誰でもサクッと登録できるGoogleマイビジネスの登録方法を公開

Googleには無料で利用できる「Googleマイビジネス」というサービスがあります。このGoogleマイビジネスにお店の情報を登録することで集客に利用できるなど、非常に便利で役立つサービスです。

しかしいざ使ってみようと思っても、「本当に無料なの?」「登録したら何ができるのか?」「どこに何を登録すればいいのかわからない」…
そんな疑問があってなかなか登録が完了できないかもしれません。

この記事ではそんなお悩み・心配事を解消し、読むだけで導入がスムーズにできる様に解説していきます。

Googleマイビジネスとは

Web集客をしないといけない…そうなった際にまず1番に思い浮かぶのは、自分のビジネスのホームページでしょう。
しかしホームページ制作には手間や費用、時間がかかりますし、作って終わりではなく中長期的にその時のトレンドに合わせて改善していく必要があります。

また制作後はSEO、つまり検索結果の上位へ表示する為に定期的な更新などを行う必要もあります。

このようにホームページを作成して、さらにのページに集客をして売上につなげるというのは、基本のように思えてかなりハードルの高い作業でした。
しかし、Googleマイビジネスを利用すればこれらの課題をクリアすることが可能です。

Googleマイビジネスは、2014年にリリースされた機能です。
マイビジネスへ情報を登録すると、検索結果やGoogleマップへ無料であなたのビジネスの情報を表示できます。

検索結果に表示されるので、電話番号や住所を掲載しレビューが集まれば、サイトへアクセスする前のユーザーに多くの情報を届ける事が可能です。
またGoogleマップへにも表示されるので、近くのお客様の来店にもつながります。
Googleマップは年々利用者を増やしており、機能もアップデートが頻繁に行われています。近年ではカーナビの代わりに利用する人もいるくらいです。

具体的なマイビジネスのメリットについてもっと知りたい方は、下記記事もお読みください!

こんな動画を見たことはありませんか?  この動画で表現されているのが、「いい感じのカフェ」のように「こんな感じ」というキーワードで検索すれば求めているお店...

Googleマップ上に、ビジネスの情報をのせることが出来るGoogleマイビジネスは、Googleのマーケティング関連サービスの中でも比較的新しいサービスです。そのためネット...

Googleマイビジネスの登録に必要なもの

Googleマイビジネスの登録には、Googleのアカウントが必要です。
Googleのサービスを利用している人は多いと思いますが、ビジネス用のアカウントを別に新規作成することも可能です。

Googleのアカウント作成ページから、アカウント作成が可能です。またアカウントの発行は無料なので安心です。
※新規作成の方法は案内に沿って、情報を登録していくだけです。

登録方法

Googleマイビジネスへの登録の前には、まずは自分のビジネスが既に登録されていないかを確認しましょう。

マイビジネスが既にある場合

登録した覚えがなくても、自社の店舗が検索結果にでる場合があります。
何故登録した覚えがないのに情報があるかと言うと、登録自体はオーナーでなくても実施することが出来るため、一般のユーザーが登録を行っている場合があるからです。

※Googleには「ローカルガイド」と呼ばれるウェブサービスがあり、ローカルガイドに登録したユーザーは店舗への写真の投稿や店舗情報の登録を行うことでポイントが貰える仕組みになっているのです

情報が登録されているかどうかのチェック方法は簡単です。「店名 地域」で検索することです。
すると、画像の様に店舗が表記され、「このビジネスのオーナーですか?」と出てきます。

タップすると、管理するかの有無を問われるので管理を選択し、自身のマイビジネスとして利用を進めましょう。

マイビジネスがない場合

登録をしてもマイビジネスが出てこない場合には、新規での登録が必要です。
完全新規でのマイビジネスの登録は下記のURLから可能です。

https://www.google.co.jp/intl/ja/business/
「新規登録」からのフロー

登録の際には、NAPが重要になります。
N…店名
A…住所
P…電話番号

上記の情報が1つでも誤っていると、登録が正常に行われない可能性があるので注意しましょう。

特に店名は重要です。よく「〇〇専門」「美味しい」などマーケティング的なエッセンスを加えて登録しているお店がありますが、実はGoogleマイビジネスのポリシーに違反しています。

最悪の場合、アカウントのBANなど食らう可能性もあり、せっかくのレビューや写真投稿の内容が消える可能性があります。
また先程も話しにでたローカルガイドが見張っているという話あり、ルール違反をしている店名はすぐに修正されますので、最初から正しい情報を登録するようにしましょう。

※そういう意味では、店名に商品名が入っている店舗は有利と言えます。「ゴーゴーカレー」や「いきなりステーキ」など、検索されるキーワードが店名に入っているので公式に登録できます。

マイビジネスへの登録は画面の操作に従って進めていきます。
難しい作業はないのですが、最後には確認コードと呼ばれる、店舗の情報を正式に掲載する際のナンバーが必要になります。

はがきの郵送か電話で確認することが可能ですが、はがきの場合は最大で到着までに20日程かかる場合もあるそうなので、急ぎたい時は注意してください。

Googleマイビジネスの簡単な設定

マイビジネスの管理画面です。

基本的なマイビジネスの設定は「情報」から設定が可能です。定休日の調整や、ビジネスの紹介文の作成や編集はこちらで行います。

紹介文は事務的な事を記載する、店主の意気込みを記載するなど色んな観点からの工夫が考えられます。編集内容の更新は最低3日かかる場合もあります。

マイビジネスの管理画面では、マイビジネスへ投稿されたレビューへの返信や確認も行えます。
集客の成果を上げたいならは、レビューへの返信は必須です。それはマイビジネスの評価的にも、検索をしてくるユーザーやレビュー投稿者にとってもです。自分が書いたクチコミに店舗からの返信があれば、関係性を強められリピートに繋げることもできます。

ただしレビューはよほどの誹謗中傷出ない限り、基本的に削除することができません。
マイビジネスへ登録することで批判的な口コミが投稿される可能性もありますので、理解しておきましょう。

また「写真」からはビジネスに関連のある画像の登録ができます。

赤枠箇所の「+」マークより、追加ができます。動画やパノラマ写真などの投稿もでき、情報を充実させる事で検索結果にも表示がされやすくなります。
特に写真投稿はマイビジネスの上位化にも大きく関わっているとされており、積極的に投稿しましょう。

写真の内容は自由なので、商品のお写真やお客様とのお写真など、アイデアしだいでいくらでも宣伝が可能です。
また動画やパノラマ写真まで積極的に利用している店舗は少ないので、差別化に繋がります。

さらに投稿機能と呼ばれる、SNSでいうところの呟きに似た機能も備わっています。
これは「投稿」から追加可能です。実際の表記例、またその投稿がどれほどの反応を得たのかを確認できます。

店舗の提供するサービスの数だけ柔軟に投稿が行えるので、広告の様な使い方も可能です。
飲食店であれば季節限定のメニュー、治療院であれば施術メニューの紹介などを気軽に投稿すると良いでしょう。

マイビジネスではなんとホームページもつくれちゃう?!

ここまでマイビジネスをご紹介してきましたが、無料で使える上で色んな事ができちゃう集客ツールという点は理解頂けたでしょうか。

とはいえ、ホームページがないと、マイビジネスからの遷移先がないしまだ導入できないとお困りの皆様へ朗報です。
マイビジネスではなんと無料でホームページの作成が可能です。

ビジネスを始めたけどまだサイトがない、制作費用が十分用意できないという方におすすめの機能です。
アイコンがわかりやすいので、何の役割をかが一目瞭然でわかりやすいです。

懸念としては、デザイン名が英語表記の為、単語を調べたりするのが手間になるかも知れません。ただ、デザインのイメージ図もついており、仕上がりが思い浮かべやすい仕組みになっています。

※無料でテーマを変更できます。

例えばテーマを変更してそれぞれの集客数を測ることで、ABテストを実施することも可能です。

ヘッド箇所の修正も可能です。ランディングページやホームページの改善を行うに辺り、頻繁にテストされるヘッド箇所のテストが自身の手で気軽に行えるのは魅力的です。
テストをしておけば、本格的にホームページの制作をする時に、マイビジネスでの成功体験を活かして制作できるので集客の精度は高まります。

さらに自分で編集ができるので、アイデアが浮かび次第スピーディーな改善が可能です。

またマイビジネスでホームページを作った場合、「投稿」内容がサイトに反映されます。
マイビジネスでのサイト情報を厚くすることで、サイト訪問者へより多くの情報を提供でき、サイト内の電話や予約フォームからの申し込みが期待できます。

ホームページ作成となるとサーバー管理やメールフォーム構築、レイアウトや文章など工数がかかる作業が多いですが、Googleマイビジネスを使えばずっと簡単にホームページが作成できるのです。

まとめ

Googleマイビジネスはまだ発展途上のサービスですが、Googleも力を入れておりこれからどんどん機能が追加されていくことが予測されます。
また、マップアプリの利用者も増加傾向にあり、ますます需要が高まると予測されます。
さらには他サービスもマイビジネスと連携するように機能的な開発をしており、Google以外の企業も注目している点が挙げられます。

無料で利用できる上に、Googleの検索結果で上位に表示できるのは非常に魅力的です。
Googleからのアップデート情報に注目しつつ、今のうちから使いこなす&自社の情報を溜め込みマイビジネスのアカウントをどんどんと充実させましょう!

Web広告でコンバージョン数を最大化する7つの極意をプレゼント!

「Web広告マーケティング大全」
(無料・PDFでのダウンロード)

2018年9月発行の書籍「コンバージョンを最適化する7つの極意」の元となった、電子書籍「Webマーケティング大全」を無料でダウンロードいただけます。
(PDF・全161ページ)

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)
Web公告マーケティング大全
マーケ脳社長
マーケ脳社長

リスマガ編集長の長橋真吾公式twitterにて最新情報配信中!

Web広告の最新情報、成功事例/Webマーケティング組織の作り方/サイト設計、ランディングページ構築/コンテンツマーケティング全般/セミナー集客、セミナー販売/ビジネスモデル設計/ビジネスシーンの悩み解消など、リスマガでは取り扱えない、現場の最前線情報をお送りしています。

登録QRコード

QRコード
現場の最前線情報を配信中、長橋真吾twitterをフォローする

登録QRコード

QRコード

関連記事一覧

コンバージョン数を今すぐ最大化する
7つのチェックポイントを無料で公開!

無料でPDFファイルをダウンロードする
(全161ページ)

コンバージョン数を最大化する7つのポイント

無料でPDFファイルを
ダウンロードする(全161ページ)