検索広告向けリマーケティング(RLSA)とは?設定・特徴から活用方法まで解説

検索連動型広告を運用している人なら、リマーケティングはよく聞いたことがあるし、実際に実施しているケースも多いのではないでしょうか。

今回はリマーケティングの中でも、検索広告向けリマーティング(RLSA)について、その特徴や設定方法ら効果的な活用方法まで解説します。

検索広告向けリマーケティング(RLSA)とは

検索広告向けリマーケティング(Remarketing Lists for Search Ads、RLSA)とは、リマーケティングリストを活用して「一度自社サイトに訪れたことのあるユーザー」に対してGoogleディスプレイネットワーク同様に、検索連動型広告で広告を表示する機能です。

※RLSAはGoogleのみの機能なので、Yahoo!では利用できません。
Yahoo!における同様の機能としては、スポンサードサーチの「サイトリターゲティング」がありますが、ここではRLSAについてのみご紹介します。

RLSAの特徴を知ろう

RLSAとGDNの違いとは

Googleディスプレイネットワーク(GDN)で実施できるリマーケティングとRLSAの間には、どのような差があるのか一覧にまとめました。

リマーケティングリストのユーザー数について

同じリストでもRLSAは、GDNのリマーケティングリストよりも数が少ないことがよくあります。

それは、RLSAの場合、
・使用しているCookieが異なっていること
・Googleにログインしているユーザーは配信対象外

という理由があるからです。これはプライバシーに配慮されているためです。

つまり、普段からGoogleにログインしているユーザーにはRLSAは配信できないが、ログインしていないユーザーに対しては配信可能ということです。
もし運用している広告のユーザー属性を見て、属性が不明が多いなら配信する価値はあります。

RLSAのメリット
・「サイトに訪問したことがある」ユーザーが対象となるため、今まで入札できなかったようなキーワードの入札にチャレンジできる。
・GDNのリマーケティング同様に、検索広告と比べるとCVRが高い傾向にあります。

RLSAのデメリット
・ターゲティングの精度が、ユーザーリストに含まれるユーザーの質に左右される(従来のリマーケティングと同様)
・病気、身体の特長、資産状況などといったセンシティブなカテゴリーへの配信は不可
・RLSAを配信可能になるまでのリマーケティングリストが最低1,000件必要なので配信可能になるまで時間がかかる。

RLSAの設定方法

①リマーケティングタグの設置
RLSAを実施する前に、GDN同様にリマーケティングタグの設置が必要です。※すでにGDNでリマーケティングを行っている場合は不要です。

②リマーケティングリストの作成

1度サイトに訪問したユーザーに広告を表示させるためにリマーケティングリストの作成が必要です。リマーケティングリストの作成方法は、GDNのリマーケティング広告の設定方法で紹介しています。

リマーケティング広告とはサイトを一度訪れたユーザーに表示できる1度自社サイトを訪れたユーザーは、その他のユーザーに比べて確度の高いユーザーと言えます。ユーザー...

 
③キャンペーンを作成、または既存のキャンペーンを複製する
RLSAを設定したいキャンペーンを作成します。すでに検索広告で使用しているキャンペーンでRLSAを実施したい場合は、その検索広告のキャンペーンに追加するか、分けたい場合は複製しそれを使用します。

④ターゲティング方法を指定する
次にナビゲーションの「オーディエンス」をクリックします。
そして、鉛筆ボタンをクリックしてください。そうするとターゲット設定がが表示されますので「モニタリング」を選択してください。

「ターゲット設定」を選択すると、ユーザーリストに登録されているユーザーにしか、広告が配信されなくなりますので、RLSAと通常のキャンペーンを分けたいときは、「ターゲット設定」を選択しましょう。

そして「ウェブサイトを訪れたユーザー」を押してください。すると、これまで作成したユーザーリストが表示されますので、設定したいユーザーリストをクリックして、保存ボタンを押します。

⑤広告グループの入札単価を設定する
従来と同じ方法で、広告グループの入札単価を適切なものに設定します。

この時、アカウント内で同一のキーワードが入札されている場合は、ユーザーリストが設定されていても広告ランクが高いほうの広告が表示される可能性があるため、入札単価をそれよりも高めに設定しておくとよいでしょう。

⑥広告文の設定
RLSAの場合、広告文の傾向としては検索広告向けよりも、リマーケティング寄りの広告文の方がコンバージョンを狙えるでしょう。

RLSAを使って効果的な運用を行うには

検索広告より入札単価を上げる

RLSAは、検索広告部分(プレミアムポジション)に表示されるよう広告を配信するため、通常より入札単価を上げることが重要です。

広告訴求やランディングページを分ける

新規顧客にはサンプルを販売している広告訴求、既存顧客には通常商品の購入や定期購入を促す広告訴求をするなど、新規顧客と既存顧客で広告訴求やランディングページを分けましょう。

ビッグキーワードにアプローチをする

特定のビッグキーワードに対して、RLSAを活用し広告を表示させることができます。
検索数は多いものの、入札している広告主も多いため広告費が高く売り上げに繋がりにくいというキーワードについても、RLSAなら効果的に広告を配信できます。
通常の検索広告では出稿出来ないキーワードに挑戦してみましょう。

GDNのリマーケティングを攻略するならこちらから↓

そもそも類似ユーザーって何?類似ユーザーとは、一度自社サイトを訪問したことのあるユーザーと共通点をもったユーザーをターゲティングすることができる配信方法とな...

 

まとめ

RLSAは、見込みの高いユーザーのみに検索連動型広告を配信でき、利用に際しての考え方を変えれば、効果を落とさずにビジネスの幅を大きく広げられる可能性を秘めた機能です。

主にGDNで活用されてきたリマーケティング広告ですが、今後は検索連動型広告でもRLSAを施策の1つとして実践してみて下さい。

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧