移先で使用されるのは、「縦に長い1枚のページ」が多く、Web広告の現場で「ランディングページ」と言った場合には、このような縦長の1枚ページを指すのが一般的となっています。

ランディングページの目的と特徴

ランディングページの目的は1つです。

それは、読んだ人にこちらの望む行動をしてもらうことです。
メールアドレスを登録してもらったり、商品を購入してもらったり、各ランディングページによってこちらが望む行動は変わりますが、このような望んだ行動をしてもらう事をコンバージョン(CV)と言います。
基本的にランディグページはこのCVを得るために作られています。

そのため、一般的なWebページと比べ以下のような特徴があります。

特徴と目的① 1つのランディングページに、目的は1つだけ!

基本的にランディングページの目的は、基本的に1ページにつき、1つだけです。

Webサイトの場合、ヘッダーとフッター、メニューバーから、いろいろなページへの遷移ができるようになっています。
それぞれの遷移先でいろいろな情報がもらえますし、電話問い合わせが出来たり、資料請求ができたりと、出来ることも様々です。

しかし、ランディングページの場合、1枚のページでいくつもの商品を売ろうとしたり、いくつもの行動を取ってもらおうとしたりするのは、お客さんを迷わせてしまう要因になります。その迷いが、ページからの離脱の原因にもなって、CVを取る上で効果的ではありません。

特徴と目的② 他のページへのリンクが少ない

ランディングページの場合、広告などから入ってきたユーザーを、いかに離脱させずにCVさせるかが大事です。そのため、ページの途中のリンクなどは可能な限り少なくなっています。ユーザーが途中で疑問に思ったり、知りたくなったりすることは、すべてページの中に載せて、ほかのページに情報を探しに行かれないようにします。

いったんページを出てしまったユーザーが、戻ってくると期待してはいけません。

特徴と目的③ ユーザーの問題解決を中心に作られている

ランディングページは、営業マンのセールストークに例えられます。

まずターゲットの悩みに解決策を提示し、疑問・不安に思うことを解消しながら、CVまで導くのが基本の流れです。

商品の特長やスペック、どれだけ優れているかを列挙するようなページでは、CVには結びつきにくいので、良いランディングページとは言えません。

特徴と目的④ デザインが派手

ランディングページは最初の惹きつけが重要です。そのため、ユーザーがパッと見て関心を引くようなコピー、デザインにする必要があります。だから、デザインは派手で、時には強烈なものになるのです。
でも、それがユーザーの関心を引いて、ページを最後まで読んでもらうための策なのです。

また、ランディングページは1枚で多くの情報をユーザーに届けるので、わかりやすさも重要です。
テキストばかりのページより、図やイメージ画像が多用されているページのほうがわかりやすいですよね。ユーザーによってわかりやすいページにするために、画像がたくさん使われてページ全体が派手になる、というのもあります。

特徴と目的⑤ スマートフォン対応のページがある

あなたの会社のHPは、携帯の画面サイズでも見やすいページになっているでしょうか?最近はネットをパソコンで見る人よりも、携帯で見る人のほうが多くなってきています。

商品を検索する時もそうです。パソコンより携帯から検索している人のほうが多い。つまり、ランディングページも携帯から見られている可能性が高いのです。
そのため、作成されるページも携帯で見やすいページ(レスポンシブ対応)である必要があります。

ユーザーは見づらいページからわざわざ情報を得ようとはしません。レスポンシブ対応していないページはランディングページの効果を大幅に下げてしまいます。

なぜモバイルが基準になったのか通勤中、電車のイスに座りふと顔を上げると、車内のほとんどの人がスマホを見ている・・・もう見慣れた光景ですね。調査によると、2015年、...

 

ランディングページでできること

できること① ユーザーに情報を与える順番をコントロールできる

例えば、非常に優れた商品だけど価格が高価な場合、いきなり価格を見せると、ユーザーはその時点で読むのをやめてしまうかもしれません。

しかし、縦長のランディングページであれば、自然にページを上から下に読んでいく動きになるため、しっかり商品の価値を伝えた上で価格を見せることが可能です。

しっかり価値を感じてもらえれば、同じ価格でも「この内容でこれなら安い」と感じてもらえ、CVにつながりやすくなります。

できること② 効果を測定しやすいので、どんどん改善できる。

ランディングページの特徴として、テストや効果測定がしやすいことが挙げられます。

ランディングページは「一度作って終わり」ではなく、ユーザーの行動に基づいて何度も改善をしていくことで、成果を出せるようになります。
ランディングページは、その結果の測定がしやすく、ページ改善がしやすい=成果を上げやすいのです。

特にヒートマップというツールを使えば、ユーザーが「どこに注目していたか」「どこをクリックしていたか」「どこで離脱したか」等がわかります。

↑赤い箇所が注目されている箇所です

広告運用の成果や、ヒートマップなどのツールによって、ページをどれだけの人が見て、そのうち何人が購入してくれたか、どこの地点で多くの人が離脱しているかなどを知ることができます。

こうした数値に基づいて、コピーを変更したり、問題がある部分を改善していくことで、より売れるランディングページへ育てることが出来るのです。

できること③ ユーザーの悩みや検索キーワードごとにページを用意できる

ランディングページの制作には、一般的に総合サイトほどの手間はかかりません。
そのため同じ商品に対して、切り口やキーワードを変えていくつものページを用意する場合もあります。

例えば化粧品の場合「敏感肌」「小じわ」「乾燥」「アンチエイジング」という具合です。

商品の効果は同じでも、ターゲットが抱えている悩みはそれぞれ違うため、ページを分けることで、よりそれぞれの悩みを持つユーザーの心をとらえ、CVが取れる売れるページを作ることができるのです。

できること④ ページ移動による訪問者の離脱が少ない

通常のサイトにはメニューバーがあり、商品紹介のページや、会社紹介のページなど色々なページに飛べるようになっています。
しかし、ランディングページには、そのメニューバーがない場合が多いです。

それは、他のページに一度写ってしまったユーザーは、他のことに関心を持ってしまい、もう二度と戻ってこない可能性が高いからです。だから、出来るだけ他ページの情報は載せず、よそ見ができないようにしています。

でも、最近はユーザーのネット知識も上がり、ランディングページでサービスを見ても「本当にこの商品は大丈夫かな?」と、運営元の会社を調べてみる人も多くいます。
そういう人はたいてい、ランディングページから一度離れ、わざわざGoogleやYahooを開いて会社名を検索します。

そんな面倒なことをさせると、余計離脱率が上がります。そのため、直接ランディングページから情報が見れるように、HPの会社概要ページなどは最低限リンクをつける場合もあります。

ランディングページには様々な種類がある

一口で「ランディングページ」と言っても、実は色々な方があります。
ランディングページはあくまでターゲットに合わせて作るものなので、どんなケースでも、長い1枚のページが最適というわけではありません。
商品やサービスの特性、ページの目的によって、ページの構成や内容は変えなくてはいけません。

例えば、「家の鍵を落として入れない!」などの緊急時に長~いページで商品の説明をしても「結局鍵はスグ開くの!?開かないの!?」とイライラさせてしまいます。

でも、じっくり比較検討をしたい商品の場合は逆です。他の商品より優れている点や、どうして優れているのかという理由などをユーザーが納得するように書いてあげると、他社よりも選ばれるページになります。

まとめ

まとめると・・・
・ランディングページとは、訪れたユーザーに申し込みや商品の購入(コンバージョン)などをしてもらうためのページ
・ランディングページのメリットは
巡回型のホームページに比べCVが獲得しやすい見せ方が出来る
成果を測定しやすいため、ページを改善して売上に繋げやすい
・ランディングページを作る時は、サービスの特性や目的によって、最適な「ランディングページの型」を選ぶことが重要

ランディングページについてもっと知りたい方は、ぜひこちらの記事も読んでみて下さいね!

ランディングページについてもっと知りたい方はこちらから↓

8割の人が見落としている⁉時間とお金をかけてつくったランディングページで成果が出ない理由Web集客を成功させるためにランディングページを作ったのに反応が悪い……とい...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧