RICHIKAとは? 誰でも1分で動画が作成できるツールを紹介

最近、動画を活用した「動画マーケティング」が多くの企業で取り入れられていますが実際に取り組めている企業はまだまだ少ないというのが実情です。

矢野経済研究所の発表によると、3年後インターネット広告の半分は動画に移行すると言われています。
つまり、動画広告を活用できない企業は出遅れてしまうことに…
ただ、動画を作成するには専門のスキルが必要だし、手間も時間もかかってしまう。

そこで、今回は営業マンでも簡単に動画が作成できるツール「RICHIKA」をご紹介します。
このツールを使えば専門スキルは不要、誰でも簡単にクオリティーの高い動画を作成することができます。

RICHIKAとは

「RICHKA」は、カクテルメイク株式会社が開発した、国内導入企業数No.1の動画広告生成ツールです。

・時間がかかる
・専門スキルがないとつくれない
・テストが回しにくい
といったweb担当者の悩みを解決するために誕生しました。

SNSなどPDCAを早く回したい広告で簡易的な動画配信を行いたいとき、制作会社やクリエイターに頼ると、時間もコストもかかってしまいますよね。
ただ、社内で作成するとなると制作時間ばかりかかってしまい、クオリティーの高い動画を作成するのが難しい。
そこでRICHIKAが活用できるんです。

RICHIKAを使えば、ニュース動画(SNSで見かけるようなテキストを主体としたニュース性のある動画)を最短1分で作成することができます。

厳選された広告クリエイターが開発した1,000以上のフォーマットを利用することができるため、作成手順は非常に簡単。
更に、業種、秒数、配信先など、細かくフォーマットが分かれているため目的にあった動画を作成することができます。

また、これまでの膨大な視聴データを元に開発されているため、導入したその日から高いパフォーマンスを出すことも期待できます。

RICHIKAのメリット

編集ソフト、専門知識不要

高価な編集ソフトの購入や使い方の勉強は全く必要ありません。
少しの文章編集スキルがあれば、ブログを書くように簡単に動画編集することができます。
つまり社内に専門の担当者がいなくても、動画広告を配信することができるようになるんです。

最短1分で高品質な動画を作成できる

200万点以上のフリー素材と連携しているため、素材が無くても動画を作成することが可能です。
もしくは、記事のURLさえあれば(画像が3枚以上入っている場合)そこから画像を抽出し、動画を作成することもできます。

自社で制作するよりも高速にPDCAを回すことができる

動画広告でネックな部分は、動画作成に時間がかかるということ。
今まで動画作成にかけていたコスト、時間を削減できるため以前よりも早い速度でテストを回すことが可能です。
また、キックオフMTG、クリエイティブ講座、定例MTGなどのサポートが手厚いため結果も最短で出すことができます。

他の動画作成ツールとの違いは?

もちろん、他にも無料の動画作成ツールは多くあります。

ただ自分で構成を考え、一から作るとなると、1本の動画を作成するのにかなり時間がかかってしまいますよね。
それに、先ほども説明した通り、クオリティーの高い動画を作成するのは難しい…

RICHKAを使えば、ものの数分でクオリティーの高い動画を作成することが可能です。

・URLとコメントを入力する
・自分で動画や画像を選択する

 
RICHKAには、上記の2通りのやり方があります。

記事内に画像が3枚以上ある場合であれば、URLを入力するだけで、自動で画像を抽出してくれます。
つまり、URLさえあれば記事に合わせた動画が作成できてしまうんです。

もう1つの画像を選択する方法も簡単。
テンプレートが既にあるため、目的に合ったテンプレートを選択し、画像を挿入するだけで作成することができます。

動画を作成したことがない人でもクオリティーの高い動画を数分で作成できるツールは他にないでしょう。

RICHIKAの使い方

自分で動画や画像を選択する場合のやり方を説明していきます。

①動画の目的に合わせて、フォーマットを選択する

②画像を選択して、文言を設定する

以上です。あっという間に完成です!

たったの2ステップで完了!
ものの2分で動画を作成することができました。

RICHIKAの成功事例

・株式会社Shift


 
静止画クリエイティブから動画クリエイティブに変えたところ、なんと、CPA16000円からCPA10000円に!
静止画に比べ、6000円もCPAを下げることに成功しました。

※RICHIKA資料より引用

・アナグラム株式会社

今まで動画を制作するのにかかっていたコストを10分の1に削減することができました!

※RICHIKA資料より引用

RICHIKAの料金体系は?

では、RICHIKAの料金体系を紹介します。
3つのプランが用意されています。

Basic LITEプラン

固定費:100.000円
制作上限:無制限
アカウント発行上限:5名
初期設定費:200,000円

Basicプラン

固定費:150,000円
制作上限:無制限
アカウント発行上限:15名
初期設定費:200,000円

Enterpriseプラン

固定費:要相談
制作上限:オリジナル依頼し放題
アカウント発行上限:100アカウント発行
他にもコンサルティング,広告運用代行,制作代行,SNS運用代行
Youtubeチャンネル etc

どのプランを選ぶかは、目的によって使い分けましょう。
または、ベーシックライトプランから始め、足りない部分があればグレードアップしていくのがオススメです。

まとめ

冒頭でも記載した通り、動画マーケティングが今後の売り上げを左右すると言っても過言ではありません。

・動画を作成する時間がない
・専門の人材がいない
・動画が完成するまで時間がかかる
と悩んでいる暇はありません。

RICHIKAなら動画を作成したことがない人でも、簡単にクオリティーの高い動画を作成することが可能です。
外部に動画作成を依頼するコスト、時間を考えればRICHIKAは非常にお得なツールだと言えます。
さらに売り上げを上げるためにも、このようなツールを使って動画マーケティングを取り入れPDCAを回していきましょう。

動画広告についてもっと知りたい方はこちら↓

急成長している動画市場2024年には約5,000億円の市場になる予測動画広告市場は、数字上も非常に伸びています。2017年には1,374億円だったものが、2020年には2,900億円、...

そもそもモバイルアプリインストール広告とは?みなさんは上記のような広告を見たことがあるのではないでしょうか。モバイルアプリインストール広告とは、簡単にいうと...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全

関連記事一覧