とっても便利!Instagramのブランドコンテンツ広告って何?!上手な使い方をご紹介!

Instagramのブランドコンテンツ広告って何?

2019年6月に、Facebook社がInstagramの新しい機能「ブランドコンテンツ広告」を紹介しました。
「ブランドコンテンツ広告」聞いたことあるけど一体何?どうやって使うの?という方のために、ブランドコンテンツ広告についてご紹介いたします。

まず、Facebook公式サイトによると、下記のように発表がありました。

Instagramは6月4日(米国時間)、クリエイター(インフルエンサー及びパブリッシャー)が投稿したオーガニックのブランドコンテンツを、協業関係にあるビジネスが広告配信することが可能な「ブランドコンテンツ広告」の提供を開始したことを発表しました。

ブランドコンテンツ広告はクリエイターのアカウントから配信され、アカウント名の下に「広告(英語ではSponsored)」と表示されるのに加え、利用者がクリエイターとビジネスの協業関係を簡単に理解できるよう、キャプション欄の冒頭に「XXX(ブランド名)とのタイアップ投稿」と明記されます。

参照:Facebook公式サイト

とあります。

つまり、これまでは自社の商品やサービスをインフルエンサーを通して宣伝した場合に、その投稿を更に拡散したくても、企業側からその投稿を広告を使って宣伝することができませんでした。

ただ、今回のブランドコンテンツ広告を使うことで、インフルエンサーに投稿してもらったコンテンツを、インフルエンサーの宣伝範囲だけでなく、Instagramのプラットフォームを活用して企業側から宣伝範囲を拡大することができます。

ブランドコンテンツ広告は上記のようなイメージになります。

通常のInstagram投稿と違うところは、広告を見たユーザーがインフルエンサーと企業が協業関係ということを理解できるように下記が表示されます。

アカウント名の下に「広告(英語ではSponsored)」と表示されます。
キャプション欄の冒頭に「XXX(ブランド名)とのタイアップ投稿」と明記されます。

Instagramのブランドコンテンツ広告を使う3つのメリット

①具体的な効果測定ができる

今までは、自社の商品やサービスをインフルエンサーに投稿してもらうだけで、投稿後の宣伝効果を効果測定することができていませんでした。
しかし、ブランドコンテンツ広告を使うことで具体的な計測ができるようになり、パフォーマンスを測定することができるようになります。

②宣伝範囲(リーチ)の拡大ができる

今まではインフルエンサーのフォロワーや自社のフォロワーに対して宣伝することが主でしたが、ブランドコンテンツ広告を使用することで、Instagramのプラットフォームを活用して宣伝範囲を広げることができます。

③ターゲット設定ができる
広告のターゲット設定機能を活用して、特定のターゲット層へインフルエンサーの投稿を配信することができます。

ブランドコンテンツ広告の始め方

下記、ブランドコンテンツ広告の設定方法です。

今回は企業側がブランドコンテンツ広告を設定する方法を記載しますが、インフルエンサー側での設定方法が知りたい方は下記からご確認ください。
Facebook公式サイト

ステップ1: ブランドコンテンツの承認

クリエイター(インフルエンサー)に、ブランドコンテンツのフィード投稿またはストーリーズにビジネスをタグ付けする許可を付与します。

①Instagramアプリで、ビジネスプロフィールの[設定]ページに進み、[ビジネス]を選択します。

②[ブランドコンテンツ]を選択し、[承認が必要]ボタンをオンにして、ビジネスをタグ付けする許可を特定のクリエイターに付与します。

③ビジネスのタグ付けをクリエイターに許可するには、[承認済みアカウント]を選択します。

④提携するクリエイターのInstagramのハンドルネームを検索して選択します。

これで、選択されたクリエイターは投稿にビジネスをタグ付けできるようになります。

クリエイターは、Instagramでブランドコンテンツ投稿を作成してビジネスをタグ付けする際に、[ビジネスパートナーによる宣伝を許可]も選択できます。

これによりビジネスは、クリエイターによるオーガニックブランドコンテンツのフィード投稿またはストーリーズ投稿を、広告として宣伝できるようになります。

ステップ2: キャンペーン設定 – 広告マネージャ

①広告マネージャに移動し、広告を作成します。

②ブランドコンテンツの目的を、次の中から1つ選びます。

③配置のステップで、[Instagramフィード]または[ストーリーズ]を選択します。

④広告レベルで、ブランドコンテンツは[既存の投稿を使用]セクションに表示されます。[既存の投稿を使用]セクションをクリックしてから、[クリエイティブ]セクションで[投稿を選択/投稿を変更]をクリックします。

⑤[投稿を選択]ウィンドウで、[ブランドコンテンツ]タブに移動します。クリエイターから宣伝する許可を与えられたブランドコンテンツ投稿のリストが表示されます。Instagram上で宣伝したいブランドコンテンツ投稿を選択します。

⑥広告のプレビューが表示されます。問題がなければ、広告の作成を終了して[承認]をクリックします。

広告の作成後にFacebookによるレビューが行われ、承認されると通知が届きます。

その後、広告は選択したオーディエンスのInstagramフィードとInstagramストーリーズに表示されます。宣伝されているブランドコンテンツフィード投稿やストーリーズに表示されている「いいね!」やコメントを管理したり削除したりすることはできません。

注: 現在、カルーセル投稿はサポートされていません。静止画像と動画のみがサポートされています。

測定については、広告が掲載されると、広告マネージャの標準広告レポート指標すべてにアクセスできるようになります。

参照:Facebook公式サイト

ブランドコンテンツ広告を使う上での注意点

あくまでも投稿のため、ブランドコンテンツ広告を通常のInstagram広告として宣伝することはできません。

ブランドコンテンツポリシーを確認してから使用しましょう。

ブランドコンテンツポリシー
参照:Facebook公式サイト

まとめ

ブランドコンテンツ広告は、インフルエンサーの投稿を宣伝広告として配信できる機能なので、通常のセールス目的の広告とは少し違いますが、PRに力を入れたい企業や、インフルエンサーを活用して集客したい企業にとっては耳よりな情報だと思いますので、ぜひ活用してみてください。

キャンペーン予算最適化機能が追加これまでは配信先別(広告セット別)でしか、予算を設定できませんでしたが、アップデート後にはキャンペーン単位で予算を設定できるよ...

Instagramの特徴Instagramとは、一言で言うと写真・動画など視覚で楽しめるコンテンツが軸になったSNSです。様々なフィルターをかけて写真をおしゃれに編集することがで...

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を最大化する7つのポイント

無料でPDFファイルを
ダウンロードする(全161ページ)